S-MAX

TONE

トーンモバイルがデュアルカメラと指紋センサーを搭載したノッチ付フルスクリーンスマホ「TONE e19」を発売!新たに全世代をターゲットにした新製品を写真と動画で紹介【レポート】


全世代をターゲットにしたグローバルスマホ「TONE e19」を3月1日に発売!TONEモバイルの新戦略とは

既報通り、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」向けの新しいスマートフォン(スマホ)「TONE e19」(トーンモバイル製)を3月1日に発売した。

TONEモバイルは「TSUTAYA」のスマホとして展開しており、前機種「TONE m17」から約1年半ぶりの新機種で、これまでは子どもやシニア世代をターゲットの中心としていたが、TONE e19は最新のトレンドを取り入れて全世代を対象にしたモデルとなっている。

そのため、画面上部中央にノッチ(切り欠き)のあるアスペクト比9:19の縦長な約5.93インチHD+(1512×720ドット)液晶や約1200万画素CMOS+約500万画素CMOSのデュアルリアカメラなどを搭載し、約800万画素CMOSフロントカメラでは顔認証にも対応する。

基本スペックとしてチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 450(SDM450)」、内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージはmicroSDXCカードスロット(最大256GB)、電池は4000mAhリチウムイオンバッテリー、OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)だ。

またLTEと3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応し、生体認証は顔認証の他にも本体背面に指紋センサーを搭載し、ロック解除以外にもTONEモバイル独自のアプリロック機能などが利用可能だ。販売価格は19,800円(税抜)。

TONEモバイルのSIMカードとセットとなっており、好評な月額1,000円からの料金プランが用意されている。今回は「トーンモバイル新製品及び新サービス発表会」で実際にTONE e19をタッチ&トライできたので、外観や主な機能について写真および動画を交えて紹介していく。

続きを読む

トーンモバイル、シニアや子どもだけでなく全世代を対象にしたスマホ「TONE e19」を発表!約2万円で3月1日発売。5.93インチ縦長ノッチ画面やデュアルカメラなど


新しいTSUTAYAスマホ「TONE e19」が登場!3月1日発売

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは14日、都内にて「トーンモバイル新製品及び新サービス発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「TONE e19」(トーンモバイル製)を発表しています。

これまで同社はシニア向けやジュニア(子ども)向けを中心に展開してきましたが、TONE e19は全世代を対象にしたモデルとし、価格は同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」の契約とセットで19,800円(税抜)。

発売日は2019年3月1日(金)で、販路もこれまでの「TSUTAYA」や公式Webストアだけでなく、新たに2018年3月より展開している「カメラのキタムラ」におけるTONEモバイル取扱店舗を5月までに現在の15店舗から33店舗に拡大するとしています。

また同日2月14日より公式Webストアにおけるオンラインでの事前受付およびTONEモバイル取扱店舗にて先行予約を開始し、発売日前日の2月28日(木)までに予約をし、2019年3月中に購入すると「Tポイント」を500ポイントプレゼントするキャンペーンを実施しています。

続きを読む

女子高生が集まる中に坂口健太郎さんが先生役でサプライズ登場!トーンモバイルの新サービス「TONE SIM (for iPhone)」の発売記念イベントを写真と動画で紹介【レポート】


トーンモバイルが「TONE SIM (for iPhone)」の発売イベントを開催!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは見守り機能を備えたiPhone向け「TONE SIM (for iPhone)」の発売を記念して4月26日に発売イベントを開催した。

TONE SIM (for iPhone)は同社が回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において家族向け見守りサービス「TONE ファミリー」をiPhoneでも利用可能としたiPhone専用のSIMカードだ。

子どもの見守り機能のほか、夜間の利用制限やapp storeの制限、有害サイトのブロックが利用できる。こうしたiPhone向けのSIMカードおよびサービスを展開する背景には、AndroidではなくiPhoneを使いたいという子どもの要望、そしてiPhoneの親からの“お下がり”利用や中古などのリユース市場の拡大がある。

今後、トーンモバイルと同じCCCグループのリユース製品を販売するイオシスと連携し、リユース製品とTONE SIM (for iPhone)をオンラインで購入できるようにする取り組みも行うという。なお、既存のTONE SIMを利用しているユーザーは、2,000円(すべて税別)でTONE SIM (for iPhone)にプラン変更を可能としている。

今回行われた発売イベントにはイメージキャラクターの坂口健太郎さんが女子高生の前にサプライズで登場するという演出が行われ、先生に扮した坂口さんがTONE SIM (for iPhone)について説明を行った。そこで今回はこのイベントを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

iPhoneでも子どもの見守りを!TSUTAYAのスマホ“トーンモバイル”が安心・安全な見守り機能に対応した「TONE SIM (for iPhone)」を発表【レポート】


iPhoneでも子どもの見守りを!トーンモバイルが新サービスを発表

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは20日、都内にて『トーンモバイル 事業戦略発表会』を開催し、子どもの見守り機能を備えた「TONE SIM (for iPhone)」の開発を発表し、同日より予約受付開始すると発表した。

発売は4月上旬を予定している。TONE SIM (for iPhone)は、NTTドコモの回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」の新サービスとして、子どものiPhoneにTONEモバイルのSIMカードを挿すだけで、見守り機能をはじめとする安全・安心、そして月額料金も1,500円(税抜)と低価格であることが特徴となる。

今回はこのTONE SIM (for iPhone)の特徴について、トーンモバイル 代表取締役社長の石田宏樹氏によるプレゼンテーションともに紹介していく。

続きを読む

TSUTAYAの格安スマホ「トーンモバイル」が法人向けCMVNOサービスやスマートスピーカーを使った今後の展開などを紹介する「TONEラボ」を開催【レポート】


テクノロジーとスマホでさまざまな社会問題に取り組むトーンモバイルが新たな展開を発表!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは1月24日に『トーンモバイル プレスセミナー「TONEラボ」』を開催し、小ロットから受注可能な法人向けにカスタマイズできるスマートフォン(スマホ)の展開やIoTデバイスとの連携による新しいユーザー体験などの説明を行った。

これまでトーンモバイルは回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」にてシニア層や子どもの見守りなど、家族で使えるスマホと、そのサービスである「TONEファミリー」によって主に個人向けにテクノロジーを活用した新たなスマホライフを提案してきた。

そして今回は新たに法人向けのサービスも開始するとのことで、それが独自のカスタマイズができるテクノロジーである「TONE Factory」をベースとして、法人向けのスマホ市場に参入するという動きだ。

今回はそんなTONEラボにて発表された法人向けのスマホサービスと、AI(人工知能)を活用したスマートスピーカーを使った新たなユーザー体験のデモンストレーションについて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。