S-MAX

Y!mobile

ソフトバンク、Y!mobile向け5インチタフネススマホ「DIGNO E 503KC」を発表!濡れた手や手袋を着けた手でも操作が可能


Y!mobile向け5インチタフネススマホ「DIGNO E 503KC」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は24日、同社が展開している携帯電話ブランド「Y!mobile」向けの新商品として防水・防じん・耐衝撃に対応したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン「DIGNO E(型番:503KC)」を6月上旬以降に発売すると発表しています。

発売時期は2016年6月上旬以降を予定。なお、すでにSoftBank向けにもほぼ同等製品の「DIGNO F」が発表されており、6月下旬以降に発売予定となっています。

DIGNO Fと同様にDIGNO Eもアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能に加え、手が濡れている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレイを搭載しています。

続きを読む

Google、Nexus 6P、5X、9、6、5、7(2013)、Playerなどに最新Android 6.0.1 Marshmallowの2016年5月度のセキュリティーパッチを提供開始!SoftBankやY!mobileからもOTAが順次提供


Googleが2016年5月分のNexusシリーズ向けセキュリティーパッチを提供開始!

Googleは2日(現地時間)、同社のAndroid搭載スマートフォン(スマホ)およびタブレットの「Nexus」シリーズ向けに2016年5月度のセキュリティーパッチを提供開始したとお知らせしています。

今月分のセキュリティーパッチでは6つのCritical(深刻な)、12つのHigh(重要度の高い)、6つのModerate(重要度の普通)、1つのLow(重要度の低い)な脆弱性に対応しているということです。

すでに「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus 6」、「Nexus 9」、「Nexus 5」、「Nexus 7(2013)」、「Nexus Player」、「Pixel C」にはFactory Imageが公開されており、これらの機種向けには順次OTAも配信開始されています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」を4月27日に発売!持ち運びやすいシリーズ最軽量75g


Y!mobile向けの新しいモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」の発売日が決定!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は20日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の新商品として約75gの軽量なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」(Huawei Technologies製)を2016年4月27日(水)に発売すると発表しています。

価格は本体価格(税込)が一括41,400円(分割1,150円/月×36回)で、発売に合わせてPocket WiFi 506HW向けの新料金プランとして3年間月額2,480円(税抜)で月間データ通信量5GBの高速データ通信を利用できる「Pocket WiFiプラン2 ライト」を提供開始します。

続きを読む

熊本地震でIIJmioやmineo、DMM.com、BIG SIM、イオンモバイルなどのMVNOが支援措置を実施!各MNOにおける携帯電話サービスの障害情報もまとめ


熊本地震でMVNOも支援措置を実施!

ケイ・オプティコムやインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)、DMM.com、イオンリテールなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスを提供している各社が熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した地域にお住まいの利用者を対象に支援措置を行なうとお知らせしています。

一方、毎日紹介しているNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンク(SoftBankおよびY!mobile)の各移動体通信事業者(MNO)の基地局などの設備被害状況では、4月19日13:30時点でにおける携帯電話・PHSの停波局数は合計201局(携帯電話:148局、PHS:53局)となっています。

続きを読む

熊本地震でSoftBankに続いてNTTドコモやY!mobileでも被災地の通信速度制限を4月30日まで撤廃!auでは月間データ通信量10GBプレゼント――各社の障害・復旧状況もまとめ


SoftBankに続いてdocomoやY!mobileでも熊本地震の被災地で通信速度制限が撤廃!auは10GBプレゼント

NTTドコモは18日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した同社の携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、同じく4月17日に同様の施策をSoftBank向けに実施することを発表していましたが、Y!mobile向けにも提供すると発表しています。なお、Y!mobileで快適モードを提供していない機種については、追加データ量を都度申込(無償)する必要があるとのこと。

さらに、KDDIは18日、NTTドコモやソフトバンクとは異なり、au向けに高速通信を利用できる月間データ量を10GB追加すると発表しています。また、災害救助法が適用された地域において4月14日以降にデータチャージを利用している場合にはその利用料金は発生しないということです。

続きを読む

熊本で4月16日未明から本震となるM7.3・震度6強の地震が再び!気象庁が4月14日の地震を前震に――固定電話含め利用しづらい状況、携帯電話は停波も深刻に


熊本地震がさらに続いて携帯電話と固定電話が利用しづらい状況!

気象庁は16日、熊本県で新たに2016年4月16日(土)1時26分頃に起きた熊本地方を震源とするM7.3・最大震度6強(深さ12km)の地震を今回の一連の「熊本地震」の本震であると発表しています。

先日4月14日21時26分に起きた最大震度7の地震はM6.5(深さ10Km)と規模としては小さいことから前震と見られるとし、新たに本震とされた地震の後も3時台や4時台にも最大震度5強や6強の余震が起きておりさらに「今後1週間は震度6弱程度の余震に注意して欲しい」と喚起しています。

なお、これらの地震を受けて携帯電話の基地局などの設備障害なども起きているようで高市早苗総務大臣が「携帯電話の停波も深刻な状況だ」と述べたほか、NTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンク(SoftBankおよびY!mobile)の各社が利用できないもしくは利用しづらい状況であるとお知らせしています。

続きを読む

ZTEジャパン、SIMフリースマホ「AXON mini」や「Blade V580」など3機種のタッチ&トライイベントをヨドバシAkibaで4月16・17日に実施!SIM同時購入で「Blade V6」が100円などの特典も


ZTEのSIMフリースマホがヨドバシAkibaでタッチ&トライ!セール販売や来場者プレゼントも

ZTEジャパンは15日、すでに販売中のSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON mini」や「Blade V6」、「Blade V580」(ともにZTE製)の3機種を実際に手にとって試せるタッチ&トライイベントを東京・秋葉原にあるヨドバシAkibaで2016年4月16日(土)および17日(日)の2日間限定で実施するとお知らせしています。

イベント開催時間は10〜20時で、ヨドバシAkibaの第1エントランス前スペース( http://www.yodobashi-akiba.com/information/access_map.html )で行われます。また、イベント特典としてY!mobileのSIMカードとセットで購入するとBlade V6が100円、Blade V580が9,800円(すべて税別)になるほか、その他のSIMカードとセット購入でも台数限定ながらお得意購入できるということです。

続きを読む

熊本地震でMVNO含む各携帯電話会社が支援措置を実施!フリーWi-Fiや無料充電場所の提供、修理費軽減、支払期限延長など――通信障害も一部で発生


熊本地震で携帯電話会社が支援措置!被害が大きい益城町の地震前の衛星写真

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクが4月14日に起きた熊本地震を受けて災害救助法の適用地域を対象に支援措置を提供することを発表しています。

主に公衆無線LANサービス「00000JAPAN」を無料提供しているほか、修理費軽減や支払期限延長などが実施されます。なお、災害救助法は4月15日の時点で熊本県内全45市町村。

また、これらの移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」や「イオンモバイル」などの一部サービスで災害地域に対して施策を発表しています。

その他、NTTドコモが熊本県上益城郡益城町と甲佐町の一部エリアで携帯電話サービスが利用しづらい状況となっており、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)でもWiMAXおよびWiMAX 2+サービスが熊本県の一部基地局で接続しづらい状況となっていると案内しています。

KDDIではauの一部基地局に影響があったものの他の基地局や設備でカバーできているとし、一部機種ではUQの状況のようにWiMAXおよびWiMAX 2+が利用しづらい状況だとしています。なお、ソフトバンクではSoftBankおよびY!mobileともに影響はないとのこと。

続きを読む

NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、熊本県で震度7の地震を受けて災害用伝言板を提供開始!余震が続くので九州地域の人はご注意を――津波の心配はない模様


熊本の震度7の地震で各社が災害用伝言板を提供開始!写真の熊本城は石垣が一部崩れたという

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは14日、気象庁が2016年4月14日(木)21時36分頃に熊本県で最大震度7(M6.4・深さ10Km)の地震を観測したことを受けて、災害用伝言板や災害用音声お届けサービスを提供開始したとお知らせしています。

熊本県では停電が起きているほか、複数の家屋が倒壊しており、下敷きになっている人もいるとのこと。また、一部では携帯電話がつながりにくくなっているという情報も出ており、落ち着いて行動するようにお願いいたします。なお、NTTドコモでは一時熊本県での着信を規制していたもののすでに解除し、KDDIは障害は確認されていないということです。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」を発表!シリーズ最軽量75gで持ち運びやすく――4月下旬以降に発売予定


Y!mobile向けの新しいモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の新商品として約75gの軽量なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」(Huawei Technologies製)を2016年4月下旬以降に発売すると発表しています。

また、発売に合わせてPocket WiFi 506HW向けの新料金プランとして3年間月額2,480円(税抜)で月間データ通信量5GBの高速データ通信を利用できる「Pocket WiFiプラン2 ライト」を提供開始します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。