S-MAX

Y!mobile

ワイモバイルショップ店頭の窓口で月々の利用料を支払う場合に10月1日以降は収納手数料がかかるように!ハートフルサポートなど一部条件は対象外


Y!mobileでは10月から収納手数料を新設!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は10日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」において月々の利用料金をワイモバイルショップの窓口で支払う場合に2017年10月1日(日)より新たに収納手数料がかかるようになるとお知らせしています。

カード決済や口座振替の確認が取れない際に発行される請求書での支払いの場合も含むとのこと。なお、カード決済や口座振替の手続き中(最長3カ月)の場合やハートフルサポート、ハートフルコース対象となる場合については手数料が無料となる場合もあるとのこと。

続きを読む

ソフトバンクとワイモバイルにて1.7GHz帯における3Gサービスを東京メトロの駅および駅間では前倒しで8月31日に終了することを案内!お得な乗り換えキャンペーンも用意


SoftBank・Y!mobileで東京メトロの1.7GHz帯3Gサービスが前倒し終了に!

ソフトバンクおよびウィコム沖縄は3日、すでに案内していた携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において2018年1月31日(水)に終了予定の1.7GHz帯(Band 3)における3Gサービスについて東京メトロの各路線における地下駅および地下駅間にて前倒しで2017年8月31日(木)以降に利用できなくなるとお知らせしています。

なお、地上区間については2018年1月31日までは屋外基地局の電波によって継続して利用可能で、2017年8月31日以降の各駅および駅間における利用可・不可について案内されているほか、より新しい機種への乗り換えにおけるお得なキャンペーンが用意されています。

また同社では7日に改めて1.7GHz帯(Band 3)における3Gサービスを2018年1月31日に終了し、同周波数帯におけるLTEサービスを2018年2月以降順次拡大(現在の10MHz幅から15MHz幅へ)予定であると案内しています。

続きを読む

NTTドコモおよびau、ソフトバンクが九州の大雨の影響で福岡県朝倉市や大分県日田市の一部で携帯電話サービスが利用できない状況になっていると案内!災害用伝言板も運用開始


大雨の影響で各携帯電話サービスが一部で利用不可に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは5日、九州地方を中心とした記録的な大雨の影響で福岡県朝倉市や大分県日田市の一部で各社の携帯電話サービスが2017年7月5日(水)15時半頃から利用できない状態になっているとお知らせしています。

合わせて各社では「災害用伝言板」の運用を開始したことを案内しています。災害用伝言板は、NTTドコモおよびau、SoftBank、Y!mobileのほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)などでは以前に紹介しているようにNTT東日本・NTT西日本が提供する「災害用伝言板(web171)」が利用できます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBankの3G・4GケータイにMNP・番号移行すると3年間月額1080円割引するキャンペーン「ガラケー通話し放題割」を6月30日より実施!ワイモバイルのケータイ&PHSも対象


SoftBankがキャンペーン「ガラケー通話し放題割」をスタート!

ソフトバンクは29日、他社ケータイなどから携帯電話ブランド「SoftBank」における4Gケータイ・3Gケータイに乗り換え(MNP)もしくは番号移行する場合に3年間1,080円/月(税込)の割引を受けられるキャンペーン「ガラケー通話し放題割」を2017年6月30日(金)より開始すると発表しています。

通話定額基本料(ケータイ)から割り引きすることで、24時間すべての国内通話が無料となるプランが月額1,620円(税込)から利用可能です。さらに一部の機種は本体代金も実質負担額0円となるとのこと。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けおサイフケータイ対応のAndroid Oneスマホ「X1」を6月30日に発売!実質約3万5千円からで、機種変更手数料無料キャンペーンも実施


ワイモバイル向けスマホ「Android One X1」が6月30日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は22日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの「2017年夏モデル」のうちの「Android One」シリーズにおける約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「X1」(シャープ製)を2017年6月30日(金)に発売すると発表しています。

公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」では現時点ではまだ予約や販売を開始していませんが、価格(税込)は本体価格が70,524円(頭金540円+分割2,916円/月×24回)、月間割引がスマホプランSなら972円/月×24回(総額23,328円)、スマホプランM・Lなら1,512円/月×24回(総額36,288円)、実質負担額がスマホプランSなら47,196円、スマホプランM・Lなら34,236円。なお、ワイモバイルショップなどの店頭でも販売されます。

また同日、ソフトバンク コマース&サービスから公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」にてライフウェアブランド「malamute」とコラボレーションしたケース「malamute Design Soft Case」や「malamute Design Stand Flip」なども販売されます。

さらに発売に合わせてワイモバイルではAndroid Oneシリーズのスマホへ機種変更する個人契約者を対象に機種変更手数料(通常税別3,000円)を無料とする「Android One 機種変更手数料無料キャンペーン」を6月30日から9月30日まで実施します。対象機種はX1以外にも507SHおよびS1、S2も含まれます。

その他、X1を購入した場合に「Google Play」で使うことができる1,000円分のクーポンコード、Google PlayやGoogleサービスでAndroid Oneをより楽しむ方法が記載された冊子「Google サービスの便利な使い方ガイド」、Android Oneの設定方法などが記載された冊子「Android One X1 活用ガイド」をプレゼントするとしています(在庫がなくなり次第終了)。

続きを読む

ソフトバンク、旧イー・モバイル向け「災害用伝言板」や「Webアクセス制限」、「emobileメール」などを終了!ワイモバイルのスマホやケータイでは災害用伝言板・フィルタリングを継続


旧イー・モバイル向け「災害用伝言板」や「Webアクセス制限」、「emobileメール」などが終了に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は15日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」において提供している旧イー・モバイルのサービスのうちの「災害用伝言板」および「Webアクセス制限」、「emobileメール(@emobile.ne.jpドメイン)」、「メールサービス(@bb.emobile.jpドメイン)」を終了するとお知らせしています。

終了日は災害用伝言板およびWebアクセス制限が2018年1月31日(水)、2つのメールサービスが2018年7月31日(火)とのこと。対象機種は旧イー・モバイルのデータ通信端末。

なお、ワイモバイルのスマートフォン(スマホ)やケータイ向けの「災害用伝言板」およびフィルタリングサービスは継続して提供するということです。

続きを読む

「The 電話」がキャッチフレーズの通話に特化したY!mobile向けストレートケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!VoLTE&HD Voice(3G)対応でクリアな音質を実現【レポート】


話に特化したストレートタイプのケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新しいセイコーソリューションズ製ストレート型ケータイ「Simply(シンプリー)」(型番:603SI)を2017年8月上旬以降に発売すると発表しました。

スマートフォン(スマホ)のような高機能性はないものの扱い易さから一定の人気を持つストレートタイプのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)で、AndroidをベースとしたOSが採用されています。発売までは若干の期間がありますが、発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

おサイフケータイと指紋認証に対応したワイモバイル向けAndroid Oneスマホの最上位モデル「X1」を写真で紹介!ファッションブランド「malamute」コラボケースも登場【レポート】

androidone-x1-001
新たにおサイフケータイと指紋認証に対応した新型「android one X1」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「Android One」シリーズにおいて新しく約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「X1」(シャープ製)を2017年6月下旬以降に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズはオペレーティングシステム(OS)としてほぼカスタマイズされていないAndroidを搭載し、その動作や定期的なセキュリティアップデートを保証したリファレンス端末的な立ち位置で販売されますが、本機はAndroid Oneの仕様に準拠していながら指紋認証センサーやFelicaを搭載しており、比較的高性能なシリーズ最上位モデルという位置付けの端末です。

発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、端末の詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

コンパクトでパステルカラーがかわいいY!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Poket WiFi 601ZT」を写真で紹介!表示フォントのデザインや色にも注目【レポート】


コンパクトでスクウェアデザインがかわいい「Poket Wi-Fi 601ZT」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」シリーズの新製品「Pocket WiFi 601ZT」(ZTE製)を2017年8月上旬以降に発売すると発表しました。

ノートPCやタブレットを外出先で手軽にネット環境に繋ぐ手段として未だに人気のあるモバイルWi-Fiルーターですが、その代名詞とも言えるシリーズがY!mobileの「Poket WiFi」シリーズです。本機はそのシリーズの中でもサイズ感や見た目にこだわった機種で、非常に可愛らしいデザインになっています。

発売までは若干の期間がありますが、発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601ZT」を発表!見た目もかわいい正方形デザインで71mm・93gの小型・軽量モデル、下り最大112.5Mbps対応ーー8月上旬発売


ワイモバイル向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601ZT」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」シリーズの新製品「Pocket WiFi 601ZT」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2017年8月上旬以降を予定。持ち運びやすさやデザインにこだわったコンパクトなモデルで、正方形のデザインでピンクやホワイト、ブルーといったかわいらしい色使いが特長となっています。通信速度は下り最大112.5Mbpsおよび上り最大37.5Mbps。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。