Android向けマルウェア「WireX」を複数企業が協力して封じ込めに成功!

複数のCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とコンテンツプロバイダーがAndroid搭載製品を踏み台にする「WireX」と呼ばれる“ボットネット”(攻撃者がウイルスなどを利用して不正に乗っ取ったデバイスから一斉にDDoS攻撃を仕掛けるもの)から大規模な攻撃を受けたと2017年8月17日に報告しました。

その後、攻撃を受けてから11日経った2017年8月28日に、flashpointやAkamai、CloudFlare、RiskIQが同時にこのWireXを封じ込めることに成功したと発表しました。

WireXはAndroidのアプリ配信マーケット「Google Playストア」で配布されていた約300本のアプリに仕込まれており、これらの企業やGoogle、Oracle、Team Cymnなどに所属する研究者が協力して対応に当たり、素早く解決に至ったということです。

続きを読む