S-MAX

Unihertz

超小型&タフネスなSIMフリースマホ「Unihertz Atom」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始!ヨドバシやビックカメラなどでも販売



Unihertzは9日(現地時間)、世界最小の4G対応タフネススマートフォン(スマホ)「Unihertz Atom」(型番:ATOM-01)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話ネットワークによるOTAで行えますが、更新ファイルサイズが約1.3GBと大きいのでWi-Fiが推奨されます。なお、今回の更新による主な変更点は以下の通りで、更新後のビルド番号は「Unihertz_Atom_20190808」、Androidセキュリティパッチレベルは「2019年5月5日」となります。

なお、Unihertz Atomはこれまで同社の公式Webサイトのほか、日本ではAmazon.co.jpでのみで販売されていましたが、7月30日よりヨドバシカメラやビックカメラグループなどでも販売開始され、ヨドバシ.comなどでも購入可能となっており、日本での販路を広げています。

1. Upgrade to Android 9.0
2. Update latest Google security patches
3. Optimize the audio effect


続きを読む

QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「Unihertz Titan」のクラウドファンディングが開始!2019年12月出荷で、日本向けに技適も取得予定


QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「Unihertz Titan」が登場!

Unihertz(ユニハーツ)は30日、同社のQWERTYキーボードを搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」を発表し、クラウドファンディングサービス「KickStarter」にて支援募集を2019年7月30日(火)に開始したと発表しています。

お届け予定は2019年12月より順次を予定し、支援は見返りがUnihertz Titanである最も優先的なSuper Early Bird(100人限定)が199ドル(約21,619円)、次のEarly Bird(200人限定)が219ドル(約23,792円)、その次のKickstater Special(1000人限定)が239ドル(約25,956円)、数量が限定されていないKickstarter Discountが259ドル(約28,138円)となっています。

またKickstater Specialには複数台のコースも用意されており、2台(500人限定)なら478ドル(約51,930円)、3台(500人限定)なら700ドル(約76,048円)、5台(500人限定)なら1,150ドル(約124,936円)、10台なら2,200ドル(約239,008円)、さらに見返りがない支援は Titan VIP Clubが10ドル(約1,086円)、Titan SVIP Clubが15ドル(約1,630円)。

それぞれ発送はアメリカおよび日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、中国となっており、送料は無料とのことで、出荷時までに日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得する予定であることが明らかにされています。なお、すでにSuper Early BirdおよびEarly Birdは終了しているほか、目標金額にも到達しています。

続きを読む

Unihertz、QWERTYキーボード搭載の次期スマホ「Titan」のクラウドファンディングを日本時間7月30日21時に開始!2GHzオクタコアCPUや6GB RAMなどのスペックも判明


QWERTYキーボード搭載の次期スマホ「Unihertz Titan」が7月30日にクラウドファンディングスタート!

既報通り、Unihertz(ユニハーツ)が同社のQWERTYキーボードを搭載した次期スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」を公開し、近くクラウドファンディングを実施するとしていましたが、新たに「KickStarter」にて米国東部夏時間(EDT)の2019年7月30日(火)8:00に支援募集を開始すると案内しています。

日本時間(JST)では7月30日21:00から。また一部のスペックを「BlackBerry Passport」と比較する形で公開しており、2GHzオクタコアCPUや6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、約1600万画素CMOSリアカメラ、約800万画素CMOSフロントカメラ、microSDカードスロット、Android 9.0(開発コード名:Pie)といった内容が判明しています。

続きを読む

Unihertzが次期スマホ「Titan」を公開!BlackBerryのような前面QWERTYキーボードを搭載し、防水・防塵・耐衝撃や大容量6000mAhバッテリーなど


Unihertzが次期スマホ「Titan」が近くクラウドファンディング開始へ!

Unihertz(ユニハーツ)は15日(現地時間)、同社の次期スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」を公開しています。Unihertz Titanは「BlackBerry」シリーズのような前面にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したタフネス&スタミナモデルとなっています。

近くクラウドファンディングで資金募集を開始すると見られ、最も早く出資するSuper Early Birdでは価格が199ドル(約21,000円)になるとのこと。また現在、Ogadgetにて先行して10ドル(約1,000円)を支払うとSuper Early Bird(199ドル)の枠を確保してくれる予約を実施しています。

続きを読む

2.45インチFWQVGA液晶搭載の世界最小タフネスSIMフリースマホ「Unihertz Atom」がAmazon.co.jpで正式販売開始!価格は約3万円でまずは数量限定


SIMフリーの超小型タフネススマホ「Unihertz Atom」が正式販売開始!

中国のベンチャーメーカーであるUnihertz(ユニハーツ)は24日(現地時間)、世界最小の4G対応タフネススマートフォン(スマホ)「Unihertz Atom」(型番:ATOM-01)を2018年12月23日(日)に正式販売開始したとお知らせしています。日本ではAmazon.co.jpで販売されており、まずは数量限定とのこと。価格は現時点では29,399円(税込)。

Unihertz Atomは今年6月にクラウドファウンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達を開始し、無事に目標金額を達成して今年9月末より順次出荷していました。同社の前機種「Jelly Pro」に続いて日本で利用するための法的な認証(いわゆる「技適マーク」)も取得済み。

資金調達中は正式販売における標準価格を299ドル(約33,000円)と案内していましたが、中国およびアメリカに出荷できる「Aliexpress」では259.99ドル(約29,000円)となっているほか、日本向けのAmazon.co.jpでもそう変わらない価格と当初より安くなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。