S-MAX

Y!mobile

ワイモバイルオンラインストア限定タイムセールにSIMカードの単体契約がMNPのみながら追加!契約事務手数料無料&PayPayボーナス3千円分還元


Y!mobile Online Store限定タイムセールにSIMカードが追加!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は13日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」限定で毎日21時〜翌9時に「タイムセール」を実施していますが、本日12月13日(金)はSIMカードのみの契約が追加されるとお知らせしています。

契約種別は他社から乗り換え(MNP)のみですが、決済サービス「PayPay」で使えるPayPayボーナスが3,000円相当もらえるとのこと。また現在、ワイモバイルオンラインストアでは契約事務手数料無料キャンペーンを実施しているため、お得に契約できるようになっています。

なお、携帯電話サービス「SoftBank」からの番号移行は対象外となるほか、ワイモバイルオンラインストアにおけるMNPはソフトバンク回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)からは行えません。また付与されるPayPayボーナスは出金・譲渡はできないのでご注意ください。

続きを読む

ワイモバイル向け最新Android Oneスマホ「S6」と「S7」が12月19日に発売!12月13日に予約受付を開始し、価格は3万6000円と3万9600円に


Y!mobileスマホ「Android One S6」と「Android One S7」が12月19日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は12日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」のうちの「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One S6」(京セラ製)および「Android One S7」(シャープ製)を2019年12月19日(木)に発売すると発表しています。

発売に先立ってワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて12月13日(金)より事前予約受付が実施され、本体価格(税込)はAndroid One S6が36,000円、Android One S7が39,600円とのこと。なお、他の製品では「端末価格割引」または「分割支払金割引」が実施されており、これらの製品でも割引が実施される見込み。

またAndroid One S6およびAndroid One S7を2020年2月29日(土)までに購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )をそれぞれ京セラとシャープが実施します。

続きを読む

ワイモバイル向け低価格なエントリースマホ「Libero S10」の新色「レッド」を12月19日に発売!価格は本体代2万8800円の割引で1万4400円から


Y!mobileスマホ「Libero S10」の新色「レッド」が12月19日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は12日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」として販売しているアスペクト比9:18の縦長な約5.7インチディスプレイを搭載したエントリースマートフォン(スマホ)「Libero S10(型番:901ZT)」(ZTE製)の新色レッドを2019年12月19日(木)に発売すると発表しています。

ワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて販売され、価格(税込)は既存のホワイトおよびネイビーと同じく本体価格28,800円で、ワイモバイルオンラインストアではキャンペーン「端末価格割引」または「分割支払金割引」によって機種変更なら21,600円、新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら14,400円となります。

またレッドも含めたワイモバイルのLibero S10を2020年2月29日(土)までに購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )をZTEが実施しています。

続きを読む

ソフトバンク、ひとり暮らしの高齢者などの安否確認ができる「みまもりサービス」を12月19日より提供!スマホやみまもり電池を装着した家電が対象


ソフトバンクがひとり暮らしの高齢者などの安否確認ができる「みまもりサービス」を提供!

ソフトバンクは10日、スマートフォン(スマホ)や家電の使用の有無からひとり暮らしの高齢者などの安否を離れて暮らす家族が見守ることができる「みまもりサービス」の提供を2019年12月19日(木)に開始すると発表しています。見守られる側のスマホが操作された場合や専用のIoT製品「みまもり電池」(別売)を装着した照明やリモコンなどの家電が使用されると、見守る側のアプリに表示されるとのこと。

対応するスマホはiOS 11以上およびAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)で、携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」の利用者以外でも使え、料金はY!mobileのスマホベーシックプランまたはスマホプランを契約かつ対応OSのスマホを利用している場合は月額480円、それ以外の場合は月額980円(金額はすべて税別)となっています。

なお、安否確認電話機能などの一部機能が利用制限されシンプルプランが無料で用意されているほか、それ以外の場合で利用するにはYahoo! JAPAN IDおよびYahoo!ウォレットの登録が必要となっています。みまもり電池はノバルスが開発した単3形乾電池型IoT製品「MaBeee」で、みまもりサービス専用としてSB C&Sが「SoftBank SELECTION オンラインショップ」で3,190円で販売します。

またサービス開始に合わせてY!mobileにて販売されている初心者向けスマホ「かんたんスマホ(型番:705KC)」(京セラ製)にみまもりサービスを標準搭載し、すでに購入している場合には12月19日以降順次、かんたんスマホにみまもりサービスに対応するソフトウェア更新が提供されるということです。

さらに新規契約および他社から乗り換え(MNP)、契約変更でY!mobileのスマホベーシックプランを契約と同時に「スーパーだれとでも定額」に加入した60歳以上の人を対象にみまもり電池とみまもり電池を装着して使用できるセンサーライトをプレゼントするキャンペーン( https://www.ymobile.jp/cp/present_denchi/ )をサービス開始から2020年1月31日(金)まで実施します。ただし、プレゼントの在庫がなくなり次第終了するとのこと。

続きを読む

ソフトバンクとワイモバイルの3Gサービス(W-CDMA方式)が2024年1月下旬に終了!使えなくなるまたは影響の出る機種、終了するサービスなどを案内


ソフトバンクが3Gサービスを2024年1月下旬に終了!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において周波数の有効利用により安定した品質でかつ快適な通信サービスを提供するために2024年1月下旬に3Gサービス(W-CDMA方式)を終了すると発表しています。

同社では当時、ボーダフォングローバルスタンダード(VGS)として3Gサービスの提供を2002年12月に開始しましたが、現在はより高速で高品質な4G(LTE)サービスが普及したことから3Gサービスを終了して周波数の有効利用を進めるとのこと。

なお、SoftBankおよびY!mobileではすでに2017年3月末に1.5GHz帯、2018年1月末に1.7GHz帯における3Gサービスをそれぞれ4Gに転用するために終了しており、今後も高速・大容量で安定した通信サービスの提供を促進することで、利用者の満足度の向上をめざしていくとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。