S-MAX

WWDC2019

Apple、タブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!初代Airやmini 2・3は対象外に。第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがタブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!

既報通り、Appleは3日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて2019年6月3日(月)から6月7日(金)まで開催される開発者向けイベント「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」の基調講演を実施し、新たに同社のタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォームを「iPadOS」としてリリースすると発表しています。

これまではスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズとともにプラットフォーム「iOS」を搭載していたiPadシリーズですが、iPhoneなど向けの次期バージョン「iOS 13」に合わせて分離されます。

iPadOSはホームにウィジェットを追加できたり、USBメモリーやSDカードなどの外部ストレージに直接アクセスできたり、Webブラウザー「Safari」にてMacと同等のデスクトップクラスの表示ができたり、カスタムフォントを追加できたり、Apple Pencilの応答速度が20msから9msに短縮されたり、より複雑ながら覚えれば短縮できる操作方法が導入されたりします。

iOS 13と同様にすでに開発者向けベータ版が同日から提供開始されており、一般ユーザー向けベータ版が今月終わり頃から、正式版は今秋に提供予定。アップデート対象機種はiOS 12と比べると「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種です。

続きを読む

Apple、スマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 13」を発表!iPhone 5s・6・6 PlusやiPod touch(第6世代)は対象外に。iPhone 6s以降で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 13」を発表!

Appleは3日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州サンノゼにある「McEnery Convention Center」で2019年6月3日(月)から6月7日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」に合わせて基調講演「Apple Special Event. June 3, 2019.」( https://www.apple.com/apple-events/june-2019/ )を実施しました。

その中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 13」を発表し、より快適に使えるために高速化し、暗い色を基調として「ダークモード」の追加、自分の顔をアニ文字にできる「Memoji」の機能拡張、ストリートビューのような機能が追加される新しい「マップ」アプリなどが導入されます。

すでに開発者向けベータ版が同日から提供開始されており、一般ユーザー向けベータ版が今月終わり頃から、正式版は今秋に提供予定。アップデート対象機種はiOS 12と比べると「iPhone 5s」および「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPod touch(第6世代)」が対象外となり、iPhone 6sシリーズ以降で12機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

なお、iOS 13からはタブレット「iPad」シリーズ向けには新たなプラットフォーム「iPadOS」としてiOSから切り離されるため、別記事にてまとめたいと思います。iPadOSの対象機種はiOS 12と比べて「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種です。

続きを読む

Apple、開発者向けイベント「WWDC 2019」を6月3〜7日にサンノゼで開催!iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 13」などを発表へ。チケット抽選申込も開始


Appleが開発者向けイベント「WWDC 2019」を6月3〜7日に実施!

ppleは13日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC 2019)」をアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2019年6月3日(月)から6月7日(金)まで開催すると発表しています。

参加するには抽選となっており、抽選申込は公式Webページ( https://developer.apple.com/wwdc19/register/ )にてすでに始まっており、現地時間(PDT)では3月20日(水)17時まで、日本時間(JST)では3月21日(木)9時までで、当選後チケットを購入する流れとなります。チケットの価格は1599ドル(約179,000円)。

例年通りなら初日の6月3日に基調講演が実施され、iPhoneやiPadなど向けの「iOS 13」やパソコン向け「macOS 10.15」、「watchOS 6」、「tvOS 13」(ともにバージョン番号は仮)などを含めた次期プラットフォームが発表されると見られます。

なお、基調講演についても通例ならiOSやmacOSのWebブラウザー「Safari」、Apple TV、Windows 10のWebブラウザー「Microsoft Edge」などのほか、専用アプリでもライブ中継が実施される見込み。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。