S-MAX

TaiwanMobile

Foxconn傘下となる台湾の亞太電信が「4G LTE」対応プリペイドSIMを発売!さっそく試してきた【レポート】


ブランド名を「Gt」としてLTEサービスを開始!これまでとは打って変わって積極的な広告展開を繰り広げる

台湾の移動体通信事業者である「亞太電信(Asia Pacific Telecom)」は2014年12月24日より4G(LTE方式)による商用サービスを正式に開始した。通称「Foxconn(フォックスコン)」として知られる鴻海科技集団(Hon Hai Technology Group)の傘下となることが決まっている亞太電信はこれまで「A+ World」をブランド名としていたが、LTEサービスの開始と同時にブランド名を「Gt」に変更し、LTEサービスを「Gt 4G」として展開している。Gtには「Good Time」や「Get Together」、「Great Technology」といった意味が込められているという。

また、LTEサービスの開始からわずか3日後の2014年12月27日に台湾桃園国際空港(TPE)で亞太電信のブースを開設し、訪台外国人を対象にプリペイドSIMカードの販売を開始した。プリペイドSIMカードではLTEサービスを利用できるプランも用意されている。

そこで、さっそく台湾に渡航し、亞太電信のプリペイドSIMカードを購入して試してきたので、今回はその模様を紹介する。

続きを読む

ドコモスマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」を台灣大哥大のLTE対応プリペイドSIMで使ってみた!テザリング利用や700MHz帯(Band 28)接続も可能【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから販売されている今冬モデルのスマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」(サムスン電子製)は同社初のTD-LTE対応やFDD-LTEの700MHz帯対応といった特長があり、海外で利用する場合にはより便利になっている。

今回、SIMロックを解除したGALAXY Note Edge SC-01Gを持って台湾に訪れたので、現地に携帯電話会社「台灣大哥大(台湾モバイル)」の4G LTE対応プリペイドSIMで使い、テザリング利用や台湾モバイルがメインで展開している700MHz帯(Band 28)への接続が可能なことが確認できたのでその模様を紹介する。

続きを読む

ソフトバンク、国内事業者初のオランダでLTE国際ローミングを開始!台湾での対象事業者もさらに追加


ソフトバンクがニュージーランドでLTE国際ローミングを開始!

ソフトバンクモバイルは5日、高速通信サービス「4G LTE(FDD-LTE)」を海外でも使える「LTE国際ローミング」の対象エリアに2014年9月8日(月)よりニュージーランドを追加すると発表しています。

ニュージーランドでのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者初となり、今回の追加によって、20カ国・地域で4G LTEによる高速通信サービスが利用できるようになります。

また、すでにLTE国際ローミングを提供している台湾において9月9日より対象事業者を1社追加するとのことです。

続きを読む

台湾大哥大、台湾初となる4GプリペイドSIMカードを発売!さっそく買って台湾大哥大の4G LTEを試す【レポート】


台湾初となる4GプリペイドSIMを試した!台北市内にある台湾大哥大の販売店「myfoneショップ」

台湾の移動体通信事業者である台湾大哥大(Taiwan Mobile)は2014年9月1日(月)よりLTE対応のプリペイドSIMカード「4G預付卡(4Gプリペイドカード)」の販売を開始した。

これまで台湾のプリペイドSIMカードはLTEに対応していなかったが、4G預付卡はプリペイドでLTEサービスの利用が可能となる。すなわち、台湾大哥大の4G預付卡は台湾初のLTE対応のプリペイドSIMカードとなる。

今回、ちょうど台湾に滞在していたため、さっそく台湾大哥大の販売店である「myfoneショップ」に開店前から並んで、4G預付卡を一番乗りで購入したのでレポートをお伝えする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。