S-MAX

Wi-Ho!

いよいよはじまった中国の4Gサービス!テレコムスクエアの「Wi-Ho!」でChina MobileのTD-LTEを試す【レポート】


今回利用したTD-LTE対応モバイルWi-Fiルーター「HUAWEI E5375」には中国移動のロゴマークが入っていた

世界最大の移動体通信事業者であり、中国において移動体通信事業を手掛ける「中国移動(China Mobile)」は2013年12月18日より中国が国策で推進する通信方式である「TD-LTE方式」を使用した4Gの商用サービスを開始した。

これまでは中国移動のTD-LTEを使うには、現地で契約するか特定の移動体通信事業者と契約して国際ローミングで利用するしかなかったが、テレコムスクエアが海外のレンタル通信サービス「Wi-Ho!」の新製品として2014年3月5日より中国移動のTD-LTEに対応したモバイルWi-Fiルーターを投入したため、手軽に中国移動のTD-LTEを使えるようになった。料金はこれまでの中国用のWi-Ho!と同じく700円/日に設定されている。

今回、中国を訪問する機会があり、さっそくWi-Ho!で中国移動のTD-LTEを試してきたので、そのレポートをお伝えする。

続きを読む

テレコムスクエア、簡単に料金の見積もりができるWi-Ho!ブランドサイトをオープン!新サイトオープンにあわせて台湾ワンコインキャンペーンを実施

db9dcd71.png
利用料金や在庫がサクッと調べられる新サイトがオープン!

テレコムスクエアは15日、同社が展開するモバイルWi-Fiルーターをレンタルするサービス「Wi-Ho!(ワイホー)」のコンシューマー向けブランドサイトを新たにオープンしたことを発表した。また、サイトオープンにあわせて、台湾向けのWi-Ho!を、1日500 円で提供するワンコインキャンペーンを実施する。

続きを読む

ロサンゼルス旅行でテレコムスクエアのレンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」を試す【レビュー】


海外旅行で“使える”モバイルWi-Fiルータ

海外旅行に行く際、現地での通信手段の確保をどうするか悩むところです。多くの方がドコモやau、ソフトバンクモバイルの各通信キャリアが提供している“海外パケット定額”を使うことと思いますが、最近メジャーになりつつあるのが、海外で利用できるモバイルWi-Fiルータをレンタルする手段です。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも、これまでに何回か海外での使用感などのレビューを紹介してきましたが、テレコムスクエアの「Wi-Ho!(ワイホー)」を、今回はアメリカ・ロサンゼルスで使ってみたいと思います。

続きを読む

テレコムスクエア、米国・欧州・豪州向けのレンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」の利用料金をシンプルに改定!1日単位の料金メニュー「デイリープラン」を値下げ

db9dcd71.png

米国・欧州・豪州向けの利用料金を改定!

テレコムスクエアは21日、米国・欧州・豪州用レンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!(ワイホー)」の料金改定を実施したことを発表した。従来のプランでは、デイリー(1 日)が1,200円/日、パック 7(7日間)およびパック 15(15日間)が1,000円/日、パック 30(30日間)が633円/日の4 種類が用意されていたが、今回の改定により、デイリー、パック7、パック15を全てデイリーに集約し、利用料金も1,000円/日に統一された。

パック 30においては、従来通りのままで、今後は集約されたデイリー料金とパック30料金の2種類となり、より分かりやすくシンプルな料金メニューへと改定されたことになる。

続きを読む

テレコムスクエア、アメリカとハワイ向けのレンタルモバイルWi-Fiルーター「スマートWi-Ho!」を期間限定で半額に!1日わずか500円/台でインターネットにつなぎ放題

e447c3f5.jpg

アメリカ、ハワイ向けのスマートWi-Ho!が大幅値下げに!

テレコムスクエアは16日、レンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!(ワイホー)」のうち、テザリング機能によりルーター代わりとしても使えるスマートフォンタイプの「スマート Wi-Ho!」において、2013年1月16日から2013年2月15日の1 カ月限定で、通常価格の1日1,000円/台を1日500円/台で提供することを発表した。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。