S-MAX

Sprint

ソフトバンク、一時中止して高額請求問題が発生していた「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」を再開!中止期間もさかのぼって適用に


ソフトバンクが「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」を再開!

ソフトバンクは15日、同じソフトバンクグループ傘下でアメリカの携帯電話事業者「Sprint(スプリント)」のネットワークでSoftBankを契約中の場合に音声通話やデータ通信を無料で利用できるオプションサービスの「アメリカ放題」について申込不要かつ月額利用料無料で利用できる「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」を再開すると発表しています。

キャンペーンは2016年6月30日(木)まで実施し、一部の利用者にSMSで個別に通知があったほか、同社の公式Webサイトでは案内されていたものの、知らずに高額請求予告されていた状況で話題となっていました。

今回、キャンペーンを再開し、中止していた2016年7月1日(金)から再開までの期間についても対象の場合にはキャンペーンを適用するとし、高額請求問題もなくなったと見られます。ただし、該当するケースで心配な人は個別に請求額などについて確認したほうが良いでしょう。

続きを読む

Google、米国でMVNOによる携帯電話サービス「Project Fi」を正式発表!SprintとT-Mobile、Wi-Fiを仮想化して1つのネットワークとして利用可能ーーまずは「Nexus 6」のみに対応


Googleが米国でMVNOサービスを開始!

Google(グーグル)は22日(現地時間)、アメリカ(米国)において仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「Project Fi」( https://fi.google.com )を提供すると発表しています。

米国・携帯電話会社(MNO)のSprintおよびT-Mobileから4G(LTE)回線を借り入れるほか、既存の公衆無線LANサービスのWi-Fiスポットを仮想的に一元化したネットワークとして提供されます。現在、米国限定の招待制で加入者を受付しており、当初は「Nexus 6」のみで利用できます。

続きを読む

ソフトバンク、国内事業者初のイスラエルや中国でLTE国際ローミングを開始!スプリントとの「アメリカ放題」でLTEデータ通信も利用可能に


ソフトバンク「アメリカ放題」でLTEデータ通信が利用可能に!

ソフトバンクモバイルは24日、ソフトバンクグループでアメリカ(米国)の携帯電話会社であるスプリント・コーポレーション(以下、スプリント)のネットワーク(エリア)で「LTE国際ローミング」を2014年12月24日(水)より提供開始し、日本にいるのと同じように通話・通信が定額で利用できる「アメリカ放題」でLTEによる高速データ通信が利用できるようになると発表しています。

また、2014年12月26日(金)よりLTE国際ローミングの対象エリアに中国およびイスラエルも追加されます。イスラエルでのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者初となり、今回の追加によって28の国・地域でLTEによる高速通信サービスが利用できるようになります。

さらに、すでにLTE国際ローミングを提供している台湾、スペインにおいて、対象携帯電話事業者をそれぞれ1社追加するということです。

続きを読む

ソフトバンク、スプリントとのシナジー第2弾「アメリカ放題」などの「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」向け各種施策などの説明会を開催【レポート】


説明会にはソフトバンクのテレビCMでもおなじみのお父さんとお兄ちゃんも登場

ソフトバンクモバイルは17日、新サービスに関する記者説明会を開催し、買収したアメリカ(米国)の携帯電話会社であるSprint(スプリント)との"シナジー第2弾"となる「アメリカ放題」などの今月19日に発売するAppleの新しいスマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」向けの各種施策を紹介しました。

登壇したソフトバンク代表取締役副社長の宮内謙氏はiPhone 6およびiPhone 6 Plusに合わせて行われる予定の各社の下取り合戦などについて、他社が仕掛けてきたことにはすぐに対抗するとしながらも、今年上期に起きていたキャッシュバック合戦のような状態になることを懸念し、長年に渡り、iPhoneを扱ってきたことによる販売店のスタッフの能力など総合的に競争していくなどの考えを明らかにしてました。

今回はそんな記者説明会の模様をプレゼンテーションの写真を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む

ソフトバンクグループが「Xperia」を日米で販売と報道!Sprintと共同調達か――Sonyは米国スマホ市場の強化へ


ソフトバンクとスプリントが日米で「エクスペリア」を販売へ!

Reuters(ロイター)は29日、ソフトバンクが今年の冬商戦においてSony(ソニー)のスマートフォン(スマホ)「Xperia」をはじめて販売すると報道しています。傘下で米国(アメリカ)の携帯電話会社のSprint(スプリント)でも販売するとのことで、先日発表されたシャープ製スマホ「AQUOS CRYSTAL」に続き、日米共同調達の可能性も出てきています。

また、記事ではソニーもソフトバンクグループを通じて、課題の米国市場の強化を図る目的があるとしています。

続きを読む

ソフトバンクとスプリントの“シナジー”が加速!シャープ製スマホ「AQUOS CRYSTAL」の共同調達などで勢いづく「戦略的新商品発表会」を開催【レポート】


ソフトバンクとスプリントで共同調達するスマホ「AQUOS CRYSTAL」のユーザーメリットはどこに?

ソフトバンクモバイルは18日、ソフトバンクグループとして戦略的な製品や新サービスを披露する「新商品発表会」を都内で開催し、ソフトバンク傘下で米国(アメリカ)の携帯電話会社であるSprint(スプリント)と共同調達するシャープ製スマートフォン「AQUOS CRYSTAL」シリーズや共同開発・提供するアプリ配信サービス「App Pass」などを発表しています。

発表会ではこれまでのようなソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏の姿はなく、他の幹部もいない中、ソフトバンクモバイルマーケティングコミュニケーション本部マーケティング戦略統括部の統括部長を務める田原眞紀氏が登壇。

一方、スマートフォンを開発するシャープからは異例とも言える代表取締役社長の高橋興三氏がゲストとして登場し、携帯電話会社およびメーカーの立場から“シナジー効果”によるメリットが語られたほか、それらによって得られるユーザーのメリットについても言及されました。

今回は、発表会の模様を中心にそれぞれのシナジーによってどのようなメリットがあるのか解説していきたいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、4Gスマホ向けの新しいコンテンツ定額サービス「App Pass」を発表!総額4万円以上の人気アプリが使い放題――Sprintと共同開発・提供で日本では8月29日に開始


ソフトバンクがアプリ使い放題サービス「App Pass」を発表!

ソフトバンクモバイルは18日、ソフトバンクグループとして戦略的な製品や新サービスを披露する「新商品発表会」を都内で開催し、総額4万円以上の人気アプリケーション(アプリ)が定額で利用できる4Gスマートフォン(スマホ)向け新サービス「App Pass(アップ パス)」を発表しています。2014年8月29日(金)より提供開始予定。

App Passはゲームやエンターテインメント(エンタメ)、ビジネスなど多彩なジャンルにおいて厳選された人気アプリが月額370円(税抜)で取り放題となるサービスです。なお、初回加入時は初月無料。

また、毎月もらえる500円分(税込)の「App Passチケット」で、App Passからインストールしたアプリ内の有料アイテムなどを購入することができます。

なお、App Passはソフトバンク傘下の米国(アメリカ)の携帯電話会社スプリント・コーポレーション(以下、Sprint)と共同で開発・提供するサービスとなっており、ユーザーは日本や世界で人気のアプリを手軽に楽しめるようになるほか、アプリ開発会社もApp Passを通じて日米のより多くの人に提供できるようになるとしています。

続きを読む

ソフトバンクがシャープ製の日米共通スマホを今月中に投入へ!8月18日発表予定の戦略的モデルは次期「AQUOS」か?各種機関にて「305SH」が認証済み


SoftBankとSprintがSHARPスマホを共同調達へ!写真は昨年の発表会のもの

ソフトバンクモバイルが今月中に日米共通仕様のスマートフォン(スマホ)を発売すると日本経済新聞が2014年8月16日(土)付けで報じています。

日米共通仕様の製品はシャープが新たに開発する「AQUOSシリーズ」の次期モデルで、ソフトバンクが昨年7月に買収を完了した米携帯電話会社のSprintと、ソフトバンクモバイルの日米向けにはじめて共同調達することになります。

なお、すでに紹介しているようにソフトバンクモバイルでは2014年8月18日(月)午前11時より戦略的なスマホや新サービスを披露する「新商品発表会」を開催する予定となっており、恐らくこの日米共通仕様の製品が発表されると見られます。

続きを読む

ソフトバンク、2013年度Q2決算説明会を開催!買収による収益ドコモ超えで「飛び道具でも何でもいい。要は超えればいい。」と孫社長――信用情報誤登録問題は解決済みの認識


ソフトバンク孫社長が悪いことをしなければ何でもいいと宣う!

ソフトバンクは31日、同社の2014年3月期(2013年度)第2四半期(Q2、7〜9月)の決算説明会を開催しました。

説明会で登壇した代表取締役社長の孫正義氏は冒頭、子供の頃に虹の根元を求めて友達と探しまわったことを紹介し、仲間とともに夢を追いかけることを続けており、先日亡くなった福岡ソフトバンクホークス球団社長兼オーナー代行も務めていた笠井和彦氏もその夢を一緒に追いかけていた仲間として紹介し、喪に服するためにネクタイを礼服にしようかと思ったが、それは笠井氏の意思にそぐわないだろうということでさらなる夢を追いかけるために明るい色を選んだと説明しました。

今回の説明会プレゼンテーションでは、米携帯電話会社Sprint(スプリント)やフィンランドのスマートフォンゲーム会社SuperCell(スーパーセル)、米モバイル卸売会社Brithstar(ブライトスター)と続々と買収していることで、業績も過去最高となっていることに加え、この「夢を仲間と一丸となって実現する」がテーマとなっていました。ざっくりと紹介していきましょう。


続きを読む

ソフトバンク、米携帯電話事業者スプリントの子会社化を完了!スプリントのクリアワイヤ完全子会社化も完了に


ソフトバンクのスプリント買収が完了!

ソフトバンクは11日、米携帯電話事業者スプリント・ネクステル(以下、スプリント)の事業への投資を完了し、買収による子会社化をしたことをお知らせしています。

今回の買収では、スプリントの株式約72%は1株当たり7.65ドルの現金と交換され、残りの株式はスプリントを承継してニューヨーク証券取引所の上場会社となった新会社スプリント(Starburst IIから社名変更、以下「新スプリント」)の株式に1対1の割合で転換され、約216億ドル(約1.8兆円)の投資となっています。

また、先日9日(現地時間)、そのスプリントが買収を進めていた米高速無線通信事業者クリアワイヤの株式を100%取得し、スプリントによるクリアワイヤの完全子会社化についても完了したことが伝えられています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。