S-MAX

Xperia8

UQモバイル初のエクスペリアスマホ「Xperia 8」が10月25日発売!価格は本体代5万5440円。SIMフリーで本体カラーはホワイトとブラックのみ


UQ mobileからXperia 8が10月25日発売!価格は5万5440円に

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は23日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )における「2019年秋冬モデル」のうちの約6.0インチシネマワイドディスプレイ搭載のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Xperia 8(型番:SOV42)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年10月25日(金)より順次発売すると発表しています。

販路はUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店頭および公式Webストア「UQオンラインショップ」などとなっており、UQ mobile取扱店舗では10月25日より順次、UQオンラインショップでは10月25日9:00より販売開始します。なお、UQ mobileのXperia 8は仕様はau版と同じものの、購入時からSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となっています。

価格(税込)はUQオンラインショップにおいては各プランともに同じで本体価格が新規契約なら55,440円(分割なら2,310円/月×24回または1,540円/月×36回でともに総額は一括払いと同じ)、機種変更なら11,880円割り引かれて43,560円(分割なら1,815円/月×24回または1,210円/月×36回でともに総額は一括払いと同じ)、他社から乗り換え(MNP)なら19,800円割り引かれて35,640円(分割なら1,485円/月×24回または990円/月×36回でともに総額は一括払いと同じ)とのこと。

続きを読む

au向けスマホ「Xperia 8 SOV42」が10月25日に発表!予約受付中で価格は5万9040円で、アップグレードプログラムDXなら実質3万8880円から


auスマホ「Xperia 8 SOV42」が10月25日発売!予約受付中で詳細な価格も案内

KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」のうちの約6.0インチシネマワイドディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Xperia 8(型番:SOV42)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年10月25日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopや直営店では本体価格59,040円(1,230円/月×48回)で、48回払いで購入して25ヶ月目以降に返却して次へ機種変更を行うと最大24回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムDX」の対象となっています。

アップグレードプログラムDXを25ヶ月目で適用した場合の加実質負担額はプログラムの月額利用料390円(不課税)を加えて1,620円/月×24回(総額38,880円)からとなります。なお、アップグレードプログラムDXは10月31日(木)で新規加入が終了となり、11月1日(木)からは36回払いで購入して13ヶ月目以降に返却すると最大12回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムNX」に変更されます。

またauのXperia 8 SOV42からクラウドストレージサービス「Google One」を新規契約した人は100GBのストレージプラン(月額250円)が6ヶ月無料になるキャンペーンをGoogle Asia Pacificが発売日から2020年12月31日(木)まで実施します。その他、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からXperia 8用のカバーやケース、保護ガラスといった定番アイテムが順次発売されます。

続きを読む

ワイモバイル初のエクスペリアスマホ「Xperia 8」が10月25日発売!予約受付中で価格は本体代5万4千円のところキャンペーンで3万5784円からに


Y!mobileスマホ「Xperia 8」が10月25日発売!現在予約受付中

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」における約6.0インチシネマワイドディスプレイ搭載のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Xperia 8」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年10月25日(金)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立って新規契約および機種変更では10月9日より、他社から乗り換え(MNP)では10月18日より事前予約受付を開始しており、価格(金額はすべて税込)はすでに紹介しているように公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」では本体価格54,000円のところをキャンペーンで新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら▲18,216円、機種変更なら▲7,128円が割り引かれて35,784円からとなっています。

また2020年2月29日(土)までにワイモバイルのXperia 8を購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )をソニーモバイルコミュニケーションズが実施します。

さらにワイモバイルで購入したXperia 8を使ってキャンペーンWEbページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/ym_xperia8/ )にて応募した人の中から抽選で8888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たる「ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン」を発売日から2020年1月31日(金)までソニーモバイルコミュニケーションズが実施します。

その他、SB C&Sは公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」にてXperia 8向けの「RILEGA Stand Flip for Xperia 8(ブラック・レッド)」(3,456円)および「耐衝撃ハイブリッドケース for Xperia 8」(2,448円)、「リ・クレイン極強保護ガラス for Xperia 8」(5,760円)、「極薄保護ガラス for Xperia 8」(3,456円)といった4つの周辺機器を10月25日に発売します。

続きを読む

UQモバイルが「2019年秋冬モデル」を発表!Xperia 8およびOPPO A5 2020、AQUOS sense3、Galaxy A20のAndroidスマホ4機種。価格は後日案内予定


UQ mobileの2019年秋冬モデルが発表!Xpeira 8やOPPO A5 2020、AQUOS sense3、Galaxy A20

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は15日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )における「2019年秋冬モデル」として4機種のAndroidスマートフォン(スマホ)を2019年10月下旬以降に取り扱うと発表しています。

UQ mobile向け2019年秋冬モデルはUQでは初の「Xperia」シリーズとなる「Xperia 8」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)およびクアッドカメラや大容量5000mAhバッテリーを搭載した「OPPO A5 2020」(オッポジャパン製)、「AQUOS sense3」(シャープ製)、「Galaxy A20」(サムスン電子製)をラインナップしています。各機種ともにSIMロックはかかっていないとのことで、価格や割引、発売日などは後日案内とのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:恐竜的進化から多様化へ!スマートフォンの「突然変異」に見るテクノロジーの成熟とその変化の必然性について考える【コラム】


スマホの進化の多様化について考えてみた!

10月に入ってiPhoneフィーバーは一段落したものの、休む間もなく賑やかなのがスマートフォン(スマホ)界隈の毎年です。

7日にはソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの「2019年秋冬モデル」を発表し、さらに10日にはKDDIが、11日にはNTTドコモが次々と新端末の発表を行いました。このコラムが掲載された後の15日には、UQ mobileによる発表も控えています。

スマホが性能的な成熟期を迎えたと言われていたのが2015年前後。あれから4~5年間のスマホの進化は主に機能面に集中しており、限られた筐体サイズにどれだけ大画面を搭載できるか、どれだけ画質の良いカメラ(もしくは高い撮影性能)を搭載できるのかを競ってきた感があります。

しかし先月末から今月にかけて発表された通信キャリア(ブランド)各社のラインナップや端末メーカーのリーク情報などをかき集めてみると、そこにはこれまでと違った新しい進化の流れを見ることができるように思います。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は機能面の強化から脱して新たな進化を模索し始めたスマホ業界の「今」を追いかけ、その変化の必然性について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。