docomoのモバルー「Wi-Fi STATION N-01J」が下り最大788Mbpsに!

NTTドコモは28日、今年3月に発売した「2016-2017冬春モデル」のうちの下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)に下り(受信時)最大788Mbpsに対応させるためなどのソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでFOMXおよびXi、無線LAN(Wi-Fi)、有線LANによるネットワーク経由(OTA)で行え、更新にかかる時間は約3分。主な変更点は以下の通り。なお、同社では機能追加のほか、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをするよう案内しています。

今回のアップデート内容
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
・受信時最大788Mbpsの高速通信機能に対応します。
・本体の電池残量低下時にメールやSMSでスマホなどにお知らせする機能に対応します。


続きを読む