S-MAX

Windowsアプリ

Canonical、Windows 10用Linuxアプリ「Ubuntu」をMicrosoft ストアにてリリース!現在はInsider Preview Build 16215以降で利用可能で、近日中に「SUSE」や「Fedora」も配信予定


Microsoft ストアにて「Ubuntu」が配信開始!

Microsoftは10日(現地時間)、アプリ配信マーケット「Microsoft ストア」にてLinuxディストリビューションアプリ「Ubuntu」を配信開始しています。これにより、より簡単に「Bash on Ubuntu」が利用できるようになります。料金は無料。

なお、現時点では先行β版「Windows 10 Insider Preview」におけるBuild 16215以降にて利用可能となっており、今秋以降にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定です。

続きを読む

SkypeOutで海外のホテルの予約も可能に!旅行やビジネスなどに使えるマイクロソフトの「Skype翻訳」を写真と動画で紹介【レポート】


Skypeで音声によるリアルタイム翻訳が可能に!

日本マイクロソフトは7日、翻訳エンジン「Microsoft Translator」を活用した「Skype翻訳(Skype Translator)」のサービスを開始し、報道関係者向けに製品体験会を開催した。

Microsoft Translatorは、ブラウザー版やWindowsアプリのほか、Android版およびiOS版がリリースされている。ブラウザーやアプリを通して、音声やチャットによる日本語を対応する外国語へ、またはその逆への翻訳を可能としている。

そして、この機能を「Skype for Windows」およびブラウザー版、そしてWindows 10アプリの「Skype Preview for Windows 10」でも利用可能としている。これによってSkypeの会話やSkypeOutによる電話を通じて、翻訳機能が利用できる。今回はこのSkype翻訳について紹介していきたいと思う。

続きを読む

LINEアプリのパソコン(Windows・Mac)やChrome向けで新規登録が可能に!ただし、SMSが受信できる電話番号が必要


LINEがWindowsやMac OS Xなどのパソコン・タブレットで新規登録可能に!

LINE Corp.は29日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )におけるパソコン(WindowsおよびMac OS X)とChromeブラウザー向けのアプリにて新規登録が行えるようになったとお知らせしています。

それぞれ8月に入ってからアプリをバージョンアップしており、最新バージョンはWindows 8および10向けが5.3.0、Mac OS X向けが4.8.3、Chrome向けが1.4.4となっています。

続きを読む

Twitter、1回のツイートにおける文字数制限を緩和!140字のままながら画像添付や引用リツイートのURL、返信時のアカウント名などがカウント対象外に


Twitterが字数制限を緩和!140字はそのままに画像添付時のURLなどをカウント対象外に

Twitter(以下、ツイッター)は24日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において1回の投稿(ツイート)で制限されている字数を緩和すると発表しています。

緩和はこれまで通りに1回当たり140字以内であることは変わらないものの、返信ツイート時の宛先のほか、画像・動画添付時や引用リツイート(RT)時のURL(アドレス)などが字数制限のカウント対象外になるほか、自分のツイートをRTや引用RTできるようにするなどの仕様変更を今後数ヶ月に渡って順次行います。

続きを読む

意外と遊べる!マイクロソフトのLTE対応10.8インチWindowsタブレット「Surface 3」でSteamのアーケードゲームを遊んでみた【レビュー】

Surface 3でも遊べる本格ゲームはあるの?!

日本マイクロソフトから昨年6月に発売となった4G LTE対応タブレット「Surface 3」(Microsoft製)。搭載しているCPUはIntel Atomプロセッサーということで性能を心配していましたが、その後長らく使用している印象では1.6GHzクアッドコアCPU「Atom x7-Z8700」(バースト時最大2.4GHz)はグラフィックスの処理能力が高くサクサク動いています。とはいえ、OfficeアプリやWebブラウザーなどでの作業をターゲットとしたタブレットでもあるため、高画素の写真編集や動画編集後の出力、3Dゲームなどは重く感じてしまいます。

そんなこともあり、しばらくSurface 3でゲームをすることはありませんでしたが、先日紹介した 「ストリートファイター V」の発売記念イベントに行った際に、Windows版(Steamプラットフォーム)の「ウルトラストリートファイター IV」とシューティングゲーム「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」があることを思いだし、Surface 3にインストールしてみましたのでその動作を紹介したいと思います。

続きを読む

iPhone 6s・6s Plusなどのスマホの動画をWindowsやMacのパソコン用プロ向け無料ソフトで簡単に映画っぽくする方法の紹介【ハウツー】

無料で使えるプロ向けソフトで本格的な映像編集を

Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」は本格的な4K(3840×1920ドット)で動画撮影が可能です。また、以前から4K動画撮影可能だったAndroidスマホも対応機種がさらに増えてきました。せっかく撮った4K映像ですが、"そのまま"観るためには4Kテレビ(TV)が必要と言うこともあり、あまり実用性を感じてない人もいますよね。

そこで今回は、業務用のカメラや編集機を扱うBlackmagic DesignのWindowsやMacといったパソコン(PC)用ソフト「DaVinci Resolve 12」(以下、DaVinci Resolve)の無料版を使い、iPhone 6sなどの4K動画をTVやPCにちょうど良いフルHD(1920×1080ドット)に変換しつつ、このソフトの大きな特徴の「カラーグレーディング」機能を使って映画のような色合いに調整する方法を紹介します。

続きを読む

日本マイクロソフトがiPhoneやAndroidでも本格的に使える「Office 2016」を発表!Windows 10 Mobileでも動くの?【レポート】

iOSやAndroidでも使えるOffice 2016

日本マイクロソフトは29日、都内にてプレス向けイベント「Microsoft Office Press Conference」を開催し、9月23日より「Office 365」ユーザー向けに提供されているオフィスアプリケーション「Office 2016」についての説明が行われた。

Office 2016は、クラウドベース(Office 365)で提供され、WindowsはじめMac OS X、iOSやAndroidなどのマルチプラットフォームに対応する。新しいOfficeは特にクラウド(OneDrive)連携に力を入れており、グループでの編集やマルチプラットフォームでの閲覧・編集機能を特徴としている。

今回はこのOffice 2016の機能と、スマートフォン(スマホ)、タブレットなどのマルチプラットフォームについて紹介していく。

続きを読む

集英社、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」とその番外編などをスマホやパソコンなどで読めるアプリ「少年ジャンプ+」のWindows 10など向けを提供開始!ストアから利用可能


集英社が「少年ジャンプ+」アプリのWindows 10向けをリリース!

集英社がスマートフォン(スマホ)など向け漫画配信アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」のWindows 10など向けWindowsアプリを提供開始しています。すでにアプリ配信マーケット「Windows Store」にてダウンロード・インストールが可能。

利用料は基本無料で、一部コンテンツは別途有料課金制となっています。なお、現時点ではWindowsアプリはWebブラウザー版と同様にオフライン閲覧に非対応。

続きを読む

Google、1600万画素までの静止画と1080pまでの動画が無料で無制限に保存できるクラウドストレージサービス「Google フォト」のWindowsおよびMac向けアップロード用アプリを提供開始


Google フォトのPC用自動アップロードアプリが提供開始!

Google(グーグル)が提供開始した新しい写真・動画用クラウドストレージサービス「Google フォト」( https://photos.google.com )。

サービス提供開始とともにAndroidおよびiOS向けアプリ、そして、パソコン(PC)など向けWebサービスが提供されていますが、今回、新たにPC向けに写真や動画のアップロードを行なうアプリ「Google Photos Backup」が提供開始されています。

対応OSはWindowsおよびMac OS Xで、利用料は無料。アプリは公式Webページ( https://photos.google.com/apps )からすでにダウンロードできます。

続きを読む

Microsoft、滑らかなタイムラプス動画撮影ができるスマホなど向けアプリ「Hyperlapse」を提供開始!WindowsやAndroid向け――既存動画も短縮可能


Microsoftがスマホ等向けタイムラプスアプリをリリース!

Microsoft(マイクロソフト)は14日(現地時間)、時間を短縮した動画「タイムラプス」が撮影できるスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「Microsoft Hyperlapse Mobile」を提供開始したと発表しています。

対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上およびWindows Phone 8.1で、Windows 8.1および8、7向け「Microsoft Hyperlapse Pro」やMicrosoft Azure向け「Hyperlapse for Microsoft Azure Media Services」も提供されています。

なお、Android向けおよびWindows向けはベータ版となっており、Android向けについてはGoogle+の「Microsoft Hyperlapse Mobile for Android」( https://plus.google.com/u/1/communities/107281233348849000203 )に参加することでアプリ配信マーケット「Google Playストア」からダウンロードできます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。