S-MAX

SurfaceRT

予想を裏切るMicrosoftのタブレット「Surface 2」を購入!まずは外観と同梱品をチェック【レビュー】


2世代目でかなり実用的になったマイクロソフトのタブレットPC「Surface 2」を購入!


日本マイクロソフト(以下、日本MS)は2013年10月25日(金)よりOSに「Windows RT 8.1」を搭載した同社製タブレット「Surface 2」の販売を開始しました。

Surface 2は、CPUにARMアーキテクチャーのNVIDIA製「Tegra 4」を搭載し、同じくARMアーキテクチャーのNVIDIA製「Tegra 3」を搭載し、今年の3月に国内販売が開始された「Surface RT」の後継機に当たるタブレットです。

国内向けの発表会が発売日の前日となる24日(木)に行われ、翌日より発売開始という急なスケジュールではありましたが、筆者も無事に購入することができたため、本体外観および同梱品をチェックしたいと思います。

続きを読む

Microsoft、新しい10.6インチタブレット2機種を発表!Haswell搭載「Surface Pro 2」とTegra 4搭載「Surface 2」――米国などで10月22日から発売も日本では発売未定


Surface Pro 2とSurface 2が発表!

Microsoft(マイクロソフト)は23日(現地時間)、同社ブランドのタブレットPC「Surfaceシリーズ」の新機種を発表しています。今回、発表されたのは、CPUがIntel製第4世代Coreの「Haswell」になった「Surface Pro 2」と、NVIDIA製「Tegra 4」になった「Surface 2」の2機種。ともに10.6インチフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイを搭載。

それぞれ米国で現地時間24日から予約受付を開始し、米国や欧州、アジアなど21カ国で2013年10月22日(火)に発売されます。なお、この中に日本は含まれておらず、発売されるかどうかは不明となっています。

続きを読む

iPadユーザは最大1万円キャッシュバック!マイクロソフトが「Surface RT乗換キャンペーン」を実施

「Surface RT乗換キャンペーン」を開始

日本マイクロソフトは、同社として初のARM系CPUで動作するプラットフォーム「Windows RT」を搭載した10.6インチサイズのタブレット「Surface RT」のキャンペーンとして、アップル製の「iPad」を所有しているユーザがSurface RTを購入した場合、最大で10,000円キャッシュバックするキャンペーンを開始します。

続きを読む

タブレットPCの大本命となるか!?Windows 8搭載タブレット、マイクロソフト「Surface Pro」の外観をじっくりとチェックしてみた【レビュー】

Surface Proはタブレットの本命となるのか?

日本マイクロソフトが、6月7日から発売を開始したWindows 8 Pro搭載のタブレットPC 「Surface Pro」(サーフェス プロ)。3月に発売された「Surface RT」(サーフェス アールティ)と違い、CPUにIntel製の「Core i5ー3317U」とフルスペックのWindows 8を搭載した中身的にはごくごく普通のPCだ。

このSurface Proを購入したので数回にわたってレポートしてみたいと思う。

続きを読む

日本マイクロソフト、Windows 8搭載タブレット「Surface Pro」を6月7日に国内で発売!世界に先駆け256GBモデルも用意

a

ゼロから始めるスマートフォン

日本マイクロソフトは29日、Windows 8 Proを搭載したタブレット型PC「Surface Pro」を2013年6月7日(金)から日本国内で発売すると発表しました。

国内で発売される製品は、日本市場向けとして他国市場で販売されている記憶領域64GB/128GBの構成ではなく、128GB/256GBの2モデルが用意されます。256GBモデルは、他国市場に先行しての販売となります。

価格は、128GBモデルが99,800円、256GBモデルが119,800円。エディオンやケーズデンキ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの量販店および直営オンラインショップ「Microsoft Store」で販売されます。法人向けの販売については別途発表される予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。