S-MAX

ZU680KL

ASUS JAPAN、6.8インチ大画面搭載のSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」がAndroid 7.0に!

ASUS JAPANは18日、昨年12月に発売した大画面な約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)IPS+液晶を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年4月18日(火)12時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。対象製品は日本で販売されているZenFone 3 Ultra ZU680KLのグレー(型番:ZU680KL-GY32S4)およびローズゴールド(型番:ZU680KL-RG32S4)、シルバー(型番:ZU680KL-SL32S4)。主な変更点は以下の通り。

・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:最大5段階で画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で注目のau VoLTE+DSDSを試す!ZenFone 3シリーズの対応状況や注意点などもまとめ【レビュー】


SIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で話題のDSDS機能を紹介!

日本のSIMフリー市場において人気のあるASUSTeK Computer(以下、エイスース)。その最新モデル「ZenFone 3」シリーズでは、上位の「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」や「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」、そして大型の6.8インチスマホ「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3製品ではauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)におけるLTE対応SIMカードを使える「au VoLTE」と、3Gと4Gの同時待受に対応した「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に両対応しています。

特にDSDSについては昨年夏に「Moto G4 Plus」が日本初対応として発売されて以降、SIMフリー市場では話題の機能となり、ZTEの「AXON 7」や「AXON 7 mini」、FREETELの「SAMURAI KIWAMI 2」、そしてDSDSに注目して投入されたgooのスマホ第7弾「g07」など、多数の製品が発売されています。

そこで今回はすでにDSDSについてはMoto G4 PlusやAXON 7などで紹介していますが、ZenFone 3シリーズにおけるau VoLTEと両対応した点なども含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

エイスースの6.8インチ大画面スマホ「ZenFone 3 Ultra」は「Xperia Z Ultra」の代わりになるか?大きさや各機能を比較してみた【レビュー】


大画面スマホ「ZenFone 3 Ultra」と「Xperia Z Ultra」を比べてみた!

ASUS JAPANから12月9日に発売されたSIMフリーの6.8インチ大画面スマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」(ASUSTeK Computer製)。タブレットに近いサイズながら音声通話にも対応し、いわゆる「ファブレット」(Smart"Ph"oneとT"ablet"を合わせた造語)となっています。

また狭額縁デザインのため、従来の7インチタブレットと比べるとかなりサイズダウンしており、過去に大画面ながらポケットにギリギリ入るなどで人気だった「Xperia Z Ultra」(Sony Mobile Communications製)の代わりになるのではとして注目されています。

そこで今回は、開封して外観や付属品を紹介したレポートベンチマークや動画による操作性・快適性の紹介に続き、ZenFone 3 UltraとXperia Z Ultraを大きさやスペック、各機能などで比べてみたいと思います。

続きを読む

SIMフリーの大画面6.8インチスマホ「ASUS ZenFone 3 Ultra ZU680KL」の快適性をベンチマークと動画でチェック!指紋認証のロック解除などはしやすい?【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」をレビュー!

いよいよ本日12月9日(金)にASUS JAPANから発売されるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」。音声通話に対応したスマホではありますが、画面サイズはタブレットに近い約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)IPS+液晶を搭載。そのため、いわゆる「ファブレット」(Smart"Ph"oneとT"ablet"を合わせた造語)でもあります。

メーカー希望小売価格は59,800円(特に記載がない場合は税別)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では同額の59,800円、64,584円(税込)で販売されています。また、量販店や各Webショップ、仮想移動体通信事業者(MVNO)などでも販売され、UQ mobileでは49,800円(分割では頭金13,800円+1,500円/月×24回)となっています。

そんなZenFone 3 Ultra ZU680KLですが、一足早くASUS JAPANよりお借りして紹介していますが、前回の開封して外観や同梱物を紹介したのに続いて、今回は動作の快適性をベンチマークと実際に操作しているムービーにて紹介したいと思います。

続きを読む

エイスースから発売されるSIMフリーの6.8インチ大画面スマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」を一足早く開封して同梱物や外観を写真で紹介【レポート】


SIMフリーの6.8インチファブレット「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」を写真でチェック!

ASUS JAPANから12月9日(金)に発売されるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」。スマホとしていますが、タブレットに近い約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)の大画面IPS+液晶を搭載し、カテゴリーとしてはいわゆる「ファブレット」(Smart"Ph"oneとT"ablet"を合わせた造語)になります。

市場予想価格は59,800円(特に記載がない場合は税別)で、すでに事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では同額の59,800円、64,584円(税込)となっています。また、販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、MVNOでは「UQ mobile」が取り扱うことを発表済み。UQ mobileでの価格は49,800円(分割では頭金13,800円+1,500円/月×24回)。

そんなZenFone 3 Ultra ZU680KLについて一足早くASUS JAPANより発売される日本版をお借りしたのでさっそく外観や同梱物を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ASUS JAPAN、6.8インチ大画面なSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU580KL」を12月9日に発売!レーザーAF対応2300万画素カメラや4GB RAM、指紋センサーなどで5万9800円に


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU580KL」が日本で発売!

ASUS JAPANは1日、最新の「ZenFone 3」シリーズのうちの約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)の大画面IPS+液晶を搭載したSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」を2016年12月9日(金)に発売すると発表しています。

同社ではZenFone 3の日本での発表会時に日本へも投入することを明らかにしていましたが、いよいよ正式に発売日が発表されました。日本向けは他の多くのZenFone 3シリーズと同じく「au VoLTE」に対応しており、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)におけるVoLTE対応SIMカードが使えます。

またチップセットこそ、ミドルレンジ向けのQualcomm製64bit対応オクタコアCPU「Snapdragon 652(MSMMSM8976)」ですが、4GB内蔵メモリー(RAM)や強化ガラス「Gorilla Glass 4」(Corning製)、USB Type-C端子、指紋センサーなどとハイエンドモデル「ZenFone 3 Deluxe」と同じになっています。

価格はオープンながら市場予想価格は59,800円(税別)で、すでに事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込64,584円(税別59,800円)。販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、すでにMVNOでは「UQ mobile」が取り扱うことを発表しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。