S-MAX

XperiaXZ2

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SOV37」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「Xperia XZ2 SOV37」がAndroid 10に!

KDDIは5日、携帯電話サービス「au」向け「2018年夏モデル」として発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 SOV37」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」を含むソフトウェア更新を2020年3月5日(木)18時より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間は約15分、更新ファイルサイズは約0.9GBとなっています。なお、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されてます。

更新後のビルド番号は「52.1.C.0.157」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年1月1日」となるとのこと。なお、主な更新内容は以下の通りですが、より詳細な内容はソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『au Android(アンドロイド)10 対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト』を参照するよう案内されています。

○主な改善内容
1)電話アプリで「よく使う連絡先」や「通話履歴」、「連絡先」の位置が変更になります。
2)クイックパネルにて位置変更/名称変更/項目追加が行われます。
3)電源ボタンの名称変更/項目追加が行われます。
4)設定に「ダークテーマ」が追加されます。

○主な削除/初期化項目
5)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
 ・連絡先アプリにて「左上メニュー」配下の「ユーザー情報」が削除されます
 ・電話アプリにて「右上メニュー」配下に表示される「連絡先アプリ(高機能)」が削除されます。
 ・設定アプリにおけるすべてのアプリ内の「アプリをすべて表示」内の「インストール済みアプリ」および「無効になっているアプリ」が削除されます。
 ・設定アプリにてAndroid 10の仕様によって「ロック画面とセキュリティ」配下の「Smart Lock」内から「認識済みの顔」が削除されます。
 ・設定アプリにて「ロック画面とセキュリティ」配下の「画面のロック」歯車(右側)内の「ロック画面メッセージ」が削除されます。
 ・設定アプリの「機器接続」における「接続の設定」配下にて「画面点灯を維持」が削除されます。
  ※「接続の設定」→「スクリーンミラーリング」配下の「右上のメニュー」内の「設定」から「画面点灯を維持」にて表示可能です。
 ・設定アプリにて「バッテリー」にある「右上メニュー」配下にて「STAMINAモードについて」および「省電力機能の対象外アプリ」、「電池を消費するアプリ」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(4.9MB)[PDF]


続きを読む

Sony Mobile、Android 10へのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia XZ2シリーズ以降で、NTTドコモではグローバルと同じ+国内限定のXperia Aceも


XperiaシリーズのグルーバルにおけるAndroid 10へのOSバージョンアップ予定機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は15日(現地時間)、同社が販売するグローバルモデルにおける最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧および提供時期をお知らせしています。

まずは今年のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」および「Xperia 5」に対して今年12月より順次提供し、その後、ミッドレンジスマホ「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」、そして昨年より前の「Xperia XZ2」および「Xperia XZ2 Compact」、「Xperia XZ2 Premium」、「Xperia XZ3」に2020年初頭より順次提供するということです。

なお、OSバージョンアップはロールアウトによって段階的にソフトウェア更新が提供され、国・地域や携帯電話会社によって配信開始時期は異なるとしてます。また各製品におけるほとんどのモデル(型番)は提供される予定ですが、一部の国・地域や携帯電話会社のモデルには例外があるとのこと。

続きを読む

NTTドコモの折りたたみ型2画面スマホ「M Z-01K」が生産終了!公式オンラインショップでは販売終了に。修理受付は2022年2月末までを予定


折りたたみ型2画面スマホ「M Z-01K」が生産終了!

NTTドコモがフラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SO-03K」および「Xperia XZ2 Compact SO-05K」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)、折りたたみ型2画面スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)の3機種を生産終了したことを案内しています。またM Z-01Kについては公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも販売終了しています。

一方、Xperia XZ2 SO-03KおよびXperia XZ2 Compact SO-05Kは本体カラーによってはドコモオンラインショップで販売されており、価格(税込)はXperia XZ2 SO-03Kが81,648円、Xperia XZ2 Compact SO-05Kが56,376円でともに「スマホおかえしプログラム」の対象となっています。ただし、両機種ともに在庫限りで販売終了すると見られます。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップ限定のアウトレットセール「スペシャルフェア」に「iPhone X」の64GBが追加!新規・MNPなら価格が5万5200円に


ソフトバンクオンラインショップ限定スペシャルフェアにiPhone X(64GB)も追加!

ソフトバンクは9日、携帯電話サービス「SoftBank」における公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」限定で実施されているアウトレットセール「スペシャルフェア」にスマートフォン(スマホ)「iPhone X」の64GBを追加するとお知らせしています。

これにより、現時点における対象製品は「Xperia XZ2」および「Xperia XZ1」の3機種に加えてiPhone Xの64GBの4機種がお買い得価格で購入できるようになっています。

ただし、スペシャルフェアは当初は新規契約および他社から乗り換え(MNP)のみで、7月10日からは機種変更でも購入可能となっていますが、iPhone Xの64GBは新規契約およびMNPのみとなっています。なお、各製品ともに通常のメーカー保証の対象となっています。

購入条件はスペシャルフェアのページからウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入して購入することとなっています。また販売数には限りがあるため、購⼊⼿続きの時点で売り切れの場合があるとのことで、商品がなくなり次第セールは終了するということです。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップ限定のアウトレットセール「スペシャルフェア」が機種変更でも購入可能に!iPhone SEが1万800円、Xperia XZ2が2万8320円、HTC U11が1万3920円など


ソフトバンクオンラインショップ限定スペシャルフェアが機種変更も対象に!

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」における公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」限定で実施されているアウトレットセール「スペシャルフェア」が機種変更でも購入できるようになったとお知らせしています。

従来は新規契約および他社から乗り換え(MNP)のみでしたが、機種変更でもスペシャルフェアの対象製品が購入可能となりました。現時点における対象製品は「iPhone SE」(32GB)および「Xperia XZ2」、「Xperia XZ1」、「Xperia XZs」、「HTC U11」の5機種で、ともに通常のメーカー保証対象となっています。

ただし、販売数には限りがあるため、購⼊⼿続きの時点で売り切れの場合があるとのことで、商品がなくなり次第セールは終了するということです。条件はスペシャルフェアのページからウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入して購入することとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。