S-MAX

XboxOne

日本マイクロソフトがXbox OneとWindows 10向け新作ゲームタイトルを発表!ロックマンでお馴染みの稲船敬二氏が新作「ReCore」を語る【レポート】

9月15日発売の新作タイトルは稲船氏とメトロイドプライムの開発陣による期待作!

日本マイクロソフトは12日、東京・品川の本社オフィスにて「Xbox Showcase」プレスセッションを開催し、今秋から年末にかけて発売予定の「Xbox One」および「Windows 10」搭載パソコン(PC)向けのゲームタイトルを披露した。

Xbox Showcaseは9月15日から開催される「東京ゲームショウ2016」への出展を見送っている同社が、新作ゲームタイトルに触れる機会を設けるためのもの。今回、プレスセッションとは別にXboxアンバサダー50名を招待するイベントも開催。その模様はニコニコ生放送で「INSIDE Xbox」として生配信された。

新作ゲームタイトルのほか、2016年内の発売を予定している4K Ultra HD Blu-ray対応の「Xbox One S」や2017年発売予定の「Project Scorpio」について紹介を行ったが、両製品とも具体的な発売日は未定としている。

今回はこういったMicrosoftのゲームへの取り組みと2016年9月15日(木)に発売される「ReCore」について紹介していく。

続きを読む

日本マイクロソフトがWindows 10とXbox Oneのクロスプラットフォームを強化!新作ゲームをXbox Oneと同時発売【レポート】

Windows 10ゲーミングに新たな展開!

日本マイクロソフトは4日、都内にて「Windows 10 による新しいゲーム体験プレスセミナー」を開催し、Microsoftが開発するパソコン(PC)など向けプラットフォーム「Windows 10」が「Xbox One」とのクロスプレイをはじめとするゲームラインナップの拡充をしていくと発表した。

また、Xbox One版とWindows 10版が4月7日に初の同時発売となる「QUANTUM BREAK」のデモンストレーションが行われた。時間を操ることができる主人公による3Dグラフィックスと一部実写映像からなるアクションゲームで、Xbox OneではフルHD(1920×1080ドット)の表示となるがWindows 10版ではハードウェアの要件を満たしていれば、4K(3840×2160ドット)60fpsの出力に対応する。

その他、Windows版でも人気の「Minecraft」をOculusのVRヘッドセットに今春対応させるなど新しい取り組みもして行く。今回はこのWindows 10ゲーミングについて紹介していく。

続きを読む

Xbox Oneのゲームストリーミングにも対応したWindows 10の機能を体験!日本マイクロソフトが秋葉原で「Windows 10 GAME DAY」を開催【レポート】

ノートPCでもXbox Oneのゲームを楽しめる!

日本マイクロソフトは11月27日(金)と28日(土)の2日間、東京・秋葉原のUDXアキバ広場で「Windows 10 GAME DAY」を開催している。このイベントは高性能化したCPUやGPUがもたらすWindows 10のゲーミング性能を最新のゲーミングPCで体験できるというもの。

ゲームコンソールの「Xbox One」も、アップデートによってWindows 10版「Xbox」と同じUI(ユーザーインターフェイス)を持つWindows 10デバイスのひとつとなった。これによって、Windows 10は7インチ以下のWindows 10 MobileからXbox Oneまでのさまざまなデバイスが統一されたUIと、機器間の接続、クラウド連携を可能としている。

そこで、今回はWindows 10でゲームを存分に楽しめるWindows 10 GAME DAYイベントの模様を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。