S-MAX

Y!mobile

SoftBankショップやY!mobileショップがスマホなど向け人気ゲームアプリ「Pokémon GO」のポケストップやジムに!ソフトバンクとNianticがパートナー契約締結


ソフトバンク&ワイモバイルショップがポケモンGOのポケストップやジムに!

ソフトバンクは1日、Nianticが開発・提供している人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてゲーム内の「ポケストップ」または「ジム」としてソフトバンクショップとワイモバイルショップが一部店舗を除いて2016年9月以降に登場すると発表しています。

さらに9月8日に全国約3700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップおよびジムとなったとお知らせしています。なお、ソフトバンクではNianticとパートナーシップ契約を締結し、今後もソフトバンクならではのポケモンGOとのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討していくとのこと。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンク、国土交通省提供の「洪水情報」を緊急速報メールで9月5日より配信開始


緊急速報メールが洪水情報に対応!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクは1日、各社が提供する緊急速報メール(NTTドコモでは「エリアメール」、それ以外のauおよびSoftBank、Y!mobileでは「緊急速報メール」)において指定河川洪水予報の発表を契機として国土交通省が提供する「洪水情報」の配信を2016年9月5日(月)から開始すると発表しています。

まずは鬼怒川および肱川の2河川の流域自治体(茨城県常総市・愛媛県大洲市)においてエリアメールおよび緊急速報メールを活用した洪水情報の配信開始し、配信対象となるエリアは国土交通省によって今後順次拡大する予定。申込不要かつ利用料無料。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、山陽電鉄 本線の「西代駅~東須磨駅」区間トンネル内において携帯電話サービスを8月26日始発より提供開始


山陽電鉄 本線の西代駅~東須磨駅区間トンネル内で携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、山陽電鉄が運行す「山陽電鉄 本線」における「西代駅~東須磨駅」区間のトンネル内において携帯電話サービスを2016年8月26日(金)始発より提供開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用可能となります。

続きを読む

ロケットモバイルが高速通信と10分300回までの無料通話が使えて独自ポイントで割り引き可能な「ロケモバプレミアム」を発表!端末取扱も開始【レポート】

ロケットモバイルがY!mobile回線を利用したLTE+10分×300回の無料通話プランを発表

エコノミカルは22日、仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「ロケットモバイル」( https://rokemoba.com )に10分以内の国内通話が月300回まで無料となる「ロケモバプレミアム」サービスを2016年8月29日(月)より提供開始すると発表した。

ロケットモバイルはこれまで、月額298円で容量無制限の「神プラン」、そして月額948円で神プランに音声プランを追加した「ギリギリプラン」のサービスを開始してきた。今回発表となったロケモバプレミアムは、U-NEXTの協力によってMVNOサービス「U-mobile」で提供されている「U-mobile SUPER」をベースとしたサービスとなる。

今回はロケモバプレミアムについて同日開催された発表会において料金などのサービス内容とロケットモバイル独自のサービスについて紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBankやY!mobileなどからの「電話番号案内(104)」の利用料を1件当たり150円から200円に11月より値上げ


ソフトバンクが電話番号案内(104)の料金を11月から値上げ!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は19日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において日本マルチメディアサービスが提供する電話番号案内サービス「電話番号案内(104)」の利用料金を2016年11月1日(火)に改定するとお知らせしています。

104の利用料金は現在は1件ごとに150円となっていますが、11月1日以降の改定後は1件200円に値上げされます。料金はすべて税別。

続きを読む

ワイモバイルが日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」発売記念イベントを開催!哀川翔さんが声優として出演する新CMも公開【レポート】

ふてニャンと田中美奈子さん、哀川翔さんもゲストで登場!

ワイモバイルは27日、都内にて「Android One発売記念イベント」を開催し、29日から発売を開始した国内初のAndroid Oneスマートフォン「507SH」(シャープ製)の販促について発表を行った。

507SHを購入した方先着1万名にGoogle CardboardをベースにしたVRゴーグル「ふてニャンVRゴーグル」と「ふてニャン」が登場するオリジナルVRコンテンツをプレゼントするほか、「Google Play」で映画2本を50%オフでレンタルできるクーポンをプレゼント。

さらに、Y!mobile 2周年キャンペーンとして、8月5日よりY!mobile携帯電話取扱店に来店すると「ふてニャン缶」をプレゼント(※なくなり次第終了)。また、新規加入者には「ふてニャンBIGクッション」を抽選でプレゼントする。こちらは8月5日~9月30日までの新規加入者が対象となる。

発表会では「1980(ワンキュッパ)」シリーズのCMに出演する田中美奈子さんと、初公開となる新CMに声優として出演する哀川翔さんによるゲストトークセッションが行われた。今回は、このトークセッションを中心に「なめ猫」が登場する新CMを紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け防水・防塵・ワンセグに対応したAndroid Oneスマホ「507SH」を7月29日に発売!7月22日から予約が開始され、MNPなら実質1万2100円に


Y!mobile向けAndroid Oneスマホ「507SH」が7月29日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は21日、携帯電話ブランド「Y!mobile」にてGoogleがさらなる利用者拡大のために低価格で販売している「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月29日(金)に発売すると発表しています。

Android Oneながら日本国内のニーズに合わせて防水(IPX5・IPX8相当)や防塵(IP5X相当)、ワンセグに対応し、シャープならではの省電力機能と3010mAh大容量バッテリーで長時間使用もできるようになっています。

また発売に先立って7月22日(金)より事前予約受付をワイモバイルショップや家電量販店などのY!mobile取扱店、公式Webストア「Y!mobile オンラインストア」で開始し、価格(税込)は本体価格は51,840円(分割2,160円/月×24回)、実質負担額は他社から乗り換え(MNP)でスマホプランMおよびLで13,068円(540円/月×24回+頭金108円)。税抜では12,100円と案内されています。

さらにソフトバンク コマース&サービスは公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」から507SHに対応したアクセサリー全6アイテムを発売に合わせて販売開始され、同じく7月21日より公式Webストアにて予約受付が開始されます。

続きを読む

世界標準品質を低価格で!日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」に自信を見せたY!mobileの新製品説明会を写真とともに解説【レポート】

androidone-001
Android Oneはスマホのスタンダードになり得るか!?Y!mobile向け「507SH」の説明会を紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

もともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されたAndroid Oneですが、現在はその立ち位置を拡大して各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。これまで日本ではAndroid Oneの製品は発売されておらず、この507SHが国内初となります。

本記事では説明会でのプレゼンテーションの模様を紹介し、Y!mobileの狙いなどを解説します。なお、507SHの性能や機能についてはすでに紹介している写真・動画レポート記事をご覧ください。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応


Y!mobileからGoogleの格安スマホ「Android One」の新製品「507SH」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」にてGoogleがさらなる利用者拡大のために低価格で販売している「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年7月下旬を予定。Android Oneながら日本国内のニーズに合わせて防水(IPX5・IPX8相当)や防塵(IP5X相当)、ワンセグに対応し、さらに3010mAhの大容量バッテリーも備えているため、長時間安心して使用できるようになっています。

注目の価格は毎月の割引を適用した実質負担額で1〜2万円と他のローエンドからミドルレンジクラスと変わりませんが、Googleの「Nexus」ブランドと同じように最新のAndroidへのOSバージョンアップやセキリティーパッチの提供が受けられるのは魅力ではないでしょうか。なお、購入時にはSIMロックがかけられているものの、購入後6カ月以降でのSIMロック解除に対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。