S-MAX

Xperia

NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia XZs SO-03J」を発表!4GB RAMやMotion Eyeカメラ搭載でスーパースローモーションや先読み撮影が可能に、5月26日に発売


docomoが5.2インチスマホ「Xperia XZs SO-03J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売日は2017年5月26日(金)となっており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

昨年よりスタートした「Xperia X」シリーズにおいてフラッグシップモデルとして昨年秋冬に登場した「Xperia XZ」の改良モデルで、今年2月にスペイン・バルセロナで開催された家電展示会「MWC 2017」にて同時に発表された「Xperia XZ Premium」と同じく新開発の「Motion Eyeカメラ」を搭載し、スーパースローモーションや先読み撮影に対応しています。

日本ではすでにSoftBank向け「Xperia XZs 602SO」およびau向け「Xperia XZs SOV35」が同じく5月26日に発売すると発表されていますが、NTTドコモからも同様となりました。日本向けのSoftBank版やau版と同様にNTTドコモ版でもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応するほか、本体色が海外で発表されていた色に加えて新たにシトラスを追加した4色展開になっています。

その他、NTTドコモの各サービスのアプリがプリインストールされており、外観では背面の中央が「docomo」ロゴと型番「SO-03J」と記載されています。前機種の「Xperia XZ SO-01J」までは背面右上に型番が記載されていましたが、au版と同様に下部中央に移動しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZs 602SO」を5月26日に発売!高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」も合わせて提供開始


SoftBank向けスマホ「Xperia XZs 602SO」が5月26日発売!

ソフトバンクは23日、SoftBank向けに今夏に発売する「2017年夏モデル」のうちの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年5月26日(金)に発売すると発表しています。

ソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、価格(税込)もすでに紹介しているように本体価格が87,840円(分割3,660円/月×24回)で、実質負担額が新規契約および機種変更で45,120円(分割1,880円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)で10,800円(分割450円/月×24回)。

また発売日の前日5月25日(木)までに予約をして6月25日(日)までに購入した場合、全員に「Xperia カバーストア」で利用できる5,000円分のショッピングポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しています。さらに発売に合わせてXperia XZs 602SOと「AQUOS R 604SH」が対応している高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」も提供開始するということです。

続きを読む

KDDI、au向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZs SOV35」を発表!4GB RAMやMotion Eyeカメラ搭載でスーパースローモーションや先読み撮影が可能に、5月26日に発売


auから最新エクスペリアスマホ「Xperia XZs SOV35」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、今夏に発売するau向け「2017年夏モデル」としてソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SOV35」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売日は2017年5月26日(金)で、発売に先立ってauショップなどのau携帯電話取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を実施し、旗艦店「au SENDAI」および「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」にて5月24日(水)より先行展示するとのこと。また5月26日から6月30日までにXperia XZs SOV35および「Xperia XZ SOV34」を購入した場合に定額制音楽配信サービス「うたパス(月額税込324円)」を1年間利用できる年間パスポートを提供します。

昨年よりスタートした「Xperia X」シリーズにおいてフラッグシップモデルとして昨年秋冬に登場した「Xperia XZ」の改良モデルで、今年2月にスペイン・バルセロナで開催された家電展示会「MWC 2017」にて同時に発表された「Xperia XZ Premium」と同じく新開発の「Motion Eyeカメラ」を搭載し、スーパースローモーションや先読み撮影に対応しています。

日本ではすでにSoftBank向け「Xperia XZs 602SO」が5月下旬以降に発売すると発表されていますが、auからもXperia XZsが投入され、SoftBank向けと同様におサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応するほか、本体色が海外で発表されていた色に加えて新たにシトラスを追加した4色展開になっています。

またau向けは外観では背面の中央はグローバル向けやSoftBank向けと同様に「XPERIA」ロゴですが、下部に「au」ロゴと型番「SOV35」が記載され、auの各サービスのアプリなどがプリインストールされています。通信速度は下り最大370Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsに対応。なお、auでは5月30日(火)10時より「au発表会 2017 Summer」を開催する予定。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZs 602SO」の事前予約受付を開始!本体価格8万7840円、実質価格1万800円から――カバーストアで使える5千円分プレゼントも


SoftBank向けスマホ「Xperia XZs 602SO」の価格をチェック!

ソフトバンクは12日、SoftBank向けに今夏に発売する「2017年夏モデル」のうちの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)をソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付開始したとお知らせしています。

発売時期は2017年5月下旬以降を予定しており、発売日の前日までにを予約して6月25日(日)までに購入した人全員に「Xperia カバーストア」で利用できる5,000円分のショッピングポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

今回はソフトバンクオンラインショップにて価格が案内されていましたので紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けにソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZs 602SO」を発表!4GB RAMになり、Motion Eyeカメラ搭載でスーパースローモーションや先読み撮影が可能に


SoftBankから最新スマホ「Xperia XZs 602SO」が発表!

ソフトバンクは11日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」を4機種発表し、ソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。発売時期は2017年5月下旬以降を予定。

Xperia XZsはすでに今年2月にスペイン・バルセロナで開催された家電展示会「MWC 2017」にて発表されており、日本での販売については明らかされていませんでしたが、まずはSoftBank向けに投入することが正式に発表されました。

SoftBank向けでは従来通り、グローバルモデルと外観は同じでキャリアロゴはなく、正面上部に「SONY」ロゴ、背面中央に「XPERIA」ロゴが配置されており、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応するほか、本体色が海外で発表されていた色に加えて新たにシトラスを追加した4色展開になっています。さらに同時に発表された「AQUOS R(型番:604SH)」とともに「VoLTE(HD+)」に対応するとのこと。

また発売に先立って明日5月12日(金)よりソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を開始し、発売日の前日までにを予約して6月25日(日)までに購入した方全員に「Xperia カバーストア」で利用できる5,000円分のショッピングポイントをプレゼントするということです。

続きを読む

テーブルや壁面が大画面タッチディスプレイになる!ソニーモバイルのプロジェクター内蔵Android 7.0デバイス「Xperia Touch G1109」を写真と動画で紹介【レポート】


23〜80インチまでの映像投映可能なAndroidデバイス「Xperia Touch」を6月24日に発売!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は20日、都内にて「Xperia Touch発表会」を開催し壁やテーブルに投写したスクリーンに触れて直感的に操作できるスマートプロダクト「Xperia Touch(G1109)」を2017年6月24日(土)に発売すると発表した。

Xperia Touchはソニー独自の超短焦点レンズを搭載したプロジェクターの映像に、触れて操作可能なAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載デバイスだ。投映するスクリーンサイズはXperia Touchを壁面や床面に接地した状態で23インチ相当で解像度は1366×768画素、25cm離すことで80インチ相当となる。

背面には入力用のHDMI Type D端子があるので、Blu-rayディスクプレイヤーなどを接続してプロジェクターとしての利用可能だ。今回は、このXperia Touchとはどんなデバイスなのかを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Sony Mobile、世界初4K HDRディスプレイ搭載の最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」に新色ブロンズピンクを発表!6月下旬より発売で、日本での発売時期も同様か


ソニーの新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」に新色ブロンズピンクが早くも追加!

Sony Mobile Communications(以下、Sony Mobile)は24日(現地時間)、今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された展示会「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表された最新ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」に新色「Bronze Pink」を発表しています。

当初発表したLuminous ChrmeとDeepsea Blackの2色と合わせてグローバル市場で2017年6月下旬より発売するとしています。これまでXperia XZ Premiumは晩春より発売とされていましたが、より具体的な発売時期が明らかにされました。

日本への投入については明らかにされていませんが、恐らく過去の流れからすると各携帯電話会社から販売されると見られ、夏モデルと考えれば日本でも6月下旬以降に発売されると予想されます。

続きを読む

ソニーモバイル、壁やテーブルに投影して操作するプロジェクター内蔵デバイス「Xperia Touch」の国内展開を発表!6月に販売開始、ソニーストアでは先行展示も


ソニーモバイルが「Xperia Touch」を6月に日本で発売!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は20日、壁やテーブルなどに投写したスクリーンに触れて操作するプロジェクター内蔵デバイス「Xperia Touch(エクスペリア・タッチ)」を日本国内で2017年6月より発売すると発表した。

Xperia Touchは、今年2月の「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせたプレスカンファレンス「SONY MOBILE PRESS CONFERENCE」において発表された製品で、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したプロジェクタータイプのデバイスだ。スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)のように本体にディスプレイを搭載するスタイルではなく、壁やテーブルなどに投影した映像を直接タッチして操作する。

予約受付を6月9日(金)から開始し、6月24日(土)から順次発送を開始する予定。販路は「ソニーストア」および家電量販店で、現時点では携帯電話会社や仮想移動体通信事業者(MVNO)を介した販路は予定していない。価格は149,880円(税抜)。なお、ソニーストアにて4月21日(金)から先行展示も実施する。

続きを読む

NTTドコモ、タブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoのXperia Z4 TabletがAndroid 7.0に!

NTTドコモは19日、同社が販売中の「2015年夏モデル」のうちのタブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年4月18日(火)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線を用いたOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約54分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)マルチウィンドウの追加
2)アプリ利用中の手軽なメッセージへの返信
3)省電力機能の強化
4)ダイヤルと連絡先の刷新

◯改善される事象
5)まれに発信者番号通知の設定が有効にならない場合があります。

上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けタブレット「Xperia Z4 Tablet SOT31」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けタブレット「Xperia Z4 Tablet SOT31」がAndroid 7.0に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、au向け「2015年夏モデル」として発売したタブレット「Xperia Z4 Tablet SOT31」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年4月18日(火)10時より提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約60分。ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

アップデートファイルは本体のみの場合で約1.2GBとサイズが大きいため、Wi-Fiの利用を推奨しており、4G通信を利用する場合は通信容量に注意するように案内されています。

更新時には内蔵ストレージが約1.7GB以上の空き容量と電池残量50%以上が必要で、できれば電池は十分な状態 (フル充電) で実施するように案内されています。主な更新内容は以下の通り。

◯主な改善内容
1)2つのアプリの同時利用が可能に(マルチウィンドウ)
2)通知パネルが更に便利で分かりやすく
3)データ通信量を節約(データセーバー)
4)連絡先のグル―プ表示方法の変更
5)スモールアプリの起動方法の変更
6)絵文字の変更
◯主な削除/初期化項目
7)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
・「連絡先」アプリで連絡先を全件一括選択する機能が削除されます。
・「設定」アプリの「壁紙」→「ライブ壁紙」内の「バブル」、「フィーズビーム」、「ブラックホール」、「ホロ (スパイラル)」が削除されます。OSアップデート前に上記壁紙を設定していた場合は、アップデート後はXperia™の壁紙が設定されます。
など
8)OSアップデート後は以下設定が初期状態にリセットされます。必要に応じ、再度設定を行ってください。
・「カレンダー」アプリの各種設定 (通知:ON/通知音:設定なし/バイブレーション:OFF/標準の通知時間:10分前)
・「ビデオ」アプリの動画再生時の設定 (バックグラウンド再生:OFF/字幕設定:カスタム設定OFF)
・「What's NEW」アプリの設定値 (動画の自動再生:ON)
・STAMINAモードの設定値 (初期値:OFF)
・「カメラ」アプリの色合い、明るさ等の各種設定値
など
9)その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(1.5MB)(PDF)
更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSOT31をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。