5Gについて日本の各MNOの取り組みなどをまとめてみた!

いよいよ「5G(第5世代移動通信システム)」の世界が近づいてきました。NTTドコモは20日、都内本社にて「ドコモ5Gプレサービス ローンチセレモニー」を開催し、同日より始まった「ラグビーワールドカップ2019」で5Gのプレサービスをアピールしたほか、日本各地の支社を5G網で繋ぎ、ライブ映像で中継しながらセレモニーイベントを進めました。

NTTドコモのみならず、KDDIやソフトバンク、そして10月より移動体通信事業者(MNO)としてサービスを開始する楽天など、MNO各社は急ピッチで5Gの本格サービス開始への準備を進めています。

KDDIは新サービス発表会で「au INLIMITED WORLD」を掲げ、高品質な4Gと先進の5G技術を組み合わせながら、MNO各社の中では最も多い基地局を整備していくことを宣言しています。

またソフトバンクは8月より中国で開催されているプロバスケットボール大会「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」の事前強化試合「バスケットボール日本代表国際試合 International Basketball Games 2019」に合わせて「さいたまスーパーアリーナ」にて5Gプレサービスを行いました。

TVなどのメディアでもその名前をよく見かけるようになり、一般にも認知度が向上してきたように思える5Gですが、果たしてその未来は順風満帆なのでしょうか。また5Gによって私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はMNO各社による現在までの5Gに関する情報を総まとめするとともに、5Gのメリットや用途、現状の課題などについて考察します。

続きを読む