S-MAX

WWDC

Apple、WWDC 2017にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!iPhone 5s以降などで無償アップデート可能で、App Storeが刷新――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!

Appleは5日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」に合わせて基調講演「Apple Special Event June 5, 2017」( https://www.apple.com/apple-events/june-2017/ )を実施しました。

その中でスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 11」を発表し、開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今月後半から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 10とは異なり、iPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、アップデート料は無料となっています。

続きを読む

Apple、ペン入力に対応した新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9」を発表!A10X Fusionプロセッサーや120Hzディスプレイなどと性能向上ーーすでに予約開始、来週出荷予定


Appleが新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9」を発表!

Appleは5日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」にて基調講演「Apple Special Event June 5, 2017」( https://www.apple.com/apple-events/june-2017/ )を実施しました。

その中でペン入力「Apple Pencil」に対応した新しい約10.5インチ2224×1668ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載タブレット「iPad Pro 10.5」が発表されました。すでに公式Webストア「Apple Online Store」では予約販売が開始されており、来週出荷予定となっています。

価格は基調講演が行われたアメリカでは64GB内蔵ストレージを搭載したWi-Fiモデルの649ドル(約72,000円)からで、日本のApple StoreやApple Online StoreではWi-Fiモデルの64GBが69,800円、256GBが80,800円、512GBが102,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GBが84,800円、256GBが95,800円、512GBが117,800円。

また合わせて約12.9インチ2732×2048ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載の「iPad Pro 12.9」も第2世代としてリニューアルされ、iPad Pro 10.5と同様のチップセットなどに性能向上しています。これにより、既存のiPad Pro 9.7およびiPad Pro 12.9はApple Online Storeでは販売終了しています。

新しいiPad Pro 12.9の価格はアメリカではWi-Fiモデルの64GBで749ドル(約83,000円)からで、日本のApple StoreやApple Online StoreではWi-Fiモデルの64GBが86,800円、256GBが97,800円、512GBが119,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GBが101,800円、256GBが112,800円、512GBが134,800円(すべて税別)。なお、それぞれNTTドコモおよびau by KDDI、SoftBankの3社からも販売される見込み。

続きを読む

iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」などを発表へ!Apple、開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日にサンノゼで開催


Appleが開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日に実施!

Appleは16日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」をアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)まで開催するとお知らせしています。

参加するには抽選となっており、チケットの申込期間(PDT)が現地時間3月27日(月)10時から開始されます。日本時間(JST)では3月28日(火)2時から。

例年通りなら初日の6月5日に基調講演が実施され、iPhoneやiPadなど向けの「iOS 11」やパソコン向け「macOS 10.13」(ともにバージョン番号は仮)、watchOSやtvOSなどを含めた次期プラットフォームが発表されると見られます。

基調講演についても通例ならiOSやmacOSのWebブラウザー「Safari」、Apple TV、Windows 10のWebブラウザー「Microsoft Edge」などのほか、専用アプリでもライブ中継が実施される見込み。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてパソコン向け次期プラットフォーム「macOS Sierra」を発表!OS Xから改め、Siriやユニバーサルクリップボードなど――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


OS XはmacOSに!AppleがWWDC 2016で次期バージョン「10.12 Sierra」を発表

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、MacやMacBookなどのパソコン向けのプラットフォーム「macOS」の次期バージョン「macOS Sierra(10.12)」を発表しています。

これまで「OS X」として提供されてきたAppleのパソコン向けプラットフォームですが、他の「iOS」や「watchOS」、「tvOS」と合わせて"OS"の前に対象を小文字で付けるmacOSに名称を変更しました。

またバージョンは10.12になり、現在提供されている10.11.xの「OS X El Capitan」などと同様に北米西海岸の名称であるSierraが名称として付けられています。

mac OS Sierraの開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種は2009年以降のMacBookおよびiMac、2010年以降のMacBook AirおよびMacBook Pro、Mac mini、Mac Pro。アップデートの価格は無料。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 10」を発表!個人情報に基づいて予測する文字入力やSiriの開放など――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期スマホなど向けプラットフォーム「iOS 10」を発表!

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、スマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しています。

開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 9とは異なり、iPhone 4SやiPad 2、iPad 3、iPad mini、iPod touch(第5世代)が対象外となり、iPhone 5以降およびiPad 4・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計17機種。アップデートの価格は無料。

続きを読む

Apple、開発者向けイベント「WWDC 2016」を6月13〜17日にサンフランシスコで開催!音声検索サービス「Siri」が回答――公式Webサイトも更新で参加申込開始


Appleの開発者会議「WWDC 2016」は6月13〜17日にサンフランシスコで開催!

9to5Macは18日(現地時間)、Appleが毎年6月に開催している開発者向けイベント「WWDC」を今年は「WWDC 2016」が2016年6月13日(月)から17日(金)にサンフランシスコで開催することを伝えています。

これはiPhoneなどで利用できる音声検索サービス「Siri」に尋ねると答えてくれることで明らかになったもの。例年通りなら日本時間の翌日4月14日(火)未明からキーノートが行われると見られます。

また、Appleは18日(現地時間)、公式にWWDC 2016の開催を発表し、基調講演(キーノート)はキックオフイベントはビル・グラハム・シビックオーディトリウムで現地時間の6月13日10時、日本時間の6月14日2時から開催され、インターネット経由によるライブ中継も実施されます。

続きを読む

Apple、プログラミング言語「Swift 2」をオープンソース化!グラフィックAPI「Metal」のMac OS X対応なども


Appleが開発言語「Swift 2」をオープンソースに!

Apple(アップル)は8日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2015」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるモスコーンセンターウェストにて開催し、昨年のWWDC 2014で発表した新しいプログラミング言語「Swift」の最新バージョン「Swift 2」を提供し、さらにオープンソース化すると発表しています。

Swift 2ではモジュールをフルに最適化した場合に6〜7.5倍高速化するほか、各種言語仕様が追加されたり、コンパイル速度の短縮やプロトコルエクステンションの追加などが行われています。

また、同じく昨年のWWDC 2014で発表されたローレベルのグラフィックAPI「Metal」をこれまでのiOSに続き、Mac OS X 10.11 El Capitanにも対応するとしています。

続きを読む

Apple、WWDC 2015にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 9」を発表!画面分割機能や次の操作を予測する機能など――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期スマホなど向けプラットフォーム「iOS 9」を発表!

Apple(アップル)は8日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2015」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるモスコーンセンターウェストにて開催し、スマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 9」を発表しています。

開発者向けベータ版が同日6月8日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 8と同じで、iPhone 4S以降およびiPad 2以降、iPod touch(第5世代)の合計15機種。アップデートの価格は無料。

iOS 9では比較的マイナーチェンジという印象で、音声ナビゲーションサービス「Siri」の改善や次の操作を予測してナビゲーションしてくれる「Proactive Assistant」、新しい標準機能にノートアプリ「Notes」やニュースアプリ「News」が追加され、細かな改善としては効率化によるバッテリー駆動時間の延長などのさまざまな変更があるということです。

ただし、iPad AirやiPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3ではマルチタスクが強化され、特にiPad Air 2では画面分割機能が導入されます。

続きを読む

Apple、開発者向けイベント「WWDC 2015」を6月8〜12日にサンフランシスコで開催!チケット購入権の抽選は4月17日まで、価格は約19万円


Appleの開発者向けイベント「WWDC 2015」が6月8〜12日に開催!

Apple(アップル)が今年の開発者(デベロッパー)向けイベント「WWDC 2015」( https://developer.apple.com/wwdc/events/ )を2015年6月8日(月)から12日(金)にかけてアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるモスコーンセンターウェストにて開催すると案内しています。

WWDC 2015では1000人以上のAppleのエンジニアが100以上のセッションやハンズオンラボを実施するほか、優れたアプリとその開発者を表彰する「Apple Design Awards」の授賞式も行われる予定です。

参加するには4月17日(金)10時(現地時間)までに応募し、iOSおよびOX Xの開発者の中から抽選で購入権が配布され、当選した場合には1,599ドル(約19万円)でチケットを購入できます。当選連絡は4月20日(月)17時(現地時間)に連絡が来るとのこと。

なお、開発者は現地時間の4月14日(火)5時30分時点でiOS Developer Program、iOS Developer Enterprise Program、Mac Developer Programのいずれかのプログラムに登録している必要があります。

続きを読む

Apple、WWDC 2014にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 8」を発表!文字入力アプリ変更やファミリーシェア、健康・ホーム連携など――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


WWDC 2014にて「iOS 8」が発表!

Apple(アップル)は2日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2014」を米サンフランシスコにて開催し、基調講演(キーノート)にて同社のパソコン「Macシリーズ」向けプラットフォーム「Mac OS X」の次期バージョン「Mac OS X 10.10 Yosemite」およびスマートフォン「iPhoneシリーズ」やタブレット「iPadシリーズ」など向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 8」を発表しています。

それぞれ開発者向けベータ版は本日から提供開始され、ユーザー向け正式版は今秋に提供予定で、価格は無料。なお、Mac OS X 10.10 Yosemiteはさらに夏にベータ版が提供されるということです。

この他、新しい開発言語「Swift」やホーム機器連携「HomeKit」、健康支援機器連携「HealthKit」、ゲーム向けプラットフォーム「Metal」などと4000ものAPIを含む多数の開発者向けの内容が発表されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。