S-MAX

XperiaXCompact

NTTドコモ、小型スマホ「Xperia X Compact SO-02J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!セキュリティー向上も実施


docomoスマホ「Xperia X Compact SO-02J」がAndroid 8.0 Oreoへ!

NTTドコモは26日、同社が2016年11月に発売した「2016-2017年冬春モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」や3GB内蔵メモリー(RAM)など搭載したコンパクトスマートフォン(スマホ)「Xperia X Compact SO-02J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はXperia X Compact SO-02Jの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間はOTAで約46分、PCを用いる方法で約40分、更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「34.4.B.0.252」で、主な変更点は以下の通りとなっています。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択ができる機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「Autofill」機能の追加
4)ユーザインタフェース(UI)の改善

◯改善される事象
5)カーナビに電話帳の画像が表示されない場合があります。
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年2月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内!X・XZ・XAシリーズ以降が対象で、Z5シリーズなどは含まれず


XperiaシリーズのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ提供機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は31日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)などの製品においてGoogleから正式版が提供開始された最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは現時点で 「Xperia X」、「Xperia X Performance」、「Xperia XZ」、「Xperia X Compact」、「Xperia XZ Premium」、「Xperia XZs」、「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」、「Xperia Touch」のほか、発表されたばかりの「Xperia XA1 Plus」の10機種が挙げられています。なお、同じく発表されたばかりの「Xperia XZ1」および「Xperia XZ1 Compact」は発売時からAndroid 8.0 Oreoを搭載しています。

ただし、OSバージョンアップを含むソフトウェア更新は順次行われ、これらの機種についても配信するかどうかや配信を開始するタイミングについては販売する国・地域などの市場や携帯電話会社によって異なるとしています。

Android 8.0 Oreoは先日8月23日にGoogleが正式版をリリースし、すでにGoogleブランドの「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus Player」、「Pixel」、「Pixel XL」「Pixel C」には提供が開始されています。

Googleによると、ソニーモバイルを含めた各メーカーからは年内以降に提供されるということでしたので、早ければ日本国内向け製品でも年内にもAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが配信されると見られます。

続きを読む

NTTドコモが4.6インチ小型スマホ「Xperia X Compact SO-02J」を端末購入サポートで値下げ!新規契約・機種変更・MNPともにで在庫処分へ


docomoの小型スマホ「Xperia X Compact」が新規・機変・MNPともに一括約1.5万円から!

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016年冬モデル」の4.6インチ小型スマートフォン(スマホ)「Xperia X Compact SO-02J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)について新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)に続いて機種変更も12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に期間限定で追加するとお知らせしています。

これにより、対象機関の2017年7月21日(金)から8月31日(木)までは大幅に値下げされた価格で販売されます。なお、ドコモオンラインショップで案内されている価格(税込)は新規契約・機種変更・MNPともに支払額15,552円(本体価格63,504円、割引額-47,952円)となっており、分割だと648円/月×24回です。

続きを読む

ソニーが「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジシリーズを廃止へ!2017年後半にフラッグシップスマホ2機種も投入予定、再びコンパクトハイエンド復活か


ソニーが2017年度経営方針説明会を実施!スマホ事業は黒字化

ソニーは23日、都内にて「2017年度 経営方針説明会 - 中期経営計画の着実な達成と持続的な高収益・価値創出を目指して-」を開催し、モバイル・コミュニケーション分野およびスマートフォン(スマホ)事業ともに2016年度は黒字化を達成したものの、スマホの販売台数は当初見通しより大幅に減少し、中でも「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジクラス「プレミアム・スタンダード」の達成率が悪いため、2017年度以降は投入しないことを明らかにしています。

また2017年度以降の取り組みとしてソニーらしい技術で商品を差別化し、強みを持つ市場への一層の集中を行うとし、すでに発表している「Xperia XZs」や「Xperia XZ Premium」に加え、2017年下期に新たなフラッグシップモデルを2機種投入するとしています。

続きを読む

NTTドコモ、最新人気小型スマホ「Xperia X Compact SO-02J」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!機種変更でも一括約1.5万円で販売中


人気スマホ「docomo Xperia X Compact SO-02J」がAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは7日、昨年11月2日に発売した「2016-2017冬春モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載した小型かつバランスの取れた性能を備えたスマートフォン(スマホ)「Xperia X Compact SO-02J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」のOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年3月7日(火)より提供開始したとお知らせしています。


ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMA回線によるOTAと、パソコンにUSBケーブルで接続して実施する方法の2通りが用意されており、更新にかかる時間はどちらの方法でも約50分。ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

なお、Xperia X Compact SO-02Jは「Xperia Z3 Compact SO-02G」や「Xperia A4 SO-04G」、「Xperia Z5 Compact SO-02H」などといった「Xperia」の4.6インチサイズモデルの最新機種で、3GB内蔵メモリー(RAM)や32GB内蔵ストレージ、USB Type-Cなどと性能が強化され、すでに機種変更でも端末購入サポート」によって支払額約1.5万円に値下げされたことで人気となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。