S-MAX

ZenWatch

ASUS JAPANが「台湾フェスタ2016」に出展!スマホやPCのタッチ&トライにお祭りらしいチャレンジ企画まで楽しいイベントを紹介【レポート】

6c3fcff1.jpg
ASUSも台湾フェスタに参加!祭りでたいわっしょい!?

東京・渋谷の代々木公園内イベント広場にて2016年7月30〜31日の2日間に渡って台湾の魅力を日本に感じてもらってさらなる国際親善の推進を行なうことを目的にイベント「台湾フェスタ 2016」(主催:台湾フェスタ実行委員会、共催:日本華商総会)が開催されました。

このイベントにスマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などを扱う台湾メーカーのASUSTeK Computer(以下、ASUS)の日本法人であるASUS JAPANが出展。そこで、本記事では日本ではSIMフリースマホの販売も好調なASUS JAPANのブースの様子をレポートしたいと思います。

続きを読む

価格を抑えた時計らしいデザインが魅力!ASUSの2世代目なAndroid Wearスマートウォッチ「ZenWatch 2」のパッケージや外観を写真でチェック【レビュー】

クラウンボタンをもつZenWatch

ASUS JAPANが11月より販売開始した第2世代のASUSTeK Computer(以下、ASUS)製Android Wear搭載スマートウォッチ「ZenWatch 2」(型番:WI501QおよびWI501Q)。これまで本革ストラップモデルが11月13日、メタルストラップモデルが同月20日に発売され、そして、12月4日に発売となったローズゴールドで3モデル全て揃ったことになる。

ファーウェイ・ジャパンやサムスン電子ジャパンも新しいスマートウォッチを発表・発売しているが、ZenWatch 2はガジェット感を排除したまさに"腕時計"らしいデザインを狙いつつ、なおかつ29,800円(税別)と価格を抑えているのが魅力だ。

筆者も初代「ZenWatch」を使って1年となるが、Android Wear自体も進化して今どんな状況なのかを把握しやすくなっている。主な用途は着信の気付きと、ごく普通に時計ライフログを取ることが目的となった。今ではごく普通に身につけるものとして愛着が沸いてきている。

そこで、今回は発売されて間もない第2世代のZenWatch 2(49mm)のパッケージと外観を紹介していく。

続きを読む

Wi-Fi搭載でさらに便利に!ファッショナブルなAndroid Wearスマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2」を写真と動画で紹介【レポート】

女性にも丁度いいサイズも登場!

既報通り、ASUS JAPANは11日、都内にてスマートフォン(スマホ)とスマートウォッチの新製品発表会「ASUS Zensation」を開催し、6インチ大画面なSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 2 Laser(型番:ZE601KL)」やAndroid Wearスマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2(型番:WI501QおよびWI502Q)」を披露した。また、9月発売の「ASUS ZenFone Selfie(型番:ZD551KL)」の新色のイリュージョンパープルとイリュージョンホワイト、8月発売の「ASUS ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」のゴールドとシルバーの新色追加も発表した。

プレゼンテーションの模様ZenFone 2 Laser ZE601KLの紹介に続いて、今回は発表会後のタッチ&トライコーナーで触ることができたZenWatch 2を写真と動画で紹介する。

続きを読む

ASUS JAPAN、Android Wear採用のスマートウォッチ「ZenWatch 2」を11月13日より順次発売!本革とメタル、スポーツタイプの3モデルと2サイズが用意――価格は2万9800円から


スマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2」が11月13日より順次発売!

ASUS JAPANは11日、都内にて新製品発表会「ASUS Zensation」を開催し、Googleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したスマートウォッチ「ZenFone 2」を日本国内にて2015年11月13日(金)より順次発売すると発表しています。

ZenFone 2は49mmサイズ(型番:WI501Q)と45mmサイズ(型番:WI502Q)の2つのサイズがあり、さらに各サイズともにバンド(ストラップ)がメタルや本革の2種類が販売され、さらに別売りのスポーツタイプなどの専用バンドも用意されました。発売時期はメタルストラップモデルが11月下旬、本革ストラップモデルのローズゴールドが12月上旬以降を予定。

価格(すべて税抜)はオープンながら公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」ではメタルストラップモデルが36,800円、本革ストラップモデルが29,800円。

また、専用ストラップは49mmモデル向けにガンメタル(メタル)が11,980円(11月下旬発売予定)、ダークブルー(本革)が3,980円、ブラウン(スポーツ)が2,980円、45mmモデル向けにシルバー(メタル)が11,980円(11月下旬発売予定)、グレーベージュ(本革)が3,980円、アクアブルー(スポーツ)が2,980円、両モデル向け専用充電USBケーブルストラップが2,980円(11月下旬発売予定)となっています。括弧がないものは11月13日発売予定。

なお、49mmモデル向けは初代「ZenWatch(型番:WI500Q)」と共通バンドで、一般的な腕時計用の22mmバンド、45mmモデルは腕時計用の18mmバンドが装着できるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、新製品発表を11月11日に実施!キャンペーンで新製品を2人にプレゼント――Android Wearスマートウォッチ「ZenWatch 2」か


ASUSがスマートウォッチ「ZenWatch 2」を日本で発売へ!

ASUS JAPANは4日、日本にて新製品発表を2015年11月11日(水)に実施すると公式Facebookページ( https://www.facebook.com/asus.jp )にてお知らせしています。また、新製品発表に先立って発表される予定の新製品をプレゼントするキャンペーンも開始しています。

公開されたティザー画像には発表される日付のほか、うっすらと下の方にAndroid Wearを採用したスマートウォッチ「ZenWatch 2」が映しだされており、新製品がZenWatch 2である可能性が高いと思われます。

続きを読む

最新バージョン「Android Wear 5.0」が配信開始!スマートウォッチ「ASUS ZenWatch」をバージョンアップして何が変わったかチェック【レビュー】

ZenWatchもAndroid Wear最新バージョンに対応!

既報の通り、Google(グーグル)はスマートウォッチをはじめとするウェアラブルデバイス向けのプラットフォーム「Android Wear」の最新バージョン5.0のソフトウェア更新を提供開始した。

これまで紹介してきたASUSTeK Computer(以下、ASUS)製スマートウォッチ「ASUS ZenWatch(型番:WI500Q)」(以下、ZenWatch)も最新バージョンがネットワーク更新(OTA)可能となったので、さっそくバージョンアップしてみた。

今回は、Android 5.0.1ベースのAndroid Wear 5.0.1となり、文字盤(ウォッチフェイス)の変更など、使う楽しさが増したZenWatchを紹介していく。

続きを読む

どんなことに使える?Android Wear採用ASUS製スマートウォッチ「ZenWatch」をZenFone 5やXperia Z3と連携して使ってみた【レビュー】

ZenWatchでもっとスマホを使いこなそう

ASUS JAPANから11月21日に発売となったASUSTeK Computer(以下、ASUS)製スマートウォッチ「ASUS ZenWatch(型番:WI500Q)」(以下、ZenWatch)だが、2週間ほど試用していると普通の腕時計のような形状に愛着が沸いてくる。

今回はこのZenWatchと同じくASUS製のAndroidスマートフォン「ZenFone 5」(型番:A500KL)、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z3」(今回利用したのはau向け「Xperia Z3 SOL26」)を交えてZenWatchの使い勝手を紹介していく。


続きを読む

Androidスマートフォンの便利なコンパニオンデバイス!ASUS製スマートウォッチ「ZenWatch」の機能をチェック【レビュー】

01
ZenWatchで何ができるの?

ASUS JAPANが今年11月下旬に発売するASUSTeK Computer(以下、ASUS)製スマートウォッチの「ASUS ZenWatch(型番:WI500Q)」(以下、ZenWatch)をお借りしている。前回は開封レポートを行ったが、レビュー第2回目となる今回は、ZenWatchではどんなことができるのかを紹介して行く。

ZenWatchはGoogleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を搭載したASUS初の腕時計型デバイスで、ASUS製スマートフォンだけではなく、Android 4.3(開発コード名:JellyBean)以上を搭載する機種との連携やWellness(ウェルネス)機能を搭載している。

とはいえ、ZenWatchは今月8日に発売されたASUSのAndroidスマートフォン「ZenFone 5」の「Zen UI」との親和性が高い。なお、ZenFone 5や他社製Androidデバイスとのリンク(連携)については次回以降取り上げていこうと思う。

まずは、ZenWatchでどういったことができるのかといった点を機能を紹介しながらチェックして行こう。ちなみに、ZenWatchのスクリーンショットは以前紹介した記事「スマートウォッチでも画面を保存したい!Googleの「Android Wear」でスクリーンショットを撮る方法【ハウツー】」を参考に行った。Windows 8.1でも標準のGoogle USBドライバーでZenWatchが認識できていることを報告しておく。

続きを読む

ZenFone 5がさらに便利に!Android Wear搭載スマートウォッチ「ASUS ZenWatch WI500Q」の製品版パッケージを一足お先に開封してみた【レビュー】

日本国内では11月下旬発売のスマウォ「ZenWatch」を一足お先に紹介

既報通り、ASUS JAPANが10月28日に開催した新製品発表イベント「UNLOCK THE FUTURE 新たなる境地へ」で日本国内でも販売することが発表されたスマートウォッチ「ASUS ZenWatch(型番:WI500Q)」(以下、ZenWatch)。いよいよ今月末に販売開始される。

ZenWatchはGoogleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を搭載したASUS初の腕時計型デバイスで、Android 4.3(開発コード名:JellyBean)以上を搭載する機種との連携やWellness機能を搭載している。

すでに他のメーカーからもいくつかのAndroid Wear搭載スマートウォッチが発売されているが、ZenWatchの特長としては腕時計としても"クラシカル"なデザインを採用しており、腕時計としての価値も高い印象を受ける点だろう。

今回はすでに紹介した「ZenFone 5」と同様に一足お先にZenWatchの製品版を借りることできたので、付属品や外観、ZenFone 5とのペアリングの様子を紹介したいと思う。


続きを読む

ASUSがSIMフリースマホ「ZenFone 5」とスマートウォッチ「ZenWatch」を日本国内で発売!発表会「UNLOCK THE FUTURE」を開催ーそれぞれを写真と動画でチェック【レポート】

LTE回線は自分で選ぶ時代へ、SIMフリースマホZenFone 5

既報通り、ASUS JAPANは28日、LTEに対応したハイクラスSIMフリースマートフォン「ZenFone 5」(ゼンフォン ファイブ)とAndroid Wear搭載スマートウォッチ「ASUS ZenWatch」(エイスース ゼンウォッチ)を国内向けに販売することを発表した。

同日、これらの日本市場への取り組みについて説明する「UNLOCK THE FUTURE 新たなる境地へ」と題した新製品発表会が開催され、ZenFone 5およびZenWatchの開発機の展示も行われていたので、発表会の模様とともに写真と動画で紹介したいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。