S-MAX

Xperia

Sonyが5G対応の新フラッグシップスマホ「Xperia 1 II」を発表!日本などで今春に発売。6.5型4Kシネマワイド有機ELやクアッドカメラなど


ソニーから5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 1 II」が登場!日本でも今春発売

ソニーは24日、子会社のSony Mobile Communication(以下、ソニーモバイル)が新たにフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」およびミッドレンジスマホ「Xperia 10 II(エクスペリア テン マークツー)」を発売すると発表しています。

両機種ともに日本を含む国・地域で今春以降に順次発売されるとのこと。従来通りであれば、NTTドコモやau、ソフトバンクなどから販売されるものと予想され、特にXperia 1 IIは今年3月から日本で提供が開始される5Gの正式サービスに合わせて投入されそうです。

また合わせて両機種向けの周辺機器も発表され、手帳型カバー「Style Cover View」(Xperia 1 II・Xperia 10 II用)および「Style Cover with Stand」(Xperia 1 II用)が販売されるということです。

本記事では同社初の5Gに対応したフラッグシップモデルのXperia 1 IIについて紹介します。なお、同社ではドイツにおける価格を案内しており、Xperia 1 IIについては内蔵ストレージが256GBのモデルで1,199ユーロ(約144,000円)になるとしています。

続きを読む

Sonyが5GのSub6とミリ波に両対応したプレミアムスマホ「Xperia PRO」の開発を発表!HDMI端子も搭載。発売時期は未定


Sonyから5GのSub6とmmWaveに対応したプレミアムスマホ「Xperia PRO」が登場!

ソニーは24日、子会社のSony Mobile Communication(以下、ソニーモバイル)が新たに5G NR方式におけるSub6およびmmWave(ミリ波)に対応したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO(エクルペリア プロ)」を開発していると発表しています。なお、現時点で発売時期や投入国・地域は未定とのこと。

同社では「映像制作などのプロフェッショナル向けソリューションにも対応した5Gミリ波帯対応デバイス」だとし、ミリ波の受信感度を本体の上下左右のフレームに配置した4方向アンテナと誘電率が低い樹脂製の外装によって360°全方位に高めているということです。なお、少なくともSIMフリー製品で発売される見込みとのこと。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「Xperia XZ2 Premium SOV38」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2月25日から提供


auスマホ「Xperia XZ2 Premium SOV38」がAndroid 10に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は21日、携帯電話サービス「au」向け「2018年夏モデル」として発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Premium SOV38」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」を含むソフトウェア更新を2020年2月25日(火)18時に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間は約15分、アップデートファイルサイズは両機種ともに約0.9GBとなっています。

更新後のビルド番号は「52.1.C.0.157」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年1月1日」となるとのこと。なお、ビルド番号はアプリ一覧から「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認可能。その他、主な変更点は以下の通り。

○主な改善内容
1)電話の「よく使う連絡先」、「通話履歴」、「連絡先」の位置が変更になります。
2)電話の右上にあるメニューから設定にて「応答拒否メッセージ」「着信拒否設定」機能が追加されます。
3)クイックパネルの位置変更および名称変更、項目追加が行われます。
4)電源ボタンの名称変更および項目追加が行われます。
5)設定にダークテーマが追加されます。

○主な削除/初期化項目
6)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
 ・連絡先アプリの左上にあるメニューから「ユーザー情報」が削除されます。
 ・電話の右上にあるメニューに表示される「連絡先アプリ(高機能)」が削除されます。
 ・設定におけるすべてのアプリ内にて「アプリをすべて表示」内の「インストール済みアプリ」や「無効になっているアプリ」が削除されます。
 ・設定にてAndroid 10の仕様によって「ロック画面とセキュリティ」の「Smart Lock」内から「認識済みの顔」が削除されます。
 ・設定にて「ロック画面とセキュリティ」の「画面のロック」歯車(右側)内の「ロック画面メッセージ」が削除されます。
 ・設定にて「機器接続」の「接続の設定」から「画面点灯を維持」が削除されます。
  ※設定の「スクリーンミラーリング」における右上のメニューの「設定」から「画面点灯を維持」にて表示可能です。
 ・設定にて「バッテリー」の右上にあるメニューから「STAMINAモードについて」や「省電力機能の対象外アプリ」、「電池を消費するアプリ」が削除されます。
 など

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(4.8MB)[PDF]

※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSOV38をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

Sony Mobile、エントリースマホ「Xperia L4」を発表!欧州などで今春発売。シリーズ初ノッチ採用の6.2型シネマワイドスクリーンやトリプルカメラを搭載


Sonyブランドの新しいエントリースマホ「Xperia L4」が登場!

Sonyはは20日(現地時間)、傘下のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)がエントリー向けスマートフォン(スマホ)「Xperia L4」を発売すると発表しています。ヨーロッパ(欧州)など向けに今春より順次発売されるとのこと。

価格はドイツでは前機種「Xperia L3」の発売時と同じ199ユーロ(約24,000円)となっており、他の国・地域でも同様の価格設定となると見られます。なお、日本での発売については不明ですが、これまでの同社のエントリーモデルと同様に投入されない可能性が高そうです。

続きを読む

NTTドコモ、フラッグシップスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」がAndroid 10に!

NTTドコモは19日、同社が販売するソニーモバイルコミュニケーションズ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SO-03L」および「Xperia 5 SO-01M」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年2月19日(水)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(FOMA・Xi)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新にかかる時間はXperia 1 SO-03Lが約23分、Xperia 5 SO-01Lが約21分となっています。なお、更新のためのファイルサイズが大きいのでWi-Fiが推奨されます。

更新後のビルド番号は両機種ともに「55.1.D.0.259」。主な更新内容は以下の通りですが、より詳細な内容はソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『ドコモ Android(アンドロイド)10 対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト』を参照するよう案内されています。

○主なアップデート内容
1)ダークテーマの追加
2)ジェスチャーナビゲーションの追加
3)位置情報に関する強化
4)電話UIの変更
5)クイックパネルの一部アイコン変更

○改善される事象
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年2月1日になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。