S-MAX

XperiaZ5Premium

ソニーモバイルが「Xperia Z5 Premium」のAndroid 6.0で追加アプリも"4K"に!OS標準サポートで対応――グローバル版のXperia Z5シリーズやZ4にもMarshmallowが提供開始


Xperia Z5 PremiumがAndroid 6.0で4Kを標準サポートに!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は7日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのうちの「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z3+」、「Xperia Z4 Tablet」のグローバル版に最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次提供開始したとお知らせしています。

すでに日本でもNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「Xperia Z5 Premium SO-03H」の3機種に2016年3月2日からAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップが提供されていますが、グローバル版向けにもようやくリリースされました。

また、スマホでは世界初の4Kディスプレイを搭載したXperia Z5 Premiumでは今回のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップによってOSが4K(2160×3840ドット)の表示に対応したため、スクリーンショットが画面解像度と同じ2160×3840ドットになったほか、アプリ側が対応すればプリインストールされている写真や動画以外でも4K表示ができるようになっています。

続きを読む

EXPANSYS Japan、技適マーク表示のあるSIMフリーの世界初4K液晶搭載スマホ「Xperia Z5 Premium E6853」を週末限定セールで約7.5万円に


EXPANSYS JapanにてSIMフリースマホ「Xperia Z5 Premium E6853」が特価!

EXPANSYS Japanは9日、日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示が可能な世界初の4Kディスプレイ搭載スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Premium E6853」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を週末限定セールで販売するとお知らせしています。

今回のセールは期間が2016年1月11日9時までとなっており、SIMフリーの32GBモデルで通常77,980円のところ3,080円OFFの74,900円となっています。

筆者が購入した時は発売直後で93,235円でしたし、以前の昨年暮れに行われた週末セール時には80,500円でしたのでさらに安くなっています。なお、輸入となるので上記の商品代金のほかに税金がかかります(93,235円の時には4,400円でした)。

また、クリスマスプロモーションとして提供されているクーポン「XMAS-10-OFF」を適用するとさらに1,173円が割り引かれて73,727円となる模様。ただし、このクーポンは有効期限が2016年1月9日となっているのでご注意ください。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia Z5 SO-01H」と「Xperia Z5 Premium SO-03H」を1月4日までMNPなら端末購入サポートで大幅割引中!一部店頭では条件次第で一括0円で販売も


最新スマホ「Xperia Z5 SO-01H」と「Xperia Z5 Premium SO-03H」が大特価!

既報通り、NTTドコモが2015年12月28日(月)から2016年1月4日(月)までの期間限定で他社から乗り換え(MNP)時にソニーモバイルコミュニケーションズ製の最新スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Premium SO-03H」を「端末購入サポート」によって大幅割引しています。

公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ではXperia Z5 SO-01Hは52,272円割引、Xperia Z5 Premium SO-03Hは44,064円割引となり、のりかえボーナスの倍増期間のため、月々サポートと合わせて実質負担額がXperia Z5 SO-01Hで0円、Xperia Z5 Premium SO-03Hで17,928円となっています。

一方、店頭でも同様の施策が行われており、ヨドバシカメラでは同様に1月4日まで「家族まとめて割」適用ならXperia Z5 SO-01Hが一括0円、Xperia Z5 Premium SO-03Hが一括6,048円となっていました。なお、単体購入の場合にはそれぞれ一括8,640円および16,848円とのこと。価格はすべて税込。

続きを読む

NTTドコモがXperia Z5 SO-01Hを5万2272円割引、Xperia Z5 Premium SO-03Hを4万4064円割引!MNPで12ヶ月継続利用を条件に本体価格を割り引く「端末購入サポート」に期間限定適用


NTTドコモが最新スマホ「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Premium」をMNPで大幅割引!

NTTドコモは28日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」に他社から乗り換え(MNP)時におけるソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Premium SO-03H」の2機種を2015年12月28日(月)から2016年1月4日(月)までの期間限定で追加すると案内しています。

これにより、Xperia Z5 SO-01Hは52,272円割引、Xperia Z5 Premium SO-03Hは44,064円割引となり、のりかえボーナスの倍増期間のため、月々サポートと合わせて実質負担額がXperia Z5 SO-01Hで0円、Xperia Z5 Premium SO-03Hで17,928円となっています。なお、価格はすべて税込。

続きを読む

ソニーモバイルの最新エクスペリアスマホ「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」はどう違う?NTTドコモ版で3機種を比較してみた【レビュー】


Xperia Z5シリーズのスマホ3機種を比べた!

今秋冬の注目機種はやはり「iPhone 6s」シリーズと「Xperia Z5」シリーズの2つでしょう。今回はこのうちのXperia Z5シリーズの5.2インチベースモデル「Xperia Z5」と4.6インチコンパクトモデル「Xperia Z5 Compact」、5.5インチ大画面のプレミアムモデル「Xperia Z5 Premium」の3製品を比べてみました。

なお、日本国内ではXperia Z5はNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」およびau向け「Xperia Z5 SOV32」、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」の3社から、Xperia Z5 CompactとXperia Z5 PremiumはNTTドコモのみから「Xperia Z5 Compact SO-02H」と「Xperia Z5 Premium SO-03H」としてすでに販売されています。

この他、海外のスマホなどを販売する「EXPANSYS Japan」にてSIMフリーのグローバルモデル「Xperia Z5 E6653」および「Xperia Z5 Compact E5823」、「Xperia Z5 Premium E6853」が販売されており、すでに紹介したように日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示できるようになっています。

続きを読む

EXPANSYS Japan、技適マーク表示のあるSIMフリーの世界初4K液晶搭載スマホ「Xperia Z5 Premium E6853」を週末限定のセール販売!6090円OFFの8万500円に――Lumia 950 XLも


EXPANSYS JapanにてSIMフリースマホ「Xperia Z5 Premium E6853」が特価!

EXPANSYS Japanは18日、日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示が可能な世界初の4Kディスプレイ搭載スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Premium E6853」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を週末限定セールで販売するとお知らせしています。

今週は特にX-mas BIGセールとなっており、期間は2015年12月21日12時(お昼)まで。SIMフリーの32GBモデルで通常86,590円のところ6,090円OFFの80,500円となっています。

筆者が購入した時は発売直後で93,235円でしたのですでに1万円以上安くなっています。なお、EXPANSYS Japanでは購入後輸入されるため、商品代金のほかに税金がかかり、93,235円のときには4,400円が商品引渡時にかかりました。

また、技適マークはないので日本では利用できませんが、Windows 10 Mobileを搭載したハイスペックスマホ「Lumia 950 XL」もセール対象となっており、通常82,900円が80,900円で販売されています。

続きを読む

ソニーモバイルが「Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティング」を5都市で開催!初開催の仙台会場でZ5シリーズの魅力と地方都市開催の狙いを探る【レポート】

Xperiasendai01
初の仙台開催となったXperiaアンバサダーミーティング

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は今冬モデルのフラグシップスマートフォン(スマホ)としてNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」およびau向け「Xperia Z5 SOV32」、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」のXperia Z5を日本国内でも10月に投入しました。

また、コンパクトモデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」および世界初の4Kディスプレイ搭載の大型モデル「Xperia Z5 Premium SO-03H」もNTTドコモから11月に販売開始しています。

ここ最近では、ソニーモバイルは新モデル発表時に「Xperiaアンバサダーミーティング」というブロガーイベントを開催し、ブロガーへのプレゼンテーションやさまざまな展示・体験企画を催してきています。これまではこういったイベントはほぼ東京に限られていましたが、近年は地方都市開催が増加していて、今回のXperia Z5では福岡(11月19日開催)および仙台で初開催となり、東京(12月10日開催)、名古屋(11月25日開催)、大阪(11月12日開催)と合わせて5都市での開催となりました。

そこで、今回は筆者の住む仙台会場で12月3日にアンバサダーミーティングが行われましたので、イベントの様子やXperia Z5シリーズの魅力を紹介するとともに、担当者に地方開催の狙いについて伺ってきましたのでその模様をお送りします。

続きを読む

NTTドコモ、動画配信サービス「dTV」にて4K映像を配信開始!4Kディスプレイ搭載スマホ「Xperia Z5 Premium」で視聴可能――現時点ではミュージックビデオ1タイトルのみ


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモが提供する動画配信サービス「dTV」(旧:dビデオ)にて2015年11月25日(水)より4K映像の配信を開始しています。

配信開始されたのは現時点で、AAAの「愛してるのに、愛せない」のミュージックビデオ1タイトルのみです。今後、同じくAAAの「LOVER」や「さよならの前に」、「Lil’ Infinity」の3曲が配信される予定となっています。

続きを読む

世界初の4Kディスプレイを搭載したドコモスマホ「Xperia Z5 Premium SO-03H」を入手!外観をチェックしつつ、Xperia Z5 SO-01Hと微妙な違いも紹介【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモから11月20日に発売されたAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を採用したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Premium SO-03H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を入手しました。

今冬に発売される「Xperia Z5」シリーズの3モデルの最上位モデルであり、なんといってもスマホとしては世界初となる4Kディスプレイを搭載しているところが最大の特徴です。

4Kの写真や動画をドットバイドットで劣化なく表示できるのはもちろん、YouTubeなどの動画などの4K未満のコンテンツを4K相当にアップスケーリングして高画質に表示する機能を備えています。

ディスプレイサイズは5.5インチで、5.2インチのXperia Z5よりもひと回り大きく、ディスプレイ以外の仕様としては本体の厚みが0.5mm厚く、バッテリー容量が530mAh多いだけでほぼ共通となっています。

デザインは背面の処理が異なり、半透明の「フロストガラス」を採用してマットな質感になったXperia Z5やXperia Z5 Compactに対し、Xperia Z5 Premiumは蒸着処理による鏡面仕上げとなっていてピカピカと光を反射します。カラーバリエーションはNTTドコモからはChromeとBlackの2色が発売され、今回はChromeを入手しました。

続きを読む

ついにXperiaも指紋認証に対応!小型ハイスペックスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」で指紋センサーを使ってみた【レビュー】


Xperia Z5シリーズの指紋認証の使用感をチェック!

生体認証に対応したスマートフォン(スマホ)やタブレットが増えてきていますが、人気の「Xperia」シリーズもついに今秋冬の「Xperia Z5」シリーズから指紋センサーを搭載しました。

Xperia Z5シリーズの指紋認証の特長はセンサーが電源キーに内蔵されている点。他の機種ではiPhoneやGalaxyなどではホームキー、Nexusやarrows、AQUOSなどでは背面に搭載されていますが、大手メーカーで電源キーに搭載されたのはXperiaがはじめてだと思います。

そこで、今回はNTTドコモ向けに発売された小型モデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」を使ってXperia Z5シリーズの指紋認証を試してみたので、設定の仕方や使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。