S-MAX

TF600T

ASUS製のタブレット「ASUS VivoTab TF600T」で始めるWindows RT―USB機器はどこまで使える?試してみよう!【レビュー】


どんな機器が使えるのかな…?

ASUS(エイスース)製の「ASUS VivoTab TF600T」とともにWindows 8のARMプロセッサー向けバージョン「Windows RT」を使っていくレビューの6回目です。

Windows RTと言えば、他のタブレット用プラットフォームと比較して豊富なUSB機器を使うことができる、ということが特徴として挙げられます。

そこで、手持ちのUSB機器を色々接続して使えるかどうか、検証してみました。RTタブレットを購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

ASUS製のタブレット「ASUS VivoTab TF600T」で始めるWindows RT―ベンチマークで見る動作パフォーマンス【レビュー】


どっちの方が「速い」…?

ASUS(エイスース)製の「ASUS VivoTab TF600T」とともにWindows 8のARMプロセッサー向けバージョン「Windows RT」を使っていくレビューの5回目です。

3回目ではデスクトップアプリを、4回目では新UI「モダンUI」で使えるアプリなど、アプリ環境の検証をしてきました。今回は、実際にWindows 8搭載パソコンと比較して動作パフォーマンスにどれくらい差があるのかを検証してみます。

Windows 8およびWindows RTのどちらでも動作するベンチマークプログラムを使って数値で比較してみることにしましょう。なお、電源オンから起動するまでの時間を比較したレポートは2回目で紹介していますので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

続きを読む

ASUS製のタブレット「ASUS VivoTab TF600T」で始めるWindows RT―どんなアプリが使えるの?(新UIアプリ編)【レビュー】

aa18e123.png
Storeアプリで本当にどうにかなる……?

ASUS(エイスース)製の「ASUS VivoTab TF600T」とともにWindows 8のARMプロセッサー向けバージョン「Windows RT」を使っていくレビューの4回目です。

前回は、Windows RTにおけるデスクトップアプリ環境を検証してみました。Office 2013 RTが標準で付いてきて、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを制約付きながら使えることは良いものの、昔から使っているアプリはCPU環境の違いなどにより動かないことは問題です。

となると、アプリの追加はWindows Storeに頼らないといけない訳ですが、果たしてそれでどこまで使えるのか、検証してみようと思います。

続きを読む

ASUS製のタブレット「ASUS VivoTab TF600T」で始めるWindows RT―どんなアプリが使えるの?(デスクトップアプリ編)【レビュー】

aa18e123.png

Storeアプリだけでどうにかなるかな……?

ASUS(エイスース)製の「ASUS VivoTab TF600T」とともにWindows 8のARMプロセッサー向けバージョン「Windows RT」を使っていくレビューの3回目です。

前回は、TF600Tの起動時間をチェックしてみました。Fast Bootを使ったWindows PCと比べると若干遅いものの、通常起動、あるいは他のタブレットプラットフォームよりも速い、といった感じであることが分かりました。

今回は、第1回でも触れたWindows RTの“弱点”であるアプリケーション環境の実際を2回に分けて詳しく見ていこうと思います。まずは、Windows 8では「デスクトップアプリケーション」(以下、デスクトップアプリ)と呼ばれる、今までのWindowsアプリケーションについて見てみましょう。

続きを読む

ASUS製のタブレット「ASUS VivoTab TF600T」で始めるWindows RT―起動時間を比べてみよう【レビュー】

f780641c.jpg
RT機の起動速度はどんなものか比べてみよう!!

ASUS(エイスース)製の「ASUS VivoTab TF600T」とともにWindows 8のARMプロセッサー向けバージョン「Windows RT」を使っていくレビュー。

第1回目となる前回は、まずはじめにということで、Windows 8とWindows RTの違いを解説しましたが、2回目となる今回はTF600Tの起動速度を検証してみました。

TF600Tは、32GBの「eMMC」を内蔵ストレージとして利用しています。eMMCは「組み込み型マルチメディアカード」の略で、組み込み機器用のNANDフラッシュメモリーです。MMCというと、SDカード規格の前身としても知られています。その名の通り、信号線はSDカードと互換性を持っているため、比較的低コストで組み込み機器に搭載できるメリットを持っています。

となると、データの読み書き速度が非常に気になるところです。しかし、Windows RTでも使えるディスクベンチマークプログラムは現在の所ありません……。そこで、手持ちのThinkPad X121eと起動速度で比較してみようと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。