S-MAX

XperiaXZs

ソフトバンク、SoftBank向け2017年夏スマホ「Xperia XZs 602SO」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向けエクスペリアスマホ「Xperia XZs 602SO」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」として昨年5月に発売したソニーブランドのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年2月13日(火)より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4G/3G/無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料ですが更新ファイルサイズが大きいためにWi-Fiでダウンロードすることが推奨されています。

更新後のビルド番号は各機種共通で「41.3.D.0.227」で、更新にかかる時間は最大80分程度、主な変更点は以下の通り。なお、本体の内蔵ストレージに空き容量が約1.5GB以上必要となっています。

・Android 8.0 アップデート
・カメラアプリに静止画の歪みを補正する機能の追加
・セキュリティの向上

※ 更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は <<よくある質問>>をご覧ください。
※ Xperia XZs最新バージョンの詳細については <<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

KDDI、au向けスマホ「Xperia XZs SOV35」および「Xperia XZ SOV34」、「Xperia X Performance SOV33」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供


auのXperia XZs・XZ・X PerformanceがAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIは8日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向けスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SOV35」および「Xperia XZ SOV34」、「Xperia X Performance SOV33」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を順次提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれスマホ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間および更新ファイルサイズはXperia XZs SOV35が約35分・約1.3GB、Xperia XZ SOV34が約40分・約1.4GB、Xperia X Performanceが約35分・約1.3GBとなっています。

提供開始日時はXperia XZs SOV35が2018年2月9日(金)14時より、Xperia XZ SOV34およびXperia X Performance SOV33が2018年2月21日(水)18時よりで、Xperia XZs SOV35が2018年2月14日(水)10時より順次、Xperia XZ SOV34およびXperia X Performance SOV33が2018年2月22日(木)10時より順次各製品に通知されます。更新後のビルド番号は各機種共通で「41.3.C.0.297」で、主な変更点は以下の通り。

◯主な改善内容
1)通知の改善:バッチ表示の変更(ユーザーが確認していない通知がある場合に、アプリのアイコン上にバッチが表示されます。Android 8.0ではバッチの色が青で表示されます。)
2)通知の仕様変更:バックグラウンドでアプリが実行中の通知の表示(アプリがバックグラウンドで実行されている場合、通知欄に実行中のアプリ名が表示されるようになります。)
3)連絡先の改善:画面構成の変更
 ・タブの削除/ドロワーメニューの追(連絡先の画面からタブが削除され、ドロワーメニューが追加されます。)
 ・緊急情報、設定メニューなどの表示位置変更(緊急情報アイコン、メニューアイコン、自分の情報がドロワー内に表示されるように変更となります。)
4)連絡先:「ラベル」機能の追加(ドロワーメニューに「ラベルを作成」が追加されます。)
5)マルチウィンドウ:PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)の追加(アプリを小窓表示に切り替えて、別のアプリに重ねて表示できるようになります。動画やナビを見ながらネット検索をするなど、使い勝手が向上します。)

◯主な削除/初期化項目
6)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
 ・「虫眼鏡」アプリ(文字列をロングタッチして表示される虫眼鏡の中に映した文字を拡大表示する機能)が削除されます。
 ・「電話」アプリのボイスパーティー機能が削除されます。なお、本サービスは、2018年3月31日に終了致します。(Xperia XZs SOV35除く)
 ・「カメラ」アプリのフロントカメラの解像度「8MP(4:3)、8MP(16:9)、3MP(4:3)、2MP(16:9)」が削除されます。(Xperia XZs SOV35除く)
など
7)OSアップデート後は以下設定が初期状態にリセットされます。必要に応じ、再度設定を行ってください。
 ・ホーム画面に配置した「設定(自動ルール)」または「Lifelog」のウィジェットが削除されます。
 ・auベーシックホームに配置したXperiaの紹介」ウィジェットが削除されます。
 ・「カメラ」アプリのプレビューやセルフタイマーなどの各種設定値
など

その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 ・Xperia XZs SOV35のOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(5.5MB)[PDF]
 ・Xperia XZ SOV34のOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(5.7MB)[PDF]
 ・Xperia X PerformanceのOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(5.7MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZs SO-03J」と「Disney Mobile on docomo DM-01J」を値下げ!他社から乗り換えにおける端末購入サポートの割引額を増額


docomoがXperia XZs SO-03JとDisney Mobile on docomo DM-01Jを値下げ!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてすでに他社から乗り換え(MNP)において12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加していたスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープ製)の割引額を2017年12月1日(金)より増額したとお知らせしています。

これにより、MNPにおける割引後の本体価格は、Xperia XZs SO-03Jが一括10,368円(分割432円/月×24回)、Disney Mobile on docomo DM-01Jが一括648円(分割払いなし)となっています。なお、端末購入サポートなので13ヶ月目以内の解約などでは解除料(端末購入サポートの割引額の半額)がかかるのでご注意ください(金額はすべて税込)。

続きを読む

NTTドコモがハイエンドスマホ「Xperia XZs SO-03J」をMNPで一括約1.5万円に!端末購入サポートに追加――960fpsスローモーション撮影に対応したMotion Eyeカメラ搭載


ハイエンドスマホ「docomo Xperia XZs SO-03J」がMNPで約1.5万円に!

NTTドコモは17日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2017年夏モデル」として今年5月に発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を他社から乗り換え(MNP)において12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加したとお知らせしています。

これにより、Xperia XZs SO-03JのMNPは本体価格85,536円から購入時に端末購入サポート69,984円を引いた一括15,552円(分割648円/月×24回)となっています。端末購入サポートなので13ヶ月目以内の解約などでは解除料(34,992円)がかかります(金額はすべて税込)。

続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内!X・XZ・XAシリーズ以降が対象で、Z5シリーズなどは含まれず


XperiaシリーズのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ提供機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は31日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)などの製品においてGoogleから正式版が提供開始された最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは現時点で 「Xperia X」、「Xperia X Performance」、「Xperia XZ」、「Xperia X Compact」、「Xperia XZ Premium」、「Xperia XZs」、「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」、「Xperia Touch」のほか、発表されたばかりの「Xperia XA1 Plus」の10機種が挙げられています。なお、同じく発表されたばかりの「Xperia XZ1」および「Xperia XZ1 Compact」は発売時からAndroid 8.0 Oreoを搭載しています。

ただし、OSバージョンアップを含むソフトウェア更新は順次行われ、これらの機種についても配信するかどうかや配信を開始するタイミングについては販売する国・地域などの市場や携帯電話会社によって異なるとしています。

Android 8.0 Oreoは先日8月23日にGoogleが正式版をリリースし、すでにGoogleブランドの「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus Player」、「Pixel」、「Pixel XL」「Pixel C」には提供が開始されています。

Googleによると、ソニーモバイルを含めた各メーカーからは年内以降に提供されるということでしたので、早ければ日本国内向け製品でも年内にもAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが配信されると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。