S-MAX

XperiaZUltra

Wi-Fiモデルも登場へ!6.4インチファブレット「Xperia Z Ultra」のau版「SOL24」とWi-Fi版「SGP412」のUSBドライバーが公開


ソニーモバイルが「Xperia Z Ultra」のau版とWi-Fi版のUSBドライバーを公開!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が公式開発者向けWebサイトにて国内でも発売が見込まれる6.4インチという大型ディスプレイを搭載した「Xperia Z Ultra」のau向けモデルと見られる「Xperia Z Ultra SOL24」およびWi-Fiモデルと見られる「Xperia Z Ultra SGP412」のUSBドライバーを公開しています。

明日1月22日10時からKDDIおよび沖縄セルラーがau向け「2014年春モデル」の発表会を実施予定ですが、その中でXperia Z Ultra SOL24が正式発表される見通しとなっています。また、Wi-Fiモデルも登場することになりそうです。

続きを読む

国内販売が濃厚なソニーブランドのファブレット「Xperia Z Ultra」ってどんなデバイス?写真と共に特徴を解説【レビュー】


国内販売が濃厚な6.44インチフルHD液晶を備えたファブレット「Xperia Z Ultra」

すでに紹介した通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製のファブレット「Xperia Z Ultra」がau by KDDIから発売されることが濃厚となっています。

Xperia Z Ultraのグローバルモデルは今夏より発売されており、筆者も発売当初に購入し、現在も愛用中です。

そんなソニーモバイル初のファブレットとして発売されたXperia Z Ultraの特徴を簡単ではありますが、写真と共に解説したいと思います。

続きを読む

Google Playストアにて「Sony Xperia Z Ultra」と「LG G Pad 8.3」のPure Androidモデルが発売!Android 4.4 KitKat搭載で米国のみ販売中


Sony Xperia Z UltraとLG G Pad 8.3のGoogle Play editonが発売!

Google(グーグル)は10日(現地時間)、直営Webショップ「Google Playストア」にてソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z Ultra」およびLGエレクトロニクス製タブレット「G Pad 8.3」の「Google Play edition」を発売しています。Xperia Z UltraのGoogle Play editionは「Sony Z Ultra」と“Xperia”ブランドが外されています。

現在、それぞれ米国のみで販売されており、価格はSony Z Ultraが649ドル(約65,000円)、G Pad 8.3が349ドル(約35,000円)。なお、日本での発売については現時点では予定がないとのことです。

続きを読む

Sony Mobile、既存機種のAndroid 4.3および4.4へのOSバージョンアップ計画について発表!Xperia ZやZL、Z Ultra、Z1、Tablet ZにAndroid 4.4 KitKatを提供予定


ソニーモバイルがXperia Z1などへAndroid 4.4 KitKatを提供予定!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は7日(現地時間)、現在販売している同社の「Xperiaシリーズ」のスマートフォンやタブレットにおいて最新プラットフォーム「Android 4.4(開発コード名:KitKat)」や「Android 4.3(開発コード名:Jelly Bean)」へのOSバージョンアップを行う機種についての計画を発表しています。

なお、これはグローバルモデルについての計画となっており、国内で販売されている機種については、販売元の各携帯電話事業者の判断により提供されるかが決められ、提供される場合には別途案内があるものと見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。