スマホなど向け軽量Webアプリ「Twitter Lite」がスタート!

Twitter(以下、ツイッター)は4月6日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )においてスマートフォン(スマホ)やタブレット向けの軽量版Webサービス「Twiter Lite」( https://mobile.twitter.com )を2017年4月6日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

Twiter LiteはWebブラウザーで利用するWeb版で、データ通信速度が遅かったり、利用料を抑えるためにデータ通信量を抑えたい場合に簡単にTwitterを利用できるスマートフォンやタブレット向けサービスです。Twitterの基本的な機能であるタイムライン閲覧やツイートの投稿、ダイレクトメッセージ(DM)、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知などに対応しています。

またデータ通信量が少なく、読込速度が早いため、動作が軽快なだけでなく、Webブラウザーで使うため、特定のユーザーやリスト、検索結果などのURLをブックマークしたり、ホーム画面に貼り付けたりすることですぐに閲覧できます。

もちろん、これらは公式Twitterアプリ以外のサードパーティー製Twitterアプリを利用すればできたりもしますが、より手軽にアプリを入れずに利用できるのでヘビーに使わないのであればこれで良いという人も多そうです。

そこで今回は、Twitter Liteの基本的な使い方やデータセーブ機能、特定のユーザーやリスト、検索結果などをホーム画面に貼り付けて素早く閲覧する方法を紹介したいと思います。

続きを読む