SonyのOpen Device ProgramでAndroid 8.0 Oreoが利用できるように!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が2日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットの「Xperia」シリーズにAndroidのオープンソース版「AOSP(Android Open Source Project)」ベースのファクトリーイメージ(ROM)を提供する「Open Device Program」において最新バージョン「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」を提供開始したと発表しています。

同社ではここ最近は積極的にAndroidの最新バージョンの導入に力を入れており、これまでにもGoogleブランドの「Nexus」シリーズなど以外では「Xperia Z3」が「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」の開発版プレビュー版「Android M Developer Preview」を導入できたりしていました。

また今年8月に発表した最新スマホ「Xperia XZ1」および「Xperia XZ1 Compact」にはAndroid 8.0 Oreoがプリインストールされてすでに海外では販売が開始されています。なお、ソニーモバイルではAndroid自体が機能が多くなってきており、独自の機能を追加しなくても良くなったため、できるだけASOPをベースにして最新バージョンを素早く導入できるようにしているということです。

続きを読む