S-MAX

TAKUMIJAPAN

TAKUMI JAPANがSoftBank回線の高速データ通信使い放題サービス「KAZUNA 神SIM」を提供開始!翻訳機「eTalk5」やスマホ「Black Shark 2」とのセットも


TAKUMI JAPANが高速データ通信使い放題サービス「KAZUNA 神SIM」を提供開始!

TAKUMI JAPANは21日、都内にて2020年に投入する第1弾の新製品や新サービス、新機能に関する記者発表会を開催し、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」を利用した高速データ通信サービス「KAZUNA 神SIM」を2020年1月21日(火)から提供開始すると発表しています。

KAZUNA 神SIMには毎月の高速データ通信容量に上限がないデータ使い放題の料金プランの「KAZUNA 神SIM UNLIMITED データ専用プラン」(以下、UNLIMITEDプラン)と、月当たりの高速データ通信容量が大容量100GBまで使える「KAZUNA 神SIM 100GB データ専用プラン」(以下、100GBプラン)が用意されています。

料金はそれぞれ初期費用が3,000円(金額はすべて税別)かつ初月の利用料無料で、2ヶ月目以降は通常の一般価格と同社のKAZUNA 神SIMの公式Twitterアカウント( @Kamisim_Kazuna )をフォローすると割り引かれるお得な会員価格があり、一般価格ならUNLIMITEDプランが4,980円、100GBプランが3,980円、会員価格ならUNLIMITEDプランが1,500円OFFの3,480円、100GBプランが990円OFFの2,990円。

なお、両プランともに最低契約年数として12ヶ月(初月含まず)となっており、期間内に解約すると違約金9,500円がかかります。またKAZUNA 神SIMと同社が販売する多機能翻訳機「KAZUNA eTalk5」や高性能なSIMフリーのゲーミンススマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」とのセット販売も行います。

またKAZUNA 神SIMの公式Twitterアカウントを2月14日(金)までにフォローすると抽選で10人に10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも実施しています。販売拠点は同社の公式Webストア「KAZUNA eSHOP」( http://www.kazunashop.com/ )のみ。

続きを読む

TAKUMI JAPAN、ゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)の12GB RAM+256GBストレージ版を約2万円値下げ!さらに1万円安いアウトレット品も販売


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)の12GB RAM+256GBストレージ版が値下げ!在庫限りに

TAKUMI JAPANがXiaomi Technology(以下、シャオミ)が出資するBlack Shark Technologies製ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(JAPANモデル)の12GB内蔵メモリー(RAM)および256GB内蔵ストレージの製品を値下げしたとお知らせしています。また合わせて同製品のアウトレット品も販売しています。

価格改定は公式Webストア「KAZUNA eSHOP」( http://www.kazunashop.com/ )でのみ行われており、これまでは税別99,880円(税込107,870円)でしたが、約2万円値下げされて税別79,800円(税込86,184円)となっており、アウトレット品はさらに1万円安い税別69,880円(税込75,384円)となっています。

なお、同社では8月末よりBlack Shark 2(JAPANモデル)の6GB RAM+128GB内蔵ストレージモデルも販売しており、価格は税別49,880円(税込53,784円)で現在、2ndロットを9月上中旬に入荷する予定だとのこと。一方、12GB RAM+256GB内蔵ストレージモデルはもう増産はないので在庫限りで、すでに量販店などでは販売終了しています。

続きを読む

TAKUMI JAPAN、Xiaomi出資のゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)の6GB RAM+128GBストレージ版を8月31日に発売!Amazon.co.jpでも販売開始


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)に低価格な6GB RAM +128GBストレージが発売!

TAKUMI JAPANは31日、Xiaomi Technology(以下、シャオミ)が出資するBlack Shark Technologies製ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(JAPANモデル)の6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージの製品を2019年8月31日(土)に発売したとお知らせしています。

同製品は8月下旬の発売を予定していましたが、ギリギリ間に合ったといったところでしょうか。なお、これまでは公式Webストア「KAZUNA eSHOP」( http://www.kazunashop.com/ )のみで販売されていましたが、新たに総合オンラインストア「Amazon.co.jp」でも販売開始しています。

価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別49,880円(税込53,784円)ですが、Amazon.co.jpでは手数料が上乗せされて57,024円(税込)で販売されています。なお、JAPANモデルとして携帯電話ネットワークの対応周波数帯を日本向けに変更しているほか、日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適」)を取得しており、SIMフリーとっています。

続きを読む

TAKUMI JAPAN、Xiaomi出資のゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)の6GB RAM+128GBストレージ版を発表!8月下旬発売で価格は12GB+256GB版の約半額の5万3784円


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル)に低価格な6GB RAM +128GBストレージが登場!

TAKUMI JAPANは6日、Xiaomi Technology(以下、シャオミ)が出資するBlack Shark Technologies製ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(JAPANモデル)に新たに6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージの製品を発売すると発表しています。

発売は8月下旬を予定し、すでに公式Webストア「KAZUNA eSHOP」( http://www.kazunashop.com/ )にて8月6日より予約販売が開始されており、価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別49,880円(税込53,784円)。現在販売されている12GB RAM+256GB内蔵ストレージの製品が税別99,880円(税込107,870円)なので約半額となります。

また同様にJAPANモデルとして携帯電話ネットワークの対応周波数帯を日本向けに変更しているほか、日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適」)を取得しており、SIMフリーとのこと。合わせて製品のプレミアム補償プランも税別12,800円(税込13,824円)で販売されます。

続きを読む

専用の周辺機器でさらに快適に遊べるゲーミングスマホ「Black Shark 2」でいろんなゲームを試してみた!しばらく使ってみて気が付いた点も紹介【レビュー】


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」の豊富な周辺機器と性能が輝くとき!いろんなゲームをがっつりチェック

TAKUMI JAPANから発売された超高性能なゲーミング向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)。メーカー希望小売価格は107,870円(税込)と高価ながらそのスペックと専用の周辺機器(アクセサリー)によってスマホでゲームが快適にプレイできるのが最大の特徴です。

Black Shark 2や「ROG Phone」(ASUSTeK Computer)などのいわゆる“ゲーミングスマホ”の定義は特に定まっていないと思われますが、少なくとも共通して「(一般的なハイエンドスマホよりも)さらに高い性能」と「豊富に用意された周辺機器の存在」があると思われます。

そこで今回はBlack Shark 2のレビューの総仕上げとして、Black Shark 2でさまざまなゲームアプリなどを実際に豊富な周辺機器を利用して遊んでみた使用感などの感想と、Black Shark 2をしばらく使っていて気が付いた点を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。