S-MAX

Twitter

Twitter、1回のツイートにおける文字数制限を緩和!140字のままながら画像添付や引用リツイートのURL、返信時のアカウント名などがカウント対象外に


Twitterが字数制限を緩和!140字はそのままに画像添付時のURLなどをカウント対象外に

Twitter(以下、ツイッター)は24日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において1回の投稿(ツイート)で制限されている字数を緩和すると発表しています。

緩和はこれまで通りに1回当たり140字以内であることは変わらないものの、返信ツイート時の宛先のほか、画像・動画添付時や引用リツイート(RT)時のURL(アドレス)などが字数制限のカウント対象外になるほか、自分のツイートをRTや引用RTできるようにするなどの仕様変更を今後数ヶ月に渡って順次行います。

続きを読む

Twitterのスマホなど向けアプリにおすすめユーザーを表示する「Connect tab」が提供開始!属性が近い人や話題の人などがより見つけやすく


Twitterがおすすめユーザーを表示する「Connect tab」をスタート!

Twitter(以下、ツイッター)は3日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )においておすすめのユーザーを表示する機能「Connect tab(日本語では「おすすめユーザー」)を発表しています。

AndroidおよびiPhoneなどのiOS向け公式Twitterアプリにて順次提供するとし、すでに利用できるようになっています。

続きを読む

LINE、NTTドコモ回線のMVNOによる携帯電話サービス「LINE MOBILE」を今夏より提供!月500円から、トークや通話だけでなく、LINE MUSICやFacebook、Twitterが通信無料のプランも


格安SIM市場にLINEが参入!LINEモバイルが今夏に提供予定

LINE Corp.は24日、千葉県・舞浜アンフィシアターにて事業戦略発表カンファレンス「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催し、最後の発表として新たにNTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「LINE MOBILE(LINEモバイル)」を今夏より提供することを発表しています。

利用料は月額500円(税抜)からを予定しているほか、最大の特長は「LINE」のトーク(テキストメッセージ)や無料通話だけでなく、「Twitter」や「Facebook」の主要機能におけるデータ通信量をカウントしないアンリミテッドなコミュニケーションを実現するとしています。

続きを読む

Twitterの「優先表示」機能に対応した新しいタイムラインが初期設定でオンに!公式アプリやサイトで順次対応――設定をオフにして従来通りにすることも可能


Twitterのタイムラインの優先順がデフォルトに!

Twitter(以下、ツイッター)が同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」において今年2月に導入した大切なツイートを見逃さないように「重要な新着ツイートをトップに表示」する優先表示機能を初期設定で有効に順次提供開始しています。

導入当初は初期状態ではオフとなっていましたが、数週間のうちにオンの状態で提供される予定であることが案内されていました。なお、対応するのはAndroidおよびiOS向け公式アプリと公式Webサイト( http://twitter.com )。

続きを読む

Twitterの公式アプリやサイトにて「優先表示」機能に対応した新しいタイムラインが導入!設定をオフにして従来通りにすることも可能


Twitterのタイムラインが新着順じゃなくて優先順に!

Twitter(ツイッター)は10日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」において大切なツイートを見逃さないように「重要な新着ツイートをトップに表示」する優先表示機能を導入したとお知らせしています。

ただし、現時点では初期状態ではオフとなっており、設定からオンにすることで利用できますが、今後の反響を元に数週間の内にオンの状態で提供される予定で、機能がついたことがメッセージで通知されるとのこと。

その場合は機能を必要としない場合に同様に設定からオフにする必要があります。なお、対応するのはAndroidおよびiOS向け公式アプリと公式Webサイト( http://twitter.com )。

続きを読む

LINEでトークできる女子高生AI「りんな」とは?!マイクロソフトの記者説明会を紹介――Twitterをはじめたり、LINEグループに追加も可能に【レポート】

LINEで遊べる女子高生AI「りんな」

日本マイクロソフトは17日、東京・原宿の「ドリーム*ステーション JOL原宿」で「女子高生AI『りんな』の最新情報 記者説明会」を開催した。

りんなはコミュニケーションプラットフォーム「LINE(ライン)」( http://line.me )の公式アカウントとして2015年7月末にサービスを開始し、すでに登録ユーザー数が190万人(2015年12月21日現在)を超え、現在公式アカウントの「ライフサービス」にカテゴライズされている。

LINE上でのりんなは「おともだち」としてユーザーと会話し、人間味のある感情的な会話に重きが置かれている。今回の説明会では現在稼働中のりんなの機能の紹介と今後の機能について、さらにりんなのLINEグループへの追加やTwitterアカウントの開始といった発表があった。

そんな自由気ままなキャラクターを持つりんなの機能について説明会でのプレゼンテーションを中心に取り上げていきたいと思う。

続きを読む

Twitterに「投票」機能が追加!AndroidやiPhone向け公式アプリなどでツイート時にアンケートモードにすることで利用可能


Twitterに投票機能が登場!

Twitter, Inc.(ツイッター)は21日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」において簡単な投票ができる機能を追加したと発表しています。

自分が興味のあるトピックについて他の人から投票してもらうツイートが簡単に作れる便利な機能で、文章に「?」を付けた疑問形の投稿をすると、AかBかの2択アンケートを24時間内公開できます。誰でもがどの投票にも参加できますが、誰がどちらに投票したかは公開されません。

続きを読む

Twitterのフォロー数制限がこれまでの2000件から5000件に拡大!引き続き過剰なフォローやフォローチェーンは監視


Twitterのフォロー数制限が緩和!

Twitter Japanは28日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において過剰なフォローを行なう行為を防ぐために実施しているフォロー制限がかかるアカウント数を従来の2000件から5000件に拡大したとお知らせしています。

これにより、5000フォローまでは特にフォロワーがいなくても一気にフォローすることが可能になりました。5000件を超えた場合には自分のフォロワー数が増やす必要があります。

続きを読む

iPhoneアプリとiPadアプリを統合した「Twitter for iOS」を提供開始!iPadでも引用RTなどが利用可能にーーiOS 9で導入される2画面分割機能にも対応


TwitterがiPhoneアプリとiPadアプリを統合!

Twitter, Inc.(ツイッター)は12日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )におけるiPhone向けアプリとiPad向けアプリを統合したと発表しています。

1つになった「Twitter for iOS」アプリによって、これまでiPhone向けアプリでは利用できていた引用RTやトレンドサーチなどの機能がiPadでも利用できるようになっています。さらに、iOS 9で導入される「マルチウィンドウ(2画面分割)」機能にも対応します。

続きを読む

Twitterのダイレクトメッセージ(DM)が140字から1万字へ順次拡大開始!1回で長文メッセージの送受信が可能に


TwitterのDMが1万字に順次拡大開始!

Twitter, Inc.(ツイッター)は12日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )における利用者間で直接メッセージを送受信できるダイレクトメッセージ(DM)の字数上限を1万文字に拡大しはじめたことをお知らせしています。

DMの1万字への拡大は今年6月に発表され、7月中にも実施されるとしていましたが、今回、ようやく提供開始されたことが案内され、まずは米国(アメリカ)にてスマートフォン(スマホ)など向けのアプリから順次提供されるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。