S-MAX

TONEモバイル

TSUTAYAのスマホ「トーンモバイル」がオレオレ詐欺やフィッシング詐欺などへの対策を盛り込んだシニア向け機能を「TONE m17」に追加!電話番号データベースに加えてAIを活用【レポート】


トーンモバイルが特殊詐欺対策を盛り込むアップデートを10月3日以降順次追加!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは15日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」においてスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)にシニア世代へ向けた大幅アップデートを2017年10月3日(火)より順次行っていくことを発表した。

これまでTONEモバイルは子ども向けサービス強化の1つとして22時以降はスマホに利用制限をかけるなど、独自のサービスを行っている。今回は、シニア世代が抱えるスマホに対する不安を解消するための施策を盛り込んだ新サービスを紹介していく。

続きを読む

TSUTAYAのスマホのCMイメージキャラクター・坂口健太郎さんが登場した「トーンモバイル 新端末発売&新CMお披露目イベント」を写真と動画で紹介【レポート】


坂口健太郎さんが出演するトーンモバイルの新CMも紹介!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは1日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発売した。

また合わせて、代官山 蔦屋書店にて「トーンモバイル 新端末発売&新CMお披露目イベント」を開催し、トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏とイメージキャラクターの坂口健太郎さんが登壇した。

“TSUTAYAのスマホ”としてシニア層やジュニア層をターゲットに着実に契約数を伸ばしているTONEモバイルの戦略や新製品のTONE m17について石田氏が説明を行った。今回はそれらの内容に加えて、坂口さんのゲストトークセッションを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

雑誌「VERY」と提携して徹底したママ目線でジュニア市場を狙う!親も子どもも安心して使えるトーンモバイルの富士通製新スマホ「TONE m17」を写真と動画で紹介【レポート】


今後のトーンモバイルは富士通製!新スマホ「TONE m17」と新サービスで子どもを守る

既報通り、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を8月1日に発売すると発表した。

また、女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾として、子どもを守りたいという思いに応えるサービス「TONE×VERY」宣言、「ジオフェンス」にロック機能を追加するなどを発表した。徹底したママ目線による「ママが子どもに持たせたい」スマホを追求する。

なお、今回発表したTONE m17は、NFCによる「お知らせメール」やジオフェンス機能の正確な位置情報などの新サービスに対応する。今回はトーンモバイルの新サービスと新端末のTONE m17を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

TSUTAYAスマホことトーンモバイルが新スマホ「TONE m17」や新サービスを発表!富士通製で防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグに対応し、はじめてスマホ向け機能を拡充


ツタヤスマホの新製品「TONE m17」が発表!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」においてサービスの大幅アップデートおよび新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

今回のアップデートは従来までのシニアおよびジュニア向け路線の延長として「はじめてのスマホ」をターゲットにしており、さらに30代を中心とした子育て世代のママたちのバイブルとして人気の女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾も発表しています。

新スマホのTONE m17は2017年8月1日(火)に発売され、価格は3万4800円(すべて税抜)。SIMフリースマホ「arrows M04」をベースにしてると見られ、約5インチHD(720×1280ドット)液晶などを搭載し、ハンドソープで洗える防水・防塵・耐衝撃のほか、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグにも対応しています。

また発売に合わせて8月1日より同一名義で複数台同時契約をする場合を対象に基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「はじめてのスマホ」キャンペーン(10月1日まで)を実施し、さらに既存契約者を対象にTONE m17へ機種変更されると基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「機種変更キャンペーン」も実施します。

続きを読む

月千円で使える「TSUTAYAスマホ」がLTEに対応!箱にも秘密ありの格安スマホ「TONE m15」を紹介【レビュー】


LTEに対応したTSUTAYAスマホ「TONE m15」をレビュー!

こんにちは、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では久しぶりに登場するライターの甲斐です。今回はあの月1,000円(税抜)でお馴染みのTSUTAYAスマホ「TONE」シリーズがついにLTE化したということで、そのLTEスマホ第1弾の「TONE m15」をレビューしたいと思います。

さて、TSUTAYAで購入できるスマートフォン(スマホ)のTONEですが、特長はなんといっても利用料が低価格な「毎月1,000円」でしょう。ですが、実際に毎月1,000円なのは、本体価格を除いた金額です。

つまり、TONE m15の場合には本体価格29,800円(税抜)の分割代金が1,000円に加算されます(一括で購入した場合は利用料毎月1,000円のみ)。また、毎月1,000円なのはデータ通信のみで、音声通話や通話料(月額953円/月)はあくまで別になります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。