S-MAX

Xperia

SIMフリースタンダードスマホ「Xperia 8 Lite J3273」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


SIMフリースマホ「Xperia 8 Lite J3273」がAndroid 10に!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は2日、SIMフリーのスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 8 Lite(型番:J3273)」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年9月1日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はXperia 8 Lite本体のみで無線LAN(Wi-Fi)回線もしくは携帯電話(4G・3G)回線によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコン(PC)に接続して行う方法が用意されており、更新ファイルのダウンロードはWi-Fiの利用が推奨されています。更新後のビルド番号は「56.1.A.0.383」、主な変更点は以下の通り。

・Android 10 対応 OSバージョンアップ


続きを読む

ソニーモバイルがスタンダードスマホ「Xperia 10 II」のSIMフリーモデルを日本で発売へ!未発表のPM-1286-BVが技適を取得


日本でスタンダードスマホ「Sony Xperia 10 II」のSIMフリーモデルが発売へ!技適通過

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が「PM-1286-BV」(認証番号:003-200013)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年2月28日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ソニーモバイルのPM-1286-BVを含む「PM-128*-BV」(*は0〜6の数字)はすでに発表されているスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 II」であることがわかっており、PM-1286-BVは既存の日本で販売されているNTTドコモ向け「Xperia 10 II SO-41A」やau向け「Xperia 10 II SOV43」、Y!mobile向け「Xperia 10 II A001SO」とも異なっています。

そのため、ここ最近はソニーモバイルのXperiaシリーズにて「Xperia 1 II」や「Xperia 1」、「Xperia 5」、「Xperia 8」(SIMフリーモデルは「Xperia 8 Lite」として投入)のSIMフリーモデルが立て続けに日本で販売されることが発表されていることもあり、Xperia 10 IIも同様にSIMフリーモデルとして登場する可能性が高そうです。

ただし、昨年のモデルであるXperia 1やXperia 5、Xperia 8のSIMフリーモデルはようやく発売になったばかりですし、最新モデルのXperia 1 IIのSIMフリーモデルは10月30日に発売予定となっているため、Xperia 10 IIのSIMフリーモデルが販売されるとしてもまだ少し先になりそうではあります。

続きを読む

ソニーが日本時間9月17日16時にXperiaシリーズの新商品発表を予告!次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」などを発表へ


Sony Mobileが9月17日にXperiaシリーズの新商品発表を案内!

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は27日(現地時間)、ソニーモバイルが開発・製造する「Xperia」シリーズの新商品発表をXperiaの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて現地時間(CEST)2020年9月17日(木)9:00に行うと告知しています。

日本時間(JST)では同9月17日16:00で、同時刻に発表動画を掲載するとのこと。すでにXperiaの公式YouTubeチャンネルやソニーモバイルの公式Facebookページにてカバーが告知画像に変更されています。恐らく例年通りであれば、今年の下期に投入するフラッグシップスマートフォン(スマホ)などが発表されると思われます。

続きを読む

ソニー、SIMフリースマホ「Xperia 8 Lite J3273」を発表!Xperia 8同等で、IIJmioやmineo、nuroモバイルから9月1日に発売。価格は3万円前後


SIMフリースマホ「Sony Xperia 8 Lite J3273」が登場!一部のMVNOから発売

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は26日、ソニーモバイルが開発・製造するミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Xperia 8 Lite(エクスペリア エイト ライト)」(型番:J3273)を商品化すると発表しています。

日本国内の一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)を中心に2020年9月1日(火)以降に発売予定で、すでに「IIJmio」や「mineo」、「nuroモバイル」が取り扱うことを発表しています。なお、Xperia 8 Liteは昨年発売された「Xperia 8」とほぼ同等ながらDSEE HXには対応しておらず、各社ともにSIMフリーモデルとして販売されます。

価格および販売開始はIIJmioでは税抜26,800円(税込29,480円)で9月1日10時販売開始、mineoでは税抜32,880円(税込36,168円)で9月1日販売開始、nuroモバイルでは税抜29,800円(税込32,780円)で9月1日発売の8月26日(水)予約開始となっており、nuroモバイルでは8月30日(日)までの先行予約期間中に予約した場合に事務手数料税抜3,000円(税込)が無料になるキャンペーンを実施しています。

またnuroモバイルではXperia 8 Liteを購入した人を対象に5,000円をキャッシュバックするキャンペーンや音声通話付きSIMが5カ月間半額になる特典も実施し、さらにIIJmioおよびmineo、nuroモバイルともにXperia 8 Liteを購入した人を対象にソニーストアで使えるソニーポイント4,000円分をプレゼントする特典・キャンペーンを実施します。

続きを読む

ソニーがフラッグシップスマホ「Xperia 1 II」や「Xperia 1」、「Xperia 5」のSIMフリーモデルを日本で発売!ワンセグ非対応でデュアルSIMに


SONYがSIMフリースマホ「Xperia 1 II」と「Xperia 1」、「Xperia 5」を日本で発売!

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は18日、ソニーモバイルがが開発・製造するフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II」および「Xperia 1」、「Xperia 5」のSIMフリーモデルを日本で発売すると発表しています。

発売されるのは5Gに対応した「Xperia 1 II(型番:XQ-AT42)」(フロストブラック、パープル、ホワイト)に加え、4Gに対応した「Xperia 1(型番:J9110)」(ブラック、パープル)および「Xperia 5(型番:J9260)」(ブラック、グレー、ブルー、レッド)です。

発売日はXperia 1 II XQ-AT42が10月30日(金)、Xperia 1 J9110とXperia 5 J9260が8月28日(金)で、3製品ともに発売に先立って8月18日(火)13時より予約受付を実施しています。販路は「ソニーストア」および家電量販店など。

価格はオープンながら市場推定価格はXperia 1 II XQ-AT42が税抜124,000円(税込136,400円)前後、Xperia 1 J9110が税抜79,000円(税込86,900円)前後、Xperia 5 J9260が税抜69,000円(税込75,900円)前後で、ソニーストアやヨドバシカメラなどではこれらの価格で販売されており、ヨドバシカメラなどでは1%ポイント還元となっています。

これらのSIMフリーモデルは3製品ともにデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しており、仕事用とプライベート用の電話番号を使い分けたり、音声通話用とデータ通信用のSIMカードを組み合わせて使用したりするなど、さまざまな用途や利用シーンに応じてフレキシブルに活用できます。

なお、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはXperia 1 II XQ-AT42が12GB RAM+256GBストレージ、 Xperia 1 J9110が6GB RAM+128GBストレージ、Xperia 5 J9260が6GB RAM+128GBストレージで、Xperia 1 II XQ-AT42とXperia 5 J9260はおサイフケータイ(FeliCa)に対応していますが、Xperia 1 J9110は非対応となっているのでご注意ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。