S-MAX

WWDC

AppleがARMベースの独自SoC搭載Macを年末までに投入!iOS・iPadOSアプリが動作し、2年で移行予定。次期macOSは「11.0 Big Sur」に


Appleが脱Intelへ!独自SoC「Apple Silicon」を搭載したパソコンを年内に発売

Appleは22日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社から開発者向けイベント「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」の基調講演「Apple Special Event
June 22, 2020」( https://www.apple.com/apple-events/june-2020/ )をオンライン中継にて開催しました。なお、WWDC 2020は現地時間(PDT)の2020年6月22日(月)から6月26日(金)までオンラインにて実施されます。

その中でパソコン「Mac」シリーズ向けのプラットフォーム「macOS」の次期バージョン「macOS Big Sur」を発表し、デザインを再設計したほかWebブラウザー「Safari」にはカスタマイズ可能なスタートページやエレガントに設計されたより強力なタブ、すばやく簡単な翻訳、新しいプライバシーレポートなどの新機能が追加されます。

開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種はMacBook(2015)以降およびMacBook Air(2013)以降、MacBook Pro(2013)以降、Mac mini(2014)以降、iMac(2014)以降、iMac Pro(2017)以降、Mac Pro(2013)以降にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

また噂されていたプロセッサーなどのチップセット(SoC)にこれまでのIntel製ではなくARMベースの自社製「Apple Silicon」を搭載したMacも発表され、まずは年内に出荷して約2年で期間を経て移行を完了する予定だとのこと。なお、今後数年間はIntel製SoCを搭載した製品へもmacOSの更新やサポートを継続するほか、新製品も発売する計画だとしています。

Apple Siliconを搭載したMacではすでにMicrosoftやAdobeなどのアプリが提供される予定で、その他にもiOSやiPadOS向けアプリがそのまま使えるほか、Rosetta 2を用いることで既存のmacOS向けアプリを実行でき、仮想化技術によってLinuxも実行可能だということです。

さらに開発者がApple Siliconを搭載したMacを使い始めるのを支援するために、ドキュメントやフォーラム、macOS Big SurおよびXcode 12のベータ版へのアクセス、Apple A12Z Bionicや16GB内蔵メモリー(RAM)、512GB内蔵ストレージ(SSD)を搭載したMac miniがセットになったDeveloper Transition Kit(DTK)が提供されます。DTKは最後に返却の必要がありますが、500ドル(約53,000円)で開発者向けWebページから申し込むことができます。

続きを読む

Apple、スマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」を発表!iPhone 6s以降とiPod touch(第7世代)で無料更新でき、正式版は今秋に


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」を発表!

Appleは22日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社から開発者向けイベント「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」の基調講演「Apple Special Event
June 22, 2020」( https://www.apple.com/apple-events/june-2020/ )をオンライン中継にて開催しました。なお、WWDC 2020は現地時間(PDT)の2020年6月22日(月)から6月26日(金)までオンラインにて実施されます。

その中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 14」を発表し、ホーム画面を刷新してアプリ一覧の導入やウィジェットの追加が可能になるほか、App Clipsを使ったアプリの検索と起動などが導入されます。

開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種はiOS 13と同様にiPhone 6sシリーズ以降およびiPod touch(第7世代)で16機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

続きを読む

Appleが次期「iPadOS 14」を発表!iPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iPadOS 14」を発表!

Appleは22日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社から開発者向けイベント「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」の基調講演「Apple Special Event
June 22, 2020」( https://www.apple.com/apple-events/june-2020/ )をオンライン中継にて開催しました。なお、WWDC 2020は現地時間(PDT)の2020年6月22日(月)から6月26日(金)までオンラインにて実施されます。

その中でタブレット「iPad」シリーズ向けのプラットフォーム「iPadOS」の次期バージョン「iPadOS 14」を発表し、同時に発表したスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」の機能にはもちろん対応するほか、さらにiPadOS 14ではiPadに適したデザインとなり、通話への対応やペン入力「Apple Pencil」による新機能で手書きノートをが使いやすくなったりしています。

iPadOS 14もiOS 14と同様に開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種は現行のiPadOS 13と同様にすべてのiPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降の15機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

続きを読む

Appleが開発者向けイベント「WWDC 2020」の詳細を案内!基調講演は日本時間6月23日2時から。iPhone向け次期iOS 14などを発表へ


Appleの開発者向けイベント「WWDC 2020」における基調講演などのスケジュールが案内!

Appleは11日(現地時間)、すでに現地時間(PDT)の6月22日(月)よりオンラインで開催されることが案内されている開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」についてスケジュールなどの詳細な内容を追加したと発表しています。なお、WWDC 2020はすべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では今年で31年目となる年次イベントであるWWDCを今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で史上初のオンラインのみで開催します。まずスペシャルイベントである基調講演は現地時間の6月22日10時から実施され、日本時間(JST)では6月23日(火)2時から。

基調講演はApple Parkから直接ストリーミング配信され、今年後半にAppleのすべてのプラットフォームにやってくるエキサイティングな新しいイノベーションとアップデートを紹介するということです。日本を含む中国以外では公式WebサイトやApple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeなどにて視聴可能。

続きを読む

Appleが6月22日より開発者向けイベント「WWDC 2020」をオンラインで開催!iPhone向け次期プラットフォーム「iOS 14」などを発表へ


Appleの年次イベント「WWDC 2020」が6月22日より開催!史上初のオンラインのみで実施

Appleは5日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」を2020年6月22日(月)よりオンラインのみで開催すると発表しています。すべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では年次イベントであるWWDCをすでに今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響でオンラインのみで開催することを案内していましたが、6月22日より実施されることが決定されました。今年で31年目となるWWDCですが、史上初のオンラインのみでの試みとなります。

WWDC 2020では同社が開発するiOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じてApple製品を愛用する世界中の人の生活を豊かにするアプリの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となると説明しています。

また同日(日本時間5月6日)から太平洋夏時間5月17日(日)23時59分(日本時間5月18日15時59分)までに世界中で開発に取り組んでいる学生を対象に「Swift Playground」で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集し、優秀作品には他では入手できないWWDC 2020ジャケットとピンバッジのセットをプレゼントします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。