S-MAX

Ubuntu

Canonical、Windows 10用Linuxアプリ「Ubuntu」をMicrosoft ストアにてリリース!現在はInsider Preview Build 16215以降で利用可能で、近日中に「SUSE」や「Fedora」も配信予定


Microsoft ストアにて「Ubuntu」が配信開始!

Microsoftは10日(現地時間)、アプリ配信マーケット「Microsoft ストア」にてLinuxディストリビューションアプリ「Ubuntu」を配信開始しています。これにより、より簡単に「Bash on Ubuntu」が利用できるようになります。料金は無料。

なお、現時点では先行β版「Windows 10 Insider Preview」におけるBuild 16215以降にて利用可能となっており、今秋以降にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定です。

続きを読む

Ubuntu Phoneの開発が終了!Canonicalが次期Ubuntu 18.04にて独自開発のUnity 8からGNOMEに戻すと発表――コンバージェンスはニーズがないと判断


Ubuntu Phoneも終了に!

Canonicalは5日(現地時間)、同社がLinuxおよびDebian GNUをベースとして開発するオープンソースOS「Ubuntu(ウブントゥ)」においてスマートフォン(スマホ)やタブレット向けにタッチ操作を取り入れた「Ubuntu Phone/Ubuntu Touch」への投資を終了すると発表しています。

またUbuntu Phoneや複合端末などのために独自に開発していたデスクトップ環境「Unity 8」への投資も終了し、次期バージョン「Ubuntu 18.04」から再び以前の「GNOME」に標準のデスクトップ環境を戻すとのこと。

同社創業者のMark Shuttleworth氏は今後はIoTやクラウドに投資を集中させ、デスクトップ向けについても継続的に投資や開発を行なっていくことを強調しています。

続きを読む

bq、初の商用Ubuntuスマホ「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」を発表!数量限定ながら約2万2800円で欧州にて販売


Ubuntuスマホ「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」が登場!

スペインのbqは6日(現地時間)、LinuxおよびDebian GNUをベースとしたオープンソースOSの「Ubuntu(ウブントゥ)」を採用した世界初の商用スマートフォン(スマホ)として「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」を発表しています。

3G(W-CDMA)および2G(GSM)に対応したローからミドルレンジクラスのスペックとなっており、価格は169.9ユーロ(約22,800円)で、Webストアにて数量限定で販売されるということです。

続きを読む

MWC 2014:Ubuntuのスマホ向けがデモ展示!Meizuやbqが年内発売予定の試作機を参考出展【レポート】


Ubuntu on phonesのMWC 2014における展示を紹介!

スペインのバルセロナにて2014年2月24日(月)~27日(木)にかけて開催されていた世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014(MWC2014)」におけるCanonicalブースでは、LinuxおよびDebian GNUをベースとしたオープンソースOSの「Ubuntu(ウブントゥ)」のスマートフォン(スマホ)およびタブレット版の開発中デモを展示してました。

今回は、そんなMWC 2014のCanonicalブースにおけるUbuntuのスマホおよびタブレット版の様子を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。