S-MAX

XperiaXZ1Compact

NTTドコモの4.6インチ小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の実力をベンチマークでチェック――気になる発熱問題はどう?【レビュー】


小型&高性能スマホ「docomo Xperia XZ1 Compact SO-02K」の性能を確認!

NTTドコモから約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載した最新コンパクトハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が本日11月17日に発売されました。

昨年はややスペックを落としたミッドハイレンジクラススマホ「Xperia X Compact」だったため、上位機と同じ“コンパクトハイエンド”としては2年ぶりとなり、Sonyブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」と同じMotion EyeカメラやSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載しています。

一方で、コンパクトハイエンドスマホとしては前機種で2年前に発売された「Xperia Z5 Compact」が発熱問題によって評価が芳しくなかったことを考えると、低価格で人気となった「Xperia Z3 Compact」やそのカスタマイズモデル「Xperia A4」からの乗り換えというケースもありそうです。

とはいえ、最も気になるのはXperia Z5 Compactと同じように上位機と同じチップセット(SoC)と搭載しているだけに発熱問題があるのかが気になるところ。そこで今回は、ベンチマークをして性能を確認しつつ、発熱問題があるかどうか確認してみたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、4.6インチ小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を11月17日に発売!価格は本体代7万7760円の実質2万6568円、公式Webストアの購入手続きは11月15日10時から


小型ハイスペックスマホ「docomo Xperia XZ1 Compact SO-02K」が11月17日発売!

NTTドコモは13日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約323ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新コンパクトハイスペックスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月17日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2017年11月15日(水)10時以降に購入手続きが開始されます。なお、価格もすでに案内されていますのでまとめて紹介します。

続きを読む

Android 8.x Oreoではアプリのインストール時にホーム画面へアイコン追加設定がGoogle Playストアの設定からホームアプリに移動!Xperia XZ1やNexus 6P・5Xなどで共通【ハウツー】


ホーム画面に自動でアプリを追加したくない!Android 8.x Oreoの設定方法を紹介

Googleが今年8月21日から提供しているスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け最新プラットフォーム「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」ですが、当初はGoogleブランドの「Nexus」シリーズや「Pixel」シリーズのみで利用できる状態だったのもの、日本でもようやく「Xperia XZ1」が発売されて本格的に普及する段階になりました。

Android 8.x Oreoの注目機能と言えば、YouTubeなどを小窓表示して他のアプリを使える「PIP(Picture in Picture)」機能やさらに省電力が強化されて電池持ちが良くなった点などが挙げられます。

筆者も「Nexus 6P」にて開発者向けプレビュー版からまったりと使っていますが、ここ最近のAndroidはメジャーバージョンアップしてもそれほど大きく操作性などは変わっておらず、特に今まで通り普段使っている限りでは何が違うのかわからないくらいでした。

そんな中でいくつか既存のAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)までと違う変更点があるので紹介してみたいと思います。まずは細かいところですが、アプリ配信マーケット「Google Playストア」でアプリをインストールした時にホーム画面にアイコンが追加される機能について紹介します。

続きを読む

ハイエンドとコンパクトを両立した今“買い”なNTTドコモ向け小型プレミアムスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を写真と動画で紹介【レポート】


久々のハイエンドコンパクトスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」をチェック!

既報通り、NTTドコモが10月18日に今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、約4.6インチFD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」などを搭載した最新コンパクトプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月中旬に発売する。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体代金が77,760円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに26,568円となっている。

Xperia XZ1 Compactはグローバル展開する「Xperia XZ1 Compact」の国内版で、日本ではNTTドコモのみが唯一取り扱う。今回は発表会後のタッチ&トライ会場でXperia XZ1 Compactの実機に触ることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、最新4.6インチ小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発表!Android 8.0 OreoやSnapdragon 835、4GB RAM、Motion Eyeカメラなどで11月中旬に発売


docomoが新スマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発表!11月中旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約323ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新コンパクトハイスペックスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月中旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が77,760円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに26,568円。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kは今年8月に発表されたSonyブランド「Xperia」シリーズにおける最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」の小型モデルで、日本ではこれまでと同様にNTTドコモからのみ販売されます。昨年は小型モデルがやや性能を落とした「Xperia X Compact SO-02J」でしたが、再度、2015年11月発売の「Xperia Z5 Compact SO-02H」以来、2年ぶりにコンパクトハイスペックモデルが復活しました。

同時に発表されたNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」と同様に「Motion Eyeカメラ」やSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)のまさに高性能を備え、従来通り、防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証などに対応しています。また通信速度は残念ながら4x4 MIMOには対応しないため、下り最大788Mbpsでは利用できませんが、10月末から提供される4波のキャリアアグリゲーション(4CA)には対応し、下り最大644Mbpsおよび上り最大50Mbpsとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。