S-MAX

XperiaXPerformance

デジタルカメラ「α」の技術を取り入れてカメラを強化!ドコモスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

生まれ変わったXperia登場!NTTドコモ向け「Xperia X Performance SO-02H」を写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SO-04H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表した。

発売時期は2016年6月中旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約を開始している。価格は実質負担額で新規契約・機種変更で4万円台後半、他社から乗り換え(MNP)で3万円台前半の見込み。

今回はタッチ&トライコーナーに展示されていた試作機を写真と動画で紹介していく。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を発表!5インチフルHD液晶やSnapdragon 820、3GB RAMなど――下り最大375MbpsやHD+対応VoLTEも - S-MAX」も参照して欲しい。

続きを読む

NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を発表!5インチフルHD液晶やSnapdragon 820、3GB RAMなど――下り最大375MbpsやHD+対応VoLTEも


NTTドコモが5インチスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SO-04H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約/機種変更で4万円台後半、MNPで3万円台前半の見込み。

Xperia X Performance SO-04Hは今年2月に世界最大のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」にて発表されたグローバルモデル「Xperia X Performance」のNTTドコモ向け製品です。すでにSoftBank向け「Xperia X Performance 502SO」やau向け「Xperia X Performance SOV33」も発表されており、これまで通りに大手携帯電話会社3社から発売されることになりました。

NTTドコモ向けは国内向けサービスのワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)といった日本市場に合った機能に対応しているほか、NTTドコモの各サービスのアプリがプリインストールされており、外観では背面の中央が「docomo」ロゴ、右上が型番「SO-04H」と記載されています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け最新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance 502SO」を発表!キャリアロゴはなく、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイに対応で、下り最大262.5Mbpsに


SoftBank向けスマホ「Xperia X Performance 502SO」が発表!

ソフトバンクは11日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」としてソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance(型番:502SO)」を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定し、発売に先立って2016年5月17日(火)よりソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施するとのこと。

また、2016年夏商戦向けスマホを購入した人の中から抽選で合計10000人に公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」製品など好きな商品をプレゼントする「選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン」を対象機種の発売日より2016年9月11日まで実施します。

ソニーモバイルの新しいフラッグシップスマホとして今年2月に発表された「Xperia X Performance」はこれまでのフラッグシップ「Xperia Z」シリーズに変わって展開され、前機種の「Xperia Z5」と比べると画面サイズが約5.0インチにサイズダウンしつつ、チップセットなどを最新の高性能な部品にしたハイエンドモデルとなっています。

SoftBank版は外観はグローバル版と同様で、機能的にはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)に対応しているほか、SoftBankの各サービスのアプリなどがプリインストールされています。

続きを読む

au向け最新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SOV33」を写真でチェック!海外版との外観の違いは?


au向け最新スマホ「Xperia X Performance SOV33」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは10日、今夏に発売する「2016年夏モデル」としてau向け約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」やQualcomm製64bit対応ヘキサコアCPU「Snapdragon 820(MSM8996)」(CPUに「Kyro」コアの2.15GHz×2+1.6GHz×2コア、GPUに「Adreno 510」)、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SOV33」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年6月中旬以降に発売すると発表しています。

また、発売に先立って旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて2016年5月11日(水)より、全国のauショップにて5月13日(金)以降順次先行展示し、全国5カ所で「au × Xperia オーナーズパーティー Vol.3」を6月以降順次実施するとのこと。

新たなフラッグシップシリーズとなって初のXperia X Performance SOV33をタッチ&トライコーナーで触ることができたので写真で紹介していきます。

続きを読む

KDDI、au向け最新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SOV33」を発表!5インチフルHD液晶やSnapdragon 820などを搭載ーーフルセグやおサイフケータイに対応し、6月中旬以降に発売


au向けスマホ「Xperia X Performance SOV33」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、今夏に発売するau向け「2016年夏モデル」としてソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SOV33」を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定。また、旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて2016年5月11日(水)より、全国のauショップにて5月13日(金)以降順次先行展示し、全国5カ所で「au × Xperia オーナーズパーティー Vol.3」を6月以降順次実施するとお知らせしています。

ソニーモバイルの新しいフラッグシップ「Xperia X」シリーズの最上位モデルとして今年2月に発表された「Xperia X Performance」は、従来までのフラッグシップ「Xperia Z」シリーズに代わって投入され、前機種「Xperia Z5 SOV32」と比べると画面サイズが約5.0インチにサイズダウンしつつ、チップセットなどを最新の高性能な部品にしたハイエンドモデルとなっています。

au向けでは機能的にはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)に対応しているほか、auの各サービスのアプリなどがプリインストールされ、外観では背面の中央はグローバル版と同様に「XPERIA」ロゴですが、下部に「au」ロゴと型番「SOV33」が記載され、横にラインか入っています。

また、3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねる「3CC CA」対応し、LTE UE Category 9によって4G LTEとWiMAX 2+を束ねて下り最大370Mbpsおよび上り最大50Mbpsの高速データ通信が利用可能です。なお、下り最大370Mbpsは東京都渋谷駅周辺から順次提供予定。

続きを読む

ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X」シリーズと見られる製品がBluetooth認証を通過!au向け「Xperia X Performance」はやはり「SOV33」か


ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X」シリーズは近い?Bluetooth認証を通過

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が発表した新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia X」シリーズと見られる製品がBluetoothの認証機関「Bluetooth Qualification Program(Bluetooth.org)」を通過しています。

Xperia Xシリーズは日本でも発売される予定の最上位モデル「Xperia X Performance」、ベースモデル「Xperia X」のほか、普及モデル「Xperia XA」の3機種が用意されており、それぞれ性能的に上中下となります。

Bluetooth.orgではXperia Xと見られる「PM-0930-BV(Loire platform)」とXperia X Performanceと見られる「PM-0940-BV(Tone platform)」が2016年3月30日、Xperia XAと見られる「PM-0960-BV(kabini Platform)」が2016年3月17日に通過。

ざっくり見た限りでは少なくとも非会員向けに公開されている情報には確認できませんでしたが、au向けと型番と見られる「SOV33」を検索するとPM-0940-BV(Tone platform)が表示されるため、Xperia X PerformanceがauからSOV33として登場しそうです。

もちろん、これまでの状況からNTTドコモ(型番は「SO-04H」か?)やSoftBank(型番は「502SO」か?)からも登場すると見られるため、各社の正式発表が待たれます。なお、各社ともに毎年の傾向ではゴールデンウィーク後の5月中旬以降に「2016年夏モデル」の発表会を実施すると予想されます。

続きを読む

MWC 2016:Sony、新フラッグシップスマホ「Xperia X」シリーズなどを展示!各機種を写真でチェック――上位モデル「Xperia X Performance」は日本でも発売予定【レポート】


MWC 2016にてXperia X PerformanceやXperia X、Xperia XAなどが展示!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)がスペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催された「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しくこれまでの「Xperia Z」シリーズに代わって展開するフラッグシップスマートフォン(スマホ)の最新シリーズ「Xperia X」シリーズとして「Xperia X」および「Xperia XA」、「Xperia X Performance」の3機種などを発表しました。

各機種ともに今夏にグローバル市場にて発売予定。日本における販売については現時点では最上位モデルのXperia X Performanceのみ発売することが明らかにされており、恐らくNTTドコモなどの携帯電話会社から夏モデルとして登場すると見られます。

そこで今回は少し遅くなりましたが、MWC 2016でのソニーモバイルのブースで実際にXperia XおよびXperia XA、Xperia X Performanceなどの実機を試した模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Xperia Zシリーズは「Xperia Z5」が最後に!Sony Mobileが「Xperia Z6」の計画がないことを公式に案内――フラッグシップは「Xperia X」に


Xperia ZはXperia Xに置き換え!

既報通り、Sony Mobile Communicationsは22日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせて新しく展開するスマートフォン(スマホ)の最新シリーズ「Xperia X」シリーズとして「Xperia X」および「Xperia XA」、「Xperia X Performance」の3機種などを発表しました。

当初、Xperia Xシリーズのコンセプトが従来のフラッグシップの「Xperia Z」シリーズとかなり異なっていることなどから次の「Xperia Z6」も別に用意されているのではないかといったユーザーの観測も出ていました。

しかしながら、今回、ソニーモバイルのドイツ向けのFacebookページにて「現時点では、Xperia Z6の計画はない」と案内し、「Xperia ZをXperia Xで置き換える」とコメントしています。

続きを読む

Sony Mobile、新スマホ「Xperia X」と「Xperia XA」、「Xperia X Performance」を発表!Performanceは日本でも発売――Xperia EarやEye、Projector、Agentなどの周辺機器も


Sonyが新しい「Xperia X」シリーズなどを発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は18日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせてプレスカンファレンス( http://sonymobile.com/press )を開催し、新しく展開するスマートフォン(スマホ)の最新シリーズ「Xperia X」シリーズとして「Xperia X」および「Xperia XA」、「Xperia X Performance」の3機種などを発表しています。

また、Xperiaなどのスマホやタブレットをコントロールできるヘッドセット「Xperia Ear」や車載用Bluetoothコマンダー「RM-X7BT」も発表したほか、首にぶら下げたりして使う360°撮影ができる全天球カメラ「Xperia 360」、超単焦点レンズ搭載プロジェクター「Xperia Projector」、自律型エージェント「Xperia Agent」もMWC 2016にて参考出展されるということです。

Xperia Xシリーズは新しい「Xperia」シリーズとして投入され、よりスタイリッシュで薄型のデザインと魅力的なカラー、そして、その中に機能を詰め込んだハイエンドからスーパーミドルハイレンジといったところ。

各機種ともに今夏にグローバル市場にて発売予定。日本における販売については現時点では最上位モデルのXperia X Performanceのみ発売することが明らかにされています。すでにXperia X Performanceについては別途紹介しているので、ここでは主にXperia XおよびXperia XAやXperia Earなどの周辺機器についてまとめます。

続きを読む

Sony Mobile、新たに展開するXperia Xシリーズで最上位スマホ「Xperia X Performance」を発表!日本でも発売――5インチフルHDやSnapdragon 820などでXperia Z5の後継に


Sonyがフラッグシップスマホ「Xperia X Performance」を発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は22日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせてプレスカンファレンス( http://sonymobile.com/press )を開催し、新しく展開するスマートフォン(スマホ)の最新シリーズ「Xperia X」シリーズとして「Xperia X」および「Xperia XA」、「Xperia X Performance」の3機種などを発表しています。

Xperia Xシリーズは新しい「Xperia」シリーズとして投入され、よりスタイリッシュで薄型のデザインと魅力的なカラー、そして、その中に機能を詰め込んだハイエンドからスーパーミドルハイレンジといったところ。

各機種ともに今夏にグローバル市場にて発売予定。日本における販売については現時点では最上位モデルのXperia X Performanceのみ発売することが明らかにされています。なお、ここでは主にXperia X Performanceのみについてまとめます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。