S-MAX

ZenFone3

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL」と「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」の価格を改定!それぞれ5千円と1万円値下げされ、税抜で3万4800円と4万5800円に


SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL」と「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」が値下げ!

ASUS JAPANは8日、昨年秋より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」と「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」の2機種について価格を改定して値下げすると発表しています。

価格はオープンですが、希望小売価格および公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」での価格が改定され、税抜ではZenFone 3 ZE520KLが39,800円から34,800円へ5,000円値下げ、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが55,800円から45,800円へ10,000円値下げされています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL・ZE552KL」およびタブレット「ZenPad 8.0 Z380M」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ASUSのスマホ「ZenFone 3」とタブレット「ZenPad 8.0」がAndroid 7.0に!写真はZE552KL

ASUS JAPANは12日、昨年10月より販売しているASUSTeK Computer(以下、ASUS)のSIMフリースマートフォン(スマホ)のうちの5.2インチモデル「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」および今年3月より販売している5.5インチモデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」、昨年7月に発売した8インチタブレット「ZenPad 8.0(型番:Z380M)」の3機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年5月15日(月)12時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号はZE520KLが「JP_14.2020.1703.33_20170424」、ZE552KLが「JP_14.2020.1703.33_20170424」、Z380Cが「JP_V5.3.8_20170421」。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能
1)マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能です。
 ※機能をサポートするアプリのみ有効
2)データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
3)新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
4)画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:最大5段階で画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
5)表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
6)アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

ASUS JAPANが光学ズーム対応スマホ「ZenFone 3 Zoom」を参考展示!日本でも発表・発売間近かーーZenFone 3 ZE520KLの新色やZenFone 3 Max ZC553KLも写真で紹介【レポート】


ASUS JAPANが「ZenFone 3 Zoom」を参考展示!日本でも発売へ

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にて「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」と題してASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)の最新機種「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」の発表会を実施しました。会場に設けられた展示コーナーではZenFone ARのタッチ&トライはもちろん、ZenFone ARの売りである「AR」と「VR」を体験できるコーナーが大盛況でした。

これらについては別途レポートを掲載予定ですが、展示コーナーには他にも4月15日(土)に発売が予定されている「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の新色「クリスタルゴールド」や「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」もタッチ&トライできるようになっていました。

また日本国内では現時点では未発表で、海外ではZenFone ARと一緒に発表された光学ズームに対応した最新スマホ「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」も参考展示として、今回実機を撮影する機会がありましたので、まとめてご紹介したいと思います。

続きを読む

期待のあの「8」の付くスマホの話やスレスレの危険なトークが飛び出す!?九州発のガジェットイベント「めんたいガジェットフェス2017」紹介(後編)【レポート】


期待度MAXなあのスマホの話など、普通のイベントではなかなか聞けない話題がてんこ盛りなめんたい3の会場レポート後編をお届け!

既報通り、福岡・博多のリファレンス駅東ビルにて福岡発のスマートフォン(スマホ)などのモバイルガジェット関連ファンイベント「めんたいガジェットフェス2017」(通称:めんたい3)が3月19日に開催されました。

本イベントではメーカーや企業などが主催する大規模なイベントと異なり、普段のイベントなどでは聞くことのできないディープな話題や裏話的な貴重なエピソードを直接聞くことができたり、といった点も本イベントの魅力となっています。

前回に続く後編となる本記事では、前々回の第1回以来の参加となるASUS JAPANとめんたい初参加のGalaxy(サムスン電子ジャパン)の登壇の様子をお伝えします。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3」に5.5インチモデルのサファイアブラックとパールホワイトを3月17日に発売!5.2インチモデルも新色クリスタルゴールドを4月中旬以降に追加


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3」に5.5インチモデルが追加!

ASUS JAPANは15日、昨年10月より販売しているASUSTeK Computer(以下、ASUS)のフラッグシップとなるSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」に新色「クリスタルゴールド(型番:ZE520KL-GD32S3)」を追加すると発表しています。

発売予定時期は2017年4月中旬以降で、価格はオープンながら既存色と同じ希望小売価格39,800円(税別)。すでに公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」にて事前予約受付を開始しています。

またこれまで日本では販売していなかった画面サイズが5.5インチの「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」も新たにサファイアブラック(型番:ZE552KL-BK64S4)とパールホワイト(型番:ZE552KL-WH64S4)を追加し、2017年3月17日(金)より販売開始するということです。

価格はオープンながら希望小売価格42,800円(税別)。合わせてZenFone 3 ZE552KL純正の専用アクセサリーとして窓付カバー「View Flip Cover」(ブラックおよびアクアブルー)やクリアケース、液晶保護フィルムを同じく3月17日より発売予定。

さらにASUS ZenFone Shopでは本日3月15日よりZenFoneシリーズ対象商品を購入でASUS純正専用アクセサリーをプレゼントする「ASUS 春のFone祭り」を実施するとのこと。対象商品と専用アクセサリーの詳細は特設サイト( http://shop.asus.co.jp/zenfone/springfonecampaign2017 )をご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。