S-MAX

Windows10スマートフォン

OTAまで我慢できない?マウスコンピューターの実店舗に行ってWindows Phone 8.1スマホ「MADOSMA Q501」をWindows 10 Mobileへアップグレードしてきた【レポート】

6c3fcff1.jpg
ひと足早く、お手持ちのMADOSMAを最新機へアップデート!ただし有償!

既報通り、マウスコンピューターが11月27日より今年6月に発売した既存のWindows Phone 8.1を搭載したSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「MADOSMA Q501」に対して同社(店舗または送付)に同機を預けて最新のWindows 10 MobileにOSバージョンアップを行える有償の「OSアップグレードサービス」を受付開始しています。

また、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)によるWindows 10 Mobileへのアップグレードは12月中を予定しているとのこと。筆者も当初はOTA配信を待っているつもりでしたが、12月も半ばにさしかかり一向に配信がされないことに業を煮やしたため、秋葉原のマウスコンピューターの実店舗へ直接出向いて、手動アップグレードサービスを依頼してきました。

そこで今回は、これから実店舗へ赴いてアップグレードを考えている人に向けて申し込みの手順を写真を交えてお送りします。なお、マウスコンピューターではW同一のハードウェアでWindows 10 Mobileをプリインストールした「MADOSMA Q501Q」もすでに販売開始しています。

続きを読む

マウスコンピューター、Windows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q501A」を発表!既存の「MADOSMA Q501」にもWindows 10 MobileへのOSバージョンアップを提供予定


MADOSMA Q501がWindows 10 Mobileに!

マウスコンピューターは9日、Microsoftが開発を進める次期スマートフォン(スマホ)など向けOS「Windows 10 Mobile」を採用したSIMフリースマホ「MADOSMA Q501A」を発表しています。2015年内に出荷を予定し、価格はオープンで、ハードウェアは既存のWindows Phone 8.1を採用した「MADOSMA Q501」と同等。

また、MADOSMA Q501にもWindows 10 MobileへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新(OTA)を無償で提供するほか、ソフトウェア更新は引き取って行ってもらう有償サービスも提供し、価格は3,000円(送料別)で2015年内に受付を開始し、作業完了後順次返却予定となっています。

続きを読む

Microsoft、Windows 10 Mobileスマホ「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」を発表!WQHD有機ELや水冷システムなどを搭載したハイエンドモデル――ミドルレンジ「Lumia 550」も


MicrosoftがWindows 10 Mobileスマホ「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」、「Lumia 550」を発表!

Microsoftは6日(現地時間)、同社が開発する最新OS「Windows 10」を搭載した「新製品発表会」を開催し、Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォン(スマホ)「Lumia 950」および「Lumia 950 XL」、「Lumia 550」を発表しています。

Lumia 950およびLumia 950 XLはWQHD(1440×2560ドット)有機EL「ClearBlack」ディスプレイを搭載したハイエンドモデルで、画面サイズはLumia 950が約5.2インチ(約564ppi)、Lumia 950 XLが約5.7インチ(約518ppi)、Lumia 550は約4.7インチHD(720×1280ドット)液晶(約315ppi)を搭載したミドルレンジモデルです。

それぞれチップセットもQualcomm製で、Lumia 950がSnapdragon 808 MSM8992、Lumia 950 XLがSnapdragon 810 MSM8994、Lumia 550がSnapdragon 210 MSM8909を搭載し、64bit対応となっています。Lumia 950とLumia 950 XLは水冷式の冷却システムをチップセットに装着されています。

価格は発表会が行われたアメリカ(米国)ではLumia 950が549ドル(約66,000円)、Lumia 950 XLが649ドル(約78,000円)、Lumia 550が139ドル(約17,000円)。発売時期はLumia 950とLumia 950 XLが特定の国・地域で11月から、Lumia 550がヨーロッパ(欧州)にて12月から販売されるということです。

また、Windows 10 MobileスマホをHDMI端子のあるテレビやモニターなどに接続して、ワイヤレスキーボードなどを用いてデスクトップパソコンのように使う「Continuum」を利用できるようにする「Microsoft Display Dock」なども発表されました。

続きを読む

Acer、約5.5インチディスプレイ搭載Windows 10 Mobileスマホ「Jade Primo」を披露!モニターやキーボードを接続してデスクトップPCのように使える「Continuum」に初対応


Windows 10 Continuumに対応したスマホ「Acer Jade Primo」を披露!

Acerは2日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2015年9月4日(金)から9月9日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2015」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Microsoftが開発している次期スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Windows 10 Mobile」の新機能「Continuum」に対応した約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)有機ELディスプレイ搭載スマホ「Acer Jade Primo」を披露しています。

ContinuumはWindows 10 Mobileを採用したスマホやタブレットにモニターやキーボード、マウスなどを接続することで、デスクトップパソコン(PC)のように使える機能で、今年4月に開催された開発者向けイベント「Build 2015」にてMicrosoftから発表されていましたが、Acerでは初の対応機種となります。

続きを読む

BungBungame、Android 5.1 LollipopとWindows 10 Mobileが動作するミドルレンジスマホ「WOLF 2」を展示!Windows版を日本に投入か――台湾メディアが伝える


BungBungameのWindows 10 Mobileスマホ「WOLF 2」が日本で登場か!?

BungBungameは2日(現地時間)、台湾・台北にて2015年6月2日(火)から開催されるIT関連展示会「COMPUTEX 2015」にてAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)とWindows 10 Mobileが動作する約5.0インチHD(720×1280ドット)Super AMOLEDディスプレイを搭載したミドルレンジスマホ「WOLF 2」を展示したとお知らせしています。

台湾のWebメディア「ePrice」がAndroid 5.1 Lollipop搭載モデルを台湾に、Windows 10 Mobile搭載モデルを日本に投入すると伝えているほか、日本語カタログも用意されているということで、BungBungameは日本でも製品販売の実績があるため、また新たなWindowsスマホが登場する可能性が出てきました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。