S-MAX

UI

iOS 11新機能:iPhoneやiPadで新しくなったコントロールセンターの使い方を紹介!一部アプリなどのショートカットが編集でき、1ページですっきり便利に【ハウツー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」のコントロールセンターを紹介!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回は新しくなった「コントロールセンター」について紹介したいと思います。

コントロールセンターはホーム画面で画面の下端から上に向かってスワイプ(なぞる)と現れるメニュー画面で、Wi-FiやBluetooth、画面回転などのオン・オフを切り替えるボタンや電卓やカメラなどのショートカットボタン、画面の明るさなどが変更できました。

これまでは一度コントロールセンターを表示してからさらに右にスワイプする複数ページ構成になっていましたが、これが1ページにまとめられてわかりやすくなったほか、ショートカットボタンに登録できる機能も増えました。またiPadではアプリ履歴(タスク切換)と一体化しています。

続きを読む

オクタコアCPUで約3万円のお買い得SIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」の使い勝手はどう?!便利な機能など気づいた点を紹介【レビュー】

P8liteの使いやすさをチェック

発売時から販売価格28.600円(税別)で買えるHuawei Technoloies製(以下、ファーウェイ)ミドルレンジクラスのSIMフリースマートフォン(スマホ) 「HUAWEI P8lite」(以下、P8lite)は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、1300万画素カメラを搭載した実用性の高いモデルだ。

これまでP8liteについて数回に分けてレビューしているが、前回のベンチマークテストの結果に続き、今回はP8liteを使って気付いた点をレポートしていきたいと思う。


続きを読む

タブレットPCの大本命となるか!?マイクロソフトのWindows 8搭載タブレット「Surface Pro」ーーハードウェアとWindows 8との相性をチェックした【レビュー】

Windows 8といえばタッチ操作!

日本マイクロソフトが6月7日から発売を開始した「Windows 8 Pro」搭載タブレットPC 「Surface Pro(サーフェス プロ)」。

3月に発売されたARMコアCPUに対応した「Window RT」搭載のタブレットPC「Surface RT(サーフェス アールティ)」と違い、Intel製のx86コアCPU「Core i5ー3317U」を搭載するというようにフルスペックのWindows 8を搭載したPCで、中身的にはごくごく普通のPCだ。

これまで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では外観編iPad比較編を公開してきたが、今回は、タブレットPCであるSurface Proと、タッチパネル操作に対応したWindows 8とのマッチング(相性)はどうだろうか?といったあたりをチェックしてみたので、紹介したいと思う。

続きを読む

KDDI、INFOBAR A02の特設ページを開設!動作紹介ムービーの公開や新しいiida UI 2.0をインタラクティブデモで体感可能

859e08fc.jpg

iida UI Virtual Touch!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは24日、この春に発売予定の新商品を発表する「INFOBAR発表会」を行い、ファッショナブルな色をまとったシンプルで精緻なデザインで、新しいUIと有機的で柔らかな操作感を実現したAndroidスマートフォン「INFOBAR A02」を2013年2月中旬以降に発売予定であることが発表されました。

INFOBAR A02は、デザインや操作感だけではなく、4.7インチHD(720×1280ドット)ディスプレイやクアッドコアCPU、高速データ通信サービス「4G LTE」、NFC( Near Field Communication)、ワンセグ視聴および録画機能、赤外線通信機能、防水(IPX5およびIPX7準拠)など、スペック的にも充実した内容となっています。

このINFOBAR A02の特徴でもある新しいユーザーインターフェース(UI)の「iida UI 2.0」をWeb上で体験できるように、auにて特設サイトが開設されています。

続きを読む

本当に同じプラットフォームなの……?Android端末の「断片化」について考える【コラム】

98b75f96.jpg

Android端末の品揃えが一番広いドコモ。それだけに「断片化」も…

「『素』のAndroidがいい」――文脈は様々ですが、よく聞く言葉です。

しかし、自分がこの言葉を聞く度にすごく疑問が湧くのです。そもそも、「素」のAndroidって何だろう、と。そんなのあるのかよ、と。

今回は、そんな疑問から、これまた時々聞くAndroidの「断片化」問題と併せて、あれこれ考えていこうと思います。

続きを読む

シャープ、スマホ向け独自UI「Feel UX」を改めて発表!海外向け端末への採用も検討

4030c780.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

シャープは18日、米国のデザイン会社frogと共同で、スマートフォン向けの独自のユーザーインターフェース「Feel UX」を開発したと発表しています。

国内向け「2012年夏モデル」の同社製スマートフォンに順次採用し、今後は海外向け端末への採用も検討してゆくとしています。

Feel UXは、初心者でも直感的に操作できるようにと設計されたユーザーインターフェースです。ディスプレイをONにした際にまずはじめに表示される画面を一般的に「ロック画面」といいますが、Feel UXでは「ウェルカムシート」と呼び、電話・メール・カメラなど使用頻度の高いアプリを直接起動できるのはもちろんのこと、5枚までの写真をフォトライブラリとして設定できたり、各種新着通知、時刻や天気、株価情報までここで表示出来るようになっており、より実用性の高いロック画面へと進化しています。

続きを読む

Androidマーケットの新しいデザインが来た!ドコモスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」で試した【レビュー】

新しいデザインになったandroidマーケットはどう?!

本日8月25日システムアップデートが予定されているNTTドコモのAQUOS PHONE SH-12Cですが、そのアップデートとは別に新しいデザインのマーケットアプリのアップデートが来ました。Androidマーケットの新しいユーザーインターフェース(UI)は、今年5月に行われた「Google I/O 2011」にて、Googleから発表があったもの。

アップデートは、国別やキャリア別、端末別の配信となっていますので、すでにアップデート済みの方や、まだアップデートが来てない方もいるかと思います。

今回はその新しいマーケット画面を、一足お先にチェックしてみましょう!

続きを読む

カラフルで見やすく、初心者にも優しく分かりやすい!「docomo Palette UI」を検証した【レビュー】

f4873937.jpg

見た目もキレイ♪

NTTドコモが2011年夏に発売する4機種に独自開発の「Palette UI」を搭載していますが、この「Palette UI」を使用するとAndroid初心者でも見やすく簡単に、増え続けるアプリケーションなどをカテゴリごとに分け、簡単にアクセスすることができるようになっています。

また、アプリケーションが増えすぎてどこに配置したのかが分からなくなったり、探すのに手間取ったりする場合もカテゴリ別に分けて一覧表示ができるのでアプリケーションの整理整頓も上手にできるようになります。

続きを読む

NTTドコモ独自開発のPalette UI搭載!Androidスマートフォン「MEDIAS WP N-06C」はアンイストールアプリいらず!?【レビュー】

562a1f59.jpg

Palette UIを使えばアンインストールアプリが不要に!?

NTTドコモが2011年夏に発売する4機種に独自開発の「Palette UI」を搭載しています。Palette UIを搭載したスマートフォンは、以下の4機種となります。

「MEDIAS WP N-06C」
「AQUOS PHONE f SH-13C」
「GALAXY SⅡ SC-02C」
「P-07C」

プリインストールされる「Palette UI」と通常のUIを切り替えて好みのUIで使用することができます。

Palette UIにすると通常とどう違うのかを見ていきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。