S-MAX

Windowsパソコン

ユーザーの声を反映してキーボードの使い勝手を向上!ファーウェイのWindows 10搭載2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を写真と動画で紹介【レポート】


2in1タイプのWindowsタブレット「HUAWEI MateBook E」は9万2800円から!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、OSに「Windows 10」を搭載した2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を発売した。昨年発売した「HUAWEI MateBook」の後継となるモデルで、本体サイズやディスプレイ、重量などは同じ。

変更点は、CPUをインテルの第7世代Coreシリーズに刷新、これまで別売だったキーボードカバーを付属としている。カラーバリエーションは「シャンパンゴールド」と「チタニウムグレー」の2色。付属するキーボードカバーはシャンパンゴールドにはブラウン、チタニウムグレーにはブルーとなる。

従来モデルのCPUはインテルの第6世代Core m3-6Y30とCore m5-6Y54だったが、MateBook Eは第7世代のCore m3-7Y30とCore i5-7Y54となった。上位モデルはCore i5型番だが、実質的には第7世代のCore m5という位置付けとなり、パフォーマンス的に大きな変更はないとみて良いだろう。

Core i5モデルは8GB内蔵メモリー(RAM)と256GB内蔵ストレージ(SSD)、Core m3モデルには4GB RAMおよび128GB SSDと言う構成となる。なお、Core m3搭載モデルはファーウェイのECサイトのみの取り扱いとなる。

販売価格はマイクロソフト「Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」付きCore i5モデルが161,800円、Officeなしが133,800円、Core m3モデルが92,800円だ。アクセサリーとして「MateDock 2」が7,300円、「MatePen」が7,800円も発売される(価格はすべて税抜)。

今回は、4日開催された「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」のタッチ&トライ会場でMateBook Eに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。



続きを読む

好調のファーウェイがスマホの技術で作り上げたウルトラスリムノートPC「HUAWEI MateBook X」を写真と動画で紹介【レポート】


ウルトラスリムノートPC「HUAWEI MateBook X」は14万4800円から!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、ウルトラスリムノートブックPC「HUAWEI MateBook X」を発売した。A4サイズより小さい筐体に13インチアスペクト比3:2の13インチ狭額縁ディスプレイを搭載し、厚さ約12.5mm、重さ約1.05kgの薄型モバイル向けのクラムシェル型PCだ。

本体のバリエーションにはIntel Core i7+512GB SSDモデルとIntel Core i5+256GB SSDモデル、さらに「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」付きモデルがある。本体価格はCore i5・Officeなしモデルが144,800円、Office付きが172,800円、Core i7・Officeなしモデルが173,800円、Office付きが201,800円だ(すべて税抜)。

共通するスペックとして、8GB内蔵メモリー(RAM)、2160×1440ドットIPS液晶、USB Type-C端子×2、ヘッドフォン端子、約100万画素カメラ、指紋センサー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、Windows 10 Home 64ビットなど。また本体色は、Core i7モデルが「プレステージゴールド」、Core i5モデルには「Roseゴールド」、「スペースグレー」がある。

今回は4日に開催された「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」のタッチ&トライ会場でMateBook Xに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Microsoft、キーボードを取ってタブレットにもなる2in1なWindows 10搭載13.5インチ3K液晶ノートPC「Surface Book」の強化モデルを発表!GPU性能が2倍、バッテリーが30%増量に


Microsoftが2in1なWindows 10ノートPC「Surface Book」の強化版を発表!

Microsoftは26日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Microsoft Windows 10 event」を開催し、同社ブランドのパソコン(PC)「Surface」シリーズのラインナップに新しくノートPC「Surface Book i7」やディスプレイ一体型デスクトップPC「Surface Studio」を追加すると発表しています。

発表会ではWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」を2017年初頭にリリースすること、Creators Updateでは3DやVR(仮想現実)などの機能が強化されることなども案内されました。

このCreators Updateを十分に活用できる製品として前回紹介したSurface Studioとともに既存の「Surface Book」の強化版となるSurface Book i7が発売されます。

なお、発表会が行われたアメリカでは価格が2,399ドル(約251,000円)から、発売日は2016年11月10日を予定し、発表された10月26日から公式Webストア「Microsoft Store」などにて事前予約受付を開始しています。

続きを読む

Microsoft、28インチ4Kオーバー液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」を発表!画面を倒して使え、タッチ操作やペン「Surface Pen」、入力機器「Surface Dial」にも対応


Microsoftが液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」を発表!

Microsoftは26日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Microsoft Windows 10 event」を開催し、同社ブランドのパソコン(PC)「Surface」シリーズに新しくノートPC「Surface Book i7」やスタイリッシュなディスプレイ一体型デスクトップPC「Surface Studio」、そして、Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」などを発表しています。

今回は中でも同社としては新しいカテゴリーの製品となるSurface Studioについてまとめます。なお、Surface Studioの価格は発表会が行われたアメリカでは2,999ドル(約313,000円)からで、最上位モデルで4,199ドル(438,000円)。発表された10月26日から公式Webストア「Microsoft Store」などにて事前予約受付を開始しています。

続きを読む

恵安、Windowsタブレットの新ブランド「WiZ」を発表!まずは1万9800円の8インチ「KBM85-B」と2万9800円の10インチ2in1「KBM100K」の2モデルを発売


ゼロから始めるスマートフォン

恵安(KEIAN)は22日、新しいWindowsタブレットのブランド「WiZ」を発表しました。また、このWiZシリーズにおける最初の製品として約8.0インチタブレット「KBM85-B」および約10インチの2in1タブレット「KBM100K」を2016年7月25日に発売しています。

市場想定価格は、KBM85-Bが19,800円前後、KBM100Kが29,800円前後の見込みで、実際に販売されているAmazon.co.jpでも税込価格がKBM85-Bが19,800円KBM100Kが29,800円となっています。

続きを読む

価格は6万6800円からのバイオの新ノートPC!個性的なカラーリングの「VAIO C15」を写真と動画でチェック【レポート】

VAIOの新Cシリーズが発表!ノートPC「VAIO C15」を写真と動画でレビュー

今年7月1日で創立2周年を迎えたバイオ(以下、VAIO)は26日、都内にて「VAIO経営方針および新製品発表会」を開催し、新たなコンセプトのノートPC「VAIO C15」を2016年8月5日(金)より順次発売することを発表した。

同社のノートPCのラインナップには、クリエイター向けのハイエンドノートPC「Zライン」、ビジネスシーンで活躍する「Sライン」があり、中でも2015年は特に法人向けが好調だったとのこと。

今回発表となった「Cライン」は「Colorful(カラフル)」や「Casual(カジュアル)」の意味が込められ、これまで同社が取ってこなかったターゲットユーザーへの第一歩となる。

VAIO C15は自宅で主にインターネットやメール、SNSそしてOffice文書作成などをするユーザーに向けた15.5型ワイド液晶を搭載するエントリーモデル。細大の特徴は、ノートPCを欲しいと思っているユーザーが、「これ欲しい」と思えるデザインをコンセプトとしている。

市場は過去製品からの継続デザインのモデルや、アップル製品に似た製品が多い中で、VAIO C15は新たな切り口をめざす。今回はこの新VAIO C15を写真と動画で紹介していく。


続きを読む

コヴィア、3万円を切る低価格なWindows搭載の2in1タブレットノートPC「covia BREEZ Book W11」を8月上旬発売!Foxconn製造で必要最低限のスペックながら快適動作可能


ゼロから始めるスマートフォン

covia(コヴィア)は19日、OSにWindows 10 Homeを採用した低価格な10点マルチタッチ対応約の11.6インチフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶搭載2in1タブレットノートパソコン(PC)「BREEZ Book W11」を2016年8月上旬に発売すると発表しています。

価格は29,800円(税込)。すでに公式Webストア「FLEAZ DIRECT(Yahoo!ショッピング)」にて予約受付を実施しており、送料無料で発送時期は8月5日を予定しているということです。

続きを読む

ファーウェイがモバイルPC市場に参入!2in1で使えるわずか640gの12インチWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」を写真と動画で紹介【レポート】

01
菊川怜さんも浴衣姿で登壇したファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI MateBook」発表会を紹介!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は4日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、これまでのスマートフォン(スマホ)メーカーとしてのノウハウを活かしたスタイリッシュで軽量な2in1タブレットパソコン(PC)「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)を2016年7月15日(金)より発売することを発表した。

レッドオーシャンと化しているモバイルPC市場への参入について、ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 プロダクトソリューション統括部 本部長のコリン・コン氏は「ポータブルPCの生産性を高め、よりファッション性の優れたものにできないだろうか?モバイル通信分野での成功体験をポータブルPC分野に活用しユーザーに新しい製品を提供できないだろうか?」と考えたのだという。

そこで「グローバル市場で多様化されたスマートデバイスを提供し、消費者に受け入れられている。美しさにこだわった設計デザイン、さらに革新的な技術力に優れたオフィスの使用体験、これらをもってWindows PC業界に参入する。ファッション性とモビリティーを兼ね備え、ビジネスとエンターテイメントを融合し使いやすさを実現し新しいビジネススタイルを実現したい」と述べた。

この背景には、ビジネスとプライベートの利用シーンが入り交じり、ビジネスパーソンがモバイルPCに求めるものへの変化に対応することが必要であるとのことだった。今回はそんなスマホメーカーが作ったWindows PCであるMateBookを写真と動画で紹介していく。


続きを読む

ファーウェイ、指紋センサーなどを搭載した2in1なWindowsパソコン「HUAWEI MateBook」を7月15日より発売!価格は6万9800円から


ファーウェイがWindowsパソコン「HUAWEI MateBook」を7月15日より発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は4日、スマートフォン(スマホ)メーカーのノウハウを活かした新しいビジネスを生み出すスタイリッシュで軽量なHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製2in1型Windowsパソコン「HUAWEI MateBook」を2016年7月15日(金)より順次発売すると発表しています。市場想定売価は69,800円(税抜)から。

CPUタイプやメモリー、ストレージの異なる3つのモデルに加え、法人向けにMicrosoftのOS「Windows 10 Pro」搭載モデルを用意しております。2in1デバイスおよびWindows製品の投入はファーウェイでは初めての試みとなります。

販売拠点は公式Webストア「ファーウェイオンラインストア」のほか、イオンリテールおよびエディオン、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、NTT-X Store、ひかりTVショッピング、Caravan Yu、E-TREND、上新電機、ノジマ、ムラウチドットコムなど。

続きを読む

新生活オススメアイテム!格安スマホ並みの3万円台で買えるWindows 10モバイルノートPC「VivoBook E200HA」の外観をチェック【レビュー】

3万円台のモバイルノートPC

ASUS JAPANが3月4日発売した11.6インチ1366×768ドットディスプレイを搭載したWindows 10モバイルノートPC「VivoBook E200HA」(以下、E200HA)。直販Webストア「ASUS Shop」において販売価格34,800円(税別)という価格設定ながら、モバイルに最適な軽さ980gを実現した製品だ。

主なスペックとしてインテルAtom x5-Z8300および2GB DDR3L-1600内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ(eMMC)、外部ストレージ(microSDカード32GB付属)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、USB 3.0×1、USB 2.0×1、マイク/ヘッドホン・コンボジャック、microHDMI端子(タイプD)。サイズは幅286mm×奥行き193.3×高さ17.5mm。

今回はこのSIMフリースマホ並みの金額で購入できるE200HAの外観をチェックしていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。