S-MAX

Tizen

Samsung、フル円形有機ELディスプレイを搭載したTizen OS採用スマートウォッチ「Gear S2」および「Gear S2 classic」を正式発表!初の音声通話対応「e-SIM」の3G対応モデルも


Samsungがスマートウォッチ「Gear S2」および「Gear S2 classic」を正式発表!

Samsung Electronics(以下、Samsung)は31日(現地時間)、先日告知していたTizen OSを採用したフル円形ディスプレイ搭載スマートウォッチ「Gear S2」および「Gear S2 classic」を正式発表しています。ドイツ・ベルリンにて9月4日から開催される総合家電関連展示会「IFA 2015」に合わせて9月3日に行われるプレスカンファレンスにてお披露目されます。

両モデルの違いはGear S2 classicのほうがよりクラシカルな腕時計っぽい外観で、黒い時計本体部分にレザーバンドを組み合わせ、Gear S2はダークグレーの本体部分にダークグレーのバンドおよびシルバーの本体部分にホワイトのバンドの2色が用意されています。

発売時期や販売地域は明らかにされていませんが、今秋以降にグローバル市場で販売されると見られています。

続きを読む

Samsung、円形ディスプレイを搭載したスマートウォッチ「Gear S2」を9月3日に正式発表へ!Tizen OS採用でより時計のようなデザインに


Samsungが新しいスマートウォッチ「Gear S2」の発表を予告!

Samsung Electronics(サムスン電子)は13日(現地時間)、米・ニューヨークにあるLicoln Centerなどにてプレス向けイベント「Galaxy Unpacked 2015」を開催し、Tizen OSを採用した円形ディスプレイ搭載スマートウォッチ「Gear S2」の発表を予告しています。

既報通り、同イベントでは新たに大型ディスプレイを搭載した「Galaxy S6 edge+」および「Galaxy Note5」のスマートフォン(スマホ)を2機種発表していましたが、Gear S2は2015年9月3日(木)にドイツ・ベルリンで開催される展示会「IFA 2015」に合わせて開催されるプレスカンファレンスにて正式発表されるということです。

続きを読む

サムスン電子、初のOSにTizenを採用した商用スマホ「Samsung Z1」を発表!インドにて約1万円の低価格モデルとして発売


初Tizen採用スマホ「Samsung Z1」が発売!

Samsung Electronics(サムスン電子)は14日(現地時間)、当初はNTTドコモからも発売されることが計画されていたスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム(OS)「Tizen」を採用した「Samsung Z1(型番:SM-Z130)」を発表しています。

インド市場にて2015年1月14日(水)に発売し、Tizenを採用した初の商用スマホとなっています。価格は5,700インドルピー(約11,000円)。

また、開発者向けの「Tizen Extension SDK for Certificate」の提供などを含めた情報を公開しています。

続きを読む

3G通信機能で通話やメールも単体でOK!Tizen OSを搭載したドコモ版「Gear S SM-R750D」を写真と動画でチェック【レポート】


ドコモの「Gear S」はひと味違う……!?

既報の通り、NTTドコモは9月30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、サムスン電子製の腕時計形デバイス「Gear S」を同社の周辺機器ブランド「docomo select」のラインナップのひとつとして取り扱うことを発表しました。発売は10月中旬を予定しています。

ドコモ向けのGear Sは、Wi-Fi(無線LAN)やBluetoothに加え、3G(W-CDMA)・2G(GSM)通信機能が搭載されており、単体でも携帯電話として通話やメールのやりとりができるようになっています。あくまで周辺機器として販売されるため、契約を伴わず購入可能な上、何とSIMロックフリーであるとのこと。これは注目せざるを得ません。

この記事では、発表会場に展示されていたドコモ向けGear Sの実機を写真と動画でご紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、Tizen OS搭載スマートウォッチ「Gear S SM-R750D」を発表!3G・FOMAに対応し、SIMフリーで販売


NTTドコモが3G対応スマートウォッチ「Gear S」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、3G(FOMA、W-CDMA方式)や2G(GSM方式)といった携帯電話ネットワークに対応した腕時計型ウェアラブル端末として新たに「Gear S(型番:SM-R750D)」(サムスン電子製)を発表しています。2014年10月下旬に発売開始予定。

Gear Sは今夏モデル「Gear 2」や「Gear Fit」などと同様にプラットフォームに「Tizen OS」を採用したスマートウォッチです。新たに3Gや無線LAN(Wi-Fi)などに対応したことで、単体でも通話や通信ができ、紫外線(UV)センサーや気圧センサーなどの各種センサーも新搭載するなど、より多機能になって機種となっています。

続きを読む

ついに3GやGPSなどにも対応!国内投入が予定されているSamsungの最新スマートウォッチ「Gear S」の先行展示品を写真と動画でチェック【レポート】


国内先行展示されているSamsungの最新スマートウォッチ「Gear S」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)のスマートフォン(スマホ)の最新フラッグシップモデル「Galaxy Note Edge」および3Gなどの通信機能を搭載した最新スマートウォッチ「Gear S」の海外版が家電量販店内にて展開する独自ブランドショップ「GALAXY SHOP」にて2014年9月18日(木)より国内先行展示されています。

これらのGalaxy Note EdgeおよびGear Sはどういった形となるか詳細は明らかにされていないものの、日本国内に投入することがサムスン電子より明らかにされており、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもすでにGalaxy Edge Noteについては写真および動画レポートを掲載しています。そこで、今回はGear Sも写真および動画で紹介したいと思います。

続きを読む

Samsung、初のTizen搭載スマホ「Samsung Z」を発表!指紋センサーや脈拍計などを搭載し、GALAXYシリーズの機能を継承しつつエコシステムの構築をめざす


初のTizen搭載スマホ「Samsung Z」が発表!

Samsung Electronics(サムスン電子)は2日(現地時間)、世界初のOSに「Tizen」を採用したスマートフォン「Samsung Z」(型番:SM-Z910F)を発表しています。

OSには次世代バージョンではない現行のTizen 2.2.1を採用。4.8インチHD(720×1280ドット)有機EL(Super AMOLED)ディスプレイや2.3GHzクアッドコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 800」)、800万画素アウトカメラ、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応したLTE UE Category 4などに対応した最高スペックではないものの、ミドルエンドの上位モデルといったところ。

また、同社のOSにAndroidを採用したフラッグシップスマートフォン「Galaxy S5」に続き、指紋センサーや脈拍計を搭載。その他、GALAXYシリーズで利用できる健康支援サービス「S Health」やウルトラ省電力モード、ダウンロードブースターなどに対応するなど、多くの機能が盛り込まれています。

発売時期は2014年第3四半期(7〜9月)を予定しており、ロシアやその他の国・地域に投入され、同社ではTizenのエコシステムを利用したより安価で性能の良いモデルであることをアピールしています。

続きを読む

似ているけど全然違う?Samsungのスマートウォッチ「Gear 2」を前機種「GALAXY Gear」と徹底比較【レビュー】


GALAXY GearとGear 2を比較するよ-!

現在、サムスン電子(以下、Samsung)から発売中の腕時計型ウェアラブルデバイス(いわゆる“スマートウォッチ”)である「Gear 2」は、GALAXYシリーズのスマートフォン(スマホ)とBluetooth 4.0による省電力機能Low Energy(BLE)で接続するBluetooth Smartデバイスです。

先代の「GALAXY Gear」から軽量化したほか、防水・防塵にも対応するとともに、OSもAndroidからTizenに変更され、操作性もかなり変わっています。

そこで、今回はこのGear 2を前機種のGALAXY Gearと比較して、どこがどう変わったかを詳しくチェックしていきたいと思います。

続きを読む

Samsungのウェアラブルはどう進化したのか!?Tizen OS搭載になった腕時計型端末「Gear 2」をゲットしたので開封してみた――GALAXY Gearとも比較【レポート】


Tizen OS搭載Gear 2をゲット!

サムスン電子製フラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」と同時に5月15日より発売された腕時計型ウェアラブルデバイス「Gear 2」および「Gear Fit」。Gear Fitはよりスリムさを強調したモデルであるのに対し、Gear 2は昨発売された前作「GALAXY Gear」と比べるとOSをAndroidからTizen OSに変更し、小型化しながらも待望の防水・防塵に対応したより高機能なモデルです。

そのため、Gear 2ではGALAXY Gearで好評だったカメラも引き続き搭載されていますが、カメラ部分が本体ユニットに移動することで、ベルトを好みのものに変更できるようになっているのも嬉しい進化ポイントです。

筆者はこれまでにも当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」などにてGALAXY Gearのレビューを執筆し、愛用していますが、今回、家族がGear 2を購入しましたので、開封レビューをお届けします。

続きを読む

Samsung、開発者向けイベント「Samsung Developer Day 2014」をMWC 2014に合わせて開催!S HealthやGear向けSDKも新たに提供開始


開発者向けイベント「Samsung Developer Day 2014」が開催!

Samsung Electronicsは26日(現地時間)、スペインのバルセロナで2014年2月24日から27日にかけて開催されていた世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014(MWC2014)」に合わせて開発者向けイベント「Samsung Developer Day 2014」を開催し、発表されたばかりの「Galaxy S5」や「Gearシリーズ」向けのSDKを提供開始しています。

SDKは新しく「S Health SDK」および「Gear SDK」、「Gear Fit SDK」が配布開始されたほか、すでに提供されていた「Samsung Mobile SDK 1.5」および「Multi-screen SDK」がそれぞれアップデートされています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。