S-MAX

X06HTII

Androidスマートフォン向け「SoftBankメール」がバージョンアップ!~アップデートしてみた編~【Androidアプリ】

094e6839.jpg

SoftBankメールがバージョンアップ!フォルダ分けにも対応!

ソフトバンクは2/2(水)にAndroid搭載スマートフォン向けのメールアプリ「SoftBankメール」を3月中旬予定にバージョンアップすると告知していたが、予定時期よりわずかに遅れ3/30(水)からバージョン2.0のアプリをリリースした。

しかし、一部利用者において2.0にアップデートした際、アップデート前のメールが表示されない事象が発覚しその点を解消したバージョン2.0.1が4/6(水)にリリースされた。今回は導入編として、実際にアップデートしたバージョン2.0.1の「SoftBankメール」のインストール手順などを紹介する。

続きを読む

イー・モバイルのHTC Aria(S31HT)向け「EMnetメール(トライアル版)」アプリをソフトバンクのHTC Desire(X06HT)で試した!【レビュー】

764ff664.jpg

EMnetメール(トライアル版)を試した!

イー・モバイルは3/10(木)より、「HTC Aria(S31HT)」(以下、Aria)向けにシステムソフトウェアの更新およびEMnetメールアプリトライアル版の提供を開始した。

EMnetメールとは、イー・モバイルが音声端末向けに提供している「~@emnet.ne.jp」ドメインのメールサービスで、これまでAriaで利用することはできなかった。今回のソフトウェア更新と対応アプリの提供により、イー・モバイルのEMnet対応端末からAriaに機種変更した場合においてもEMnetメールを引き続き利用できるようになった。

続きを読む

HTC Nippon、ソフトバンク向け「Desire X06HT/X06HTII」「Desire HD 001HT」をAndroid 2.3にアップデートへ

34d0b414.jpg

DesireシリーズにGingerbreadが来る!

HTC Nipponは、1日、今年1月に米国・ラスベガスで行われた「CES 2011」および2月にスペイン・バルセロナで行われた「Mobile World Congress 2011(MWC 2011)」で発表した海外向けの新製品についての国内向けプレス説明会を開催しました。

この中で、プレゼンテーションを行ったHTC CPO(最高製品責任者)の小寺康司氏は、日本でソフトバンクモバイルから発売されている「HTC Desire X06HT/X06HTII」および「HTC Desire HD 001HT」について、「通信事業者(ソフトバンクモバイル)の認定を受け、Android 2.3 (Ginberbread)へのバージョンアップを行う」と説明していました。

続きを読む

何気に便利?HTC Desire X06HT/X06HT IIをUSIMカードなしで利用してみよう【ハウツー】

24f48edf.jpg

X06HTとフィーチャーフォンの同時利用!

今回は、昨年発売された国内初のAndroid 2.2 (Froyo)を搭載したソフトバンクモバイル向けスマートフォン「HTC Desire X06HT/X06HT II」をUSIMカードを抜いた状態で運用してみようと思います。

で、なんでそんな内容かと言いますと……いくつか理由があります。

1) X06HT/X06HT IIは有効なUSIMカードが挿入されていないと利用ができない
2) X06HT/X06HT IIで利用されているUSIMカードはフィーチャーフォンでも利用できる通称”銀SIM”
(それ以外のAndroidスマートフォンは専用USIMとなり、フィーチャーフォンに挿入しても無効)
3) ソフトバンクモバイルのフィーチャーフォンは有効なUSIMカードが挿入されていないと利用できない

と、このような感じだったります。では、USIMなしで利用する方法はどうするのでしょうか?その辺りも含めて紹介していきます。

続きを読む

Android搭載のスマートフォンで行う文字入力方法の設定【ハウツー】


Android搭載のスマートフォンで文字入力方法の設定/変更をしてみよう

Android搭載のスマートフォンでは、現状で他の一般的な携帯電話やiPhoneではできない機能の一つとして"文字入力方法の変更"が可能だ。ダウンロード辞書やユーザー辞書のことではなく、そもそもの文字を入力するソフトウェアキーボード自体を自由に変更できるのは、Android端末の大きな魅力の一つだろう。

一言で文字入力のしやすさと言っても、それまで利用してきた端末や環境によって非常に個人差がある。自分好みのキーボードを見つけて、より快適に文字入力できるよう、今回は文字入力方法の変更や設定を紹介する。なお、基本的にフルタッチパネルを採用したスマートフォンを想定した解説のため、IS01LYNX SH-10Bなどの物理的なキーボードを搭載したスマートフォンでは大きく異なる点を留意してほしい。

【ご 注 意】
・端末によって画面表示や項目の表記などは異なる場合があります。
・紹介する内容はAndroidや利用するアプリなどのバージョンアップに伴い仕様が変更される可能性があります。
上記の点について、あらかじめご了承ください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。