S-MAX

Suica

日本円の小銭を手数料無料でSuicaにチャージ!日本円や外貨を電子マネーなどに交換できる「ポケットチェンジ」を試してみた【レポート】


shimajiro@mobiler

海外旅行で余った外貨を電子マネーなどに交換できるサービス「ポケットチェンジ」を使って日本円の小銭を手数料無料で電子マネーと交換(チャージ)してみたのでその模様をご紹介する。

ポケットチェンジは日本円や外貨を電子マネー(SuicaやEdy、Amazonギフト券)などに交換できるサービスで、外貨から国内の電子マネーへの交換は一定の換算レートを適用して交換となり、日本円から各種電子マネーへの交換については手数料が発生しない。

また利用には事前の会員登録などなども不要なので、日本円や外貨を気軽に電子マネーと交換できる。ただし、主要空港、JR駅や訪日外国人客が多く訪問する店舗(ドン・キホーテなど)に設置されているポケットチェンジ専用機まで行く必要がある。

続きを読む

JR東日本が10月1日より鉄道乗車でポイント還元を実施!モバイルSuica(Apple Pay含む)で2%、カードタイプで0.5%。100ポイントプレゼントキャンペーンも実施


JR東日本がSuicaで鉄道乗車なら10月1日よりポイント還元!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は3日、同社が提供しているポイントサービス「JRE POINT」( https://www.jrepoint.jp )が2019年10月1日(火)よりJR東日本が運行する鉄道に「Suica」を利用して乗車することでも貯まるようになると発表しています。なお、ポイントを貯めるにはSuicaをJRE POINTに登録する必要があり、無記名のSuicaや記念SuicaはJRE POINTに登録できないので貯まりません。

還元率はSuicaのチャージ残高で鉄道を利用したり、Suicaグリーン券の購入といった在来線ではカードタイプのSuicaの場合に0.5%、モバイルSuica(以下、同様にiPhoneやApple Wacthにおける「Apple Pay」に登録したSuica含む)の場合に2.0%、定期券の購入ではモバイルSuicaのみで2.0%となっています。

また今後は「タッチでGo!新幹線」の利用でもカードタイプで0.5%、モバイルSuicaで2.0%のポイント還元を2020年春以降、回数券のように繰り返してSuicaで乗車するとさらにポイントが貯まる仕組みを2020年12月以降に導入予定(詳細検討中)のほか、2021年春以降に「えきねっと」で切符を購入すると貯まる「えきねっとポイント」をJRE POINTに統合し、えきねっとで買うとJRE POINTが貯まるようにする予定だということです(詳細検討中)。

さらに2021年春以降は座席のアップグレードや新幹線・在来線特急に乗車できる特典チケットへの交換などにもJRE POINTのポイント(1ポイント=1円相当)が利用できるようになり(それぞれ詳細検討中)、さらに鉄道での利用場面が拡がる予定だとしています。

その他、サービス開始を記念してJR東日本管内の駅や電車内での広告展開を行うとともにはじめてJRE POINTにSuicaを登録するともれなく100ポイントがもらえるキャンペーンを9月3日(火)から12月31日(火)まで実施(付与時期は登録月の翌月末を予定)するほか、9月3日以降にモバイルSuicaの年会費を払った場合に年会費相当のJRE POINTをプレゼントします。

続きを読む

讃岐うどん店「はなまるうどん」でSuicaなどの交通系電子マネーやWAON、iD、nanaco、QUICPay、Edy、d払い、au PAY、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、ゆうちょPay、Origami Payが導入


はなまるうどんがキャッシュレス化へ!各種電子マネー&コード決済を導入

はなまるは19日、同社が展開する讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」において一部店舗から電子マネーやスマートフォン(スマホ)向け決済サービスを2019年6月より順次導入を開始し、順次使用可能店舗の拡大を行っていくと発表しています。

導入されるサービスは電子マネーでは「Suica」などの交通系および「WAON」、「iD」、「nanaco」、「QUICPay」、「楽天Edy」、スマホ向け決済サービスでは「au PAY」および「d払い」、「LINE Pay」、「Origami Pay」、「PayPay」、「ゆうちょPay」、「楽天ペイ(アプリ決済)」。

また中国の決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」および「Alipay(支付宝)」についても7月より順次導入を予定しているとのこと。ただし、システム対応の都合によって稼働日が延期になる場合があるほか、対応店舗は一部ショッピングセンター内を除くとしています。

続きを読む

JR東日本、Androidスマホやケータイ向け「モバイルSuica」における銀行チャージを2019年9月25日までに順次終了!クレジットカード決済や現金チャージのみに


モバイルSuicaの銀行チャージが終了に!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は8日、ケータイ(フィーチャーフォン)およびAndroidスマートフォン(スマホ)向け提供している「モバイルSuica」において銀行チャージ(銀行口座からの入金)のサービス提供を2019年7月より9月にかけて順次終了するとお知らせしています。

終了日時は三菱UFJ銀行からの入金は2019年7月24日午前1時、みずほ銀行およびじぶん銀行からの入金は2019年9月25日午前0時。なお、現金によるチャージはコンビニエンスストアや一部の駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ専用機で今後も利用できます。

また同社ではすでに案内しているようにモバイルSuicaにおける年会費を2020年2月26日(水)以降はクレジットカードの種類によらず無料にする予定で、入金はクレジットカードからも従来通り可能となっています。

続きを読む

モバイルSuicaがビューカード以外のクレジットカードでも2020年2月26日以降は年会費無料に!ケータイ全機種と一部Androidスマホではログインを伴うサービスを終了


JR東日本がモバイルSuicaの一部サービスの変更および終了を発表!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は16日、ケータイ(フィーチャーフォン)およびAndroidスマートフォン(スマホ)向け提供している「モバイルSuica」において2020年2月26日(水)以降はクレジットカードの種類によらずに年会費を無料にすると発表しています。

またケータイ全機種およびAndroidスマホの一部機種におけるモバイルSuicaについてはログインを伴うサービスの提供を2020年2月26日(火)もしくは2020年12月22日(火)で終了するとのこと。さらにモバイルSuica特急券についても2019年度末にサービスを終了するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。