S-MAX

Xperia5

ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia 5」を写真と動画で紹介!超縦長画面が持ちやすい6.1型に。ドコモは11月1日、auとSoftBankは10月25日に発売【レポート】


ちょうど良いサイズのシネマワイドディスプレイ搭載の高性能スマホ「Xperia 5」を写真と動画でチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5」がいよいよ日本でも10月25日(金)から順次販売開始される予定だ。日本ではau向け「Xperia 5 SOV41」とSoftBank向け「Xperia 5 901SO」が10月25日、NTTドコモ向け「Xperia 5 SO-01M」が11月1日(金)に発売となる。

各社ともに日本向けはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、内蔵ストレージは64GB、バッテリー容量は3000mAhとなっており、本体カラーはNTTドコモとauではブラックおよびグレー、ブルー、レッドの4色だが、SoftBankのみブラックは取り扱わずグレーおよびブルー、レッドの3色展開となる。

またすでにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店のほか、公式Webショップ「ドコモオンラインショップ」やau Online Shop」、ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されている。価格(税込)はそれぞれの公式Webショップや直営店ではNTTドコモが87,912円、auが90,720円、SoftBankが116,160円だ。

さらに各社ともにNTTドコモの「スマホおかえしプログラム」やauの「アップグレードプログラムDX」、SoftBankの「トクするサポート」といった代物弁済施策の対象となっており、スマホおかえしプログラムでは最大3分の1、アップグレードプログラムDXとトクするサポートでは最大2分の1の割賦金が免除される。なお、アップグレードプログラムDXとトクするサポートは別途利用料として月額390円(不課税)が24ヶ月分かかる。

Xperia 5は今年6月に発売された「Xperia 1」の機能をほぼそのままに、画面サイズを6.5インチからより持ちやすい6.1インチに変更した「Xperia」シリーズの最新のバリエーションモデルと言う位置付けである。今回はそんなXperia 5についてNTTドコモが10月11日に実施した発表会にてタッチ&トライを行ってきたので写真と動画で紹介していく。なお、基本的に紹介する内容はau版とソフトバンク版にも搭載されているので参考にして欲しい。

続きを読む

au向け新フラッグシップスマホ「Xperia 5 SOV41」が10月25日に発表!予約受付中で価格は9万720円で、アップグレードプログラムDXなら実質5万4720円から


auスマホ「Xperia 5 SOV41」が10月25日発売!予約受付中で詳細な価格も案内

KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」のうちの約6.0インチシネマワイドディスプレイを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5(型番:SOV41)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年10月25日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopや直営店では本体価格90,720円(1,890円/月×48回)で、48回払いで購入して25ヶ月目以降に返却して次へ機種変更を行うと最大24回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムDX」の対象となっています。

アップグレードプログラムDXを25ヶ月目で適用した場合の加実質負担額はプログラムの月額利用料390円(不課税)を加えて2,280円/月×24回(総額54,720円)からとなります。なお、アップグレードプログラムDXは10月31日(木)で新規加入が終了となり、11月1日(金)からは36回払いで購入して13ヶ月目以降に返却すると最大12回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムNX」に変更されます。

続きを読む

SoftBank向け「2019-2020年秋冬モデル」が発表!Pixel 4・4 XLやXperia 5、LG G8X ThinQ、AQUOS zero2・sense3 plus、キッズフォン2など


SoftBank向け「2019-2020年秋冬モデル」が発表!Xperiaや2画面スマホなどがラインナップ

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019-2020年秋冬モデル」として4機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のフィーチャーフォン(ケータイ)を発表しました。また前日の10月16日に取り扱うことを発表したGoogleのAndroidスマホ「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」を含めた7機種を10月24日(木)より順次発売します。

発表されたのはスマホでは「Xperia 5」および「LG G8X ThinQ」、「AQUOS zero2」、「AQUOS sense3 plus」、ケータイでは「キッズフォン2」となっており、Pixel 4とPixel 4 XLが10月24日、Xperia 5が10月25日(金)に発売され、これらの3機種はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施しています。

また価格はソフトバンクオンラインショップや直営店における本体価格(税込)はの64GBが87,840円、128GBが101,760円、Pixel 4 XLの64GBが114,240円、128GBが126,720円、Xperia 5が116,160円で、それぞれ48回払いで購入した場合には25ヶ月目以降に返却して次の製品を購入すると、24ヶ月分の割賦代金が免除される「トクするサポート」(月額390円/不課税)の対象となっています。

その他の製品の価格は現時点では未定で、後日案内予定。またソフトバンク傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を各メーカーが実施し、Xperia 5やLG G8X ThinQなどを購入して専用Webページから応募すると5,000円分のPayPayボーナスがプレゼントされます。

一方、Pixel 4とPixel 4 XLを購入するとGoogle Play ギフトコードが5,000円分もらえるキャンペーンのほか、Googleのメンバーシップサービス「Google One」および「YouTube Premium」を3カ月間無料で使える特典も利用することができるということです。その他、法人向けに「AQUOS sense3 basic」と「arrows BZ01」、「DIGNO BX」も販売するとのことです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia 5」を発表!10月25日発売、10月18日予約開始で価格は11万6160円に。トクするサポート対象


SoftBankスマホ「Xperia 5」が登場!10月25日発売、10月18日予約開始

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年秋冬モデル」として約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機ELディスプレイを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売日は2019年10月25日(金)で、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて10月18日(金)10時より事前予約受付を開始します。価格はソフトバンクオンラインショップや直営店では本体価格が116,160円(税込)で、トクするサポートの対象となっています。

またソフトバンク傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/sb_paypay_xperia5/ )をソニーモバイルコミュニケーションズが実施し、SoftBankのXperia 5を購入してプリインストールされているアプリ「Xperia Lounge Japan」から専用Webページにて応募すると5,000円分のPayPayボーナスがプレゼントされます。購入期間は11月30日(土)まで、応募期間は12月8日(日)まで。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:恐竜的進化から多様化へ!スマートフォンの「突然変異」に見るテクノロジーの成熟とその変化の必然性について考える【コラム】


スマホの進化の多様化について考えてみた!

10月に入ってiPhoneフィーバーは一段落したものの、休む間もなく賑やかなのがスマートフォン(スマホ)界隈の毎年です。

7日にはソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの「2019年秋冬モデル」を発表し、さらに10日にはKDDIが、11日にはNTTドコモが次々と新端末の発表を行いました。このコラムが掲載された後の15日には、UQ mobileによる発表も控えています。

スマホが性能的な成熟期を迎えたと言われていたのが2015年前後。あれから4~5年間のスマホの進化は主に機能面に集中しており、限られた筐体サイズにどれだけ大画面を搭載できるか、どれだけ画質の良いカメラ(もしくは高い撮影性能)を搭載できるのかを競ってきた感があります。

しかし先月末から今月にかけて発表された通信キャリア(ブランド)各社のラインナップや端末メーカーのリーク情報などをかき集めてみると、そこにはこれまでと違った新しい進化の流れを見ることができるように思います。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は機能面の強化から脱して新たな進化を模索し始めたスマホ業界の「今」を追いかけ、その変化の必然性について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。