S-MAX

ZE552KL

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3」に5.5インチモデルのサファイアブラックとパールホワイトを3月17日に発売!5.2インチモデルも新色クリスタルゴールドを4月中旬以降に追加


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3」に5.5インチモデルが追加!

ASUS JAPANは15日、昨年10月より販売しているASUSTeK Computer(以下、ASUS)のフラッグシップとなるSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」に新色「クリスタルゴールド(型番:ZE520KL-GD32S3)」を追加すると発表しています。

発売予定時期は2017年4月中旬以降で、価格はオープンながら既存色と同じ希望小売価格39,800円(税別)。すでに公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」にて事前予約受付を開始しています。

またこれまで日本では販売していなかった画面サイズが5.5インチの「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」も新たにサファイアブラック(型番:ZE552KL-BK64S4)とパールホワイト(型番:ZE552KL-WH64S4)を追加し、2017年3月17日(金)より販売開始するということです。

価格はオープンながら希望小売価格42,800円(税別)。合わせてZenFone 3 ZE552KL純正の専用アクセサリーとして窓付カバー「View Flip Cover」(ブラックおよびアクアブルー)やクリアケース、液晶保護フィルムを同じく3月17日より発売予定。

さらにASUS ZenFone Shopでは本日3月15日よりZenFoneシリーズ対象商品を購入でASUS純正専用アクセサリーをプレゼントする「ASUS 春のFone祭り」を実施するとのこと。対象商品と専用アクセサリーの詳細は特設サイト( http://shop.asus.co.jp/zenfone/springfonecampaign2017 )をご確認ください。

続きを読む

ASUSの最新スマホ「ZenFone 3」の気になる仕様を台湾版でサクっと紹介!デュアルスタンバイやシャッター音、4G LTE対応周波数、技適マークなど【レビュー】


shimajiro@mobiler

すでに紹介したようにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が2016年7月12日(火)に台湾にて同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」を販売開始した。

発売されたのは上記写真にあるZenFone 3の5.2インチモデル(型番:ZE520KL)と5.5インチモデル(型番:ZE552KL)の2機種。なお、同じZenFone 3シリーズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe」は8月以降、大型モデル「ZenFone 3 Ultra」は7月27日(水)にそれぞれ台湾では発売予定。

また、日本向けの販売予定などはアナウンスされておらず現時点での不明だ。とはいえ、台湾版でも対応する携帯電話ネットワークの周波数帯としては「TW/JP/HK version」となっており、JP(日本)向けがあることを示唆しており、期待が持たれる。

今回は台湾における発売日である7月12日に5.2インチ版のZenFone 3 ZE520KLを購入してきたので、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やシャッター音、技適マークなどといった気になる点を紹介したいと思う。なお、以下、特に注記がない場合は「ZenFone 3」=「ZenFone 3 ZE520KL(台湾版)」を指す。

続きを読む

ASUSの新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」を写真と動画でチェック!コスパも高く、2.5D強化ガラスとアルミ素材でデザインを刷新【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016にて展示されていた注目スマホ「ZenFone 3」を写真と動画で紹介!

台湾・台北市で5月30日~6月4日にかけて開催された世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」。既報通り、世界から多くの企業が集まり、展示や商談を行なうこのイベントに合わせて、地元の台湾メーカーの雄・ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が次期フラッグシップモデルとなるスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」を発表しました。

今回、筆者もこのCOMPUTEX TAIPEI 2016に赴き、会場内の展示ブースにおいていち早く実機に触れる機会を得たので、外観デザインや気になるポイントを写真と動画で紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。