S-MAX

au

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、山陽電鉄 本線の「西代駅~東須磨駅」区間トンネル内において携帯電話サービスを8月26日始発より提供開始


山陽電鉄 本線の西代駅~東須磨駅区間トンネル内で携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、山陽電鉄が運行す「山陽電鉄 本線」における「西代駅~東須磨駅」区間のトンネル内において携帯電話サービスを2016年8月26日(金)始発より提供開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用可能となります。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「IIJmio」にau回線の個人向けサービス「モバイルサービス タイプA」が10月より追加!初期費用などが割り引かれる「お得な音声Wキャンペーン」も実施


IIJmioのau回線が10月から個人向けでも提供開始!お得な音声Wキャンペーンも

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は23日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」において新たにauの4G回線を利用した個人向けサービス「IIJmio モバイルサービス タイプA」を2016年10月1日(土)に提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでにもNTTドコモ回線だけでなく、法人向けにau回線のMVNOによる携帯電話サービスを提供してきましたが、新たにau回線も個人向けに提供し、ケイ・オプティコムの「mineo」に続いて個人向けでもマルチキャリア対応のMVNOとなります。なお、提供されるのはau VoLTE対応SIMカードのみで、auの3Gサービスは提供されません。

また合わせて、NTTドコモ向けの個人向け「IIJmio 高速モバイル/D」も10月1日より「IIJmio モバイルサービス タイプD」に名称を変更。マルチキャリア対応によって、スマートフォン(スマホ)などの製品やエリアに合わせて契約回線を選択することが可能になります。

さらにIIJmioでは同一プラン内で複数のSIMカードを利用する場合に、タイプDとタイプAを混在させたり、両タイプ間で高速データ通信量をシェアすることも可能になるということです。なお、マルチキャリア対応を記念し、2016年9月1日(木)~9月30日(金)に「お得な音声Wキャンペーン」( https://www.iijmio.jp/campaign/voicew/ )も実施します。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「GALAXY Note Edge SCL24」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月24日10時から提供開始


auスマホ「GALAXY Note Edge SCL24」にAndroid 6.0が提供開始!

KDDIは22日、au向けに2014年10月に発売したスマートフォン(スマホ)「GALAXY Note Edge SCL24」(サムスン電子製)に対して「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年8月24日(火)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新は本体(Wi-FiおよびLTE、WiMAX 2+、3G)のみで直接更新する方法およびパソコン(PC)を接続して更新する方法が用意。アップデートファイルサイズは本体のみで約1.3GB、PCを用いた方法で約2.1GB、更新時間は本体のみのWi-Fiまたは4G(LTEおよびWiMAX 2+)で約50分、3Gで約95分、PCを用いた方法で約40分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。更新内容は以下の通り。

主な改善内容
・Android 6.0による機能・操作性の向上
 詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける主な機能追加について(2.6MB)[PDF資料]

 ・OSアップデート前に指紋認証をご利用の場合、OSアップデート直後はロックスクリーン解除画面でバックアップパスワードが必要になります。
 ※バックアップパスワードは指紋認証登録時に設定したパスワードです
 ・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認下さいますようお願い致します。
 ・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「OSアップデートによる設定初期化/削除・名称変更項目」をご確認ください。
 OSアップデートによる設定初期化/削除項目(818KB)[PDF資料]
 ・アプリのバージョンが古い状態でOSアップデートを行うと、アップデート後にエラーメッセージが表示されることがあります。その際はアプリのアップデートを行ってください。

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGALAXY Note Edge SCL24をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G02」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月23日12時から提供開始


auスマホ「TORQUE G02」にAndroid 6.0が提供開始!

KDDIは19日、au向けに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たに京セラ製スマートフォン(スマホ)「TORQUE G02」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年8月23日(火)12時より提供開始するとお知らせしています。

更新は本体(Wi-FiおよびLTE,WiMAX 2+)のみで直接更新する方法が用意。アップデートファイルサイズは約1.18GBで、更新時間は約100分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。更新内容は以下の通り。

以下の事象が改善されます。
・Android 6.0による機能・操作性の向上
 詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加について

 ※本アップデートを実施するには、ソフトウェアバージョン「106.0.3330」にアップデートする必要があります。

 ・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
 ・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「OSアップデートによる設定初期化/削除・名称変更項目」をご確認ください。

 OSアップデートによる設定初期化/削除・名称変更項目(649KB)[PDF資料]

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にTORQUE G02をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、auのiPhoneやiPadにおけるApp Storeなどにてキャリア決済「auかんたん決済」が利用可能に!ソフトバンクでも対応予定


iPhoneやiPadのApp Storeなどにてキャリア決済が提供開始!まずはauで利用可能

KDDIおよび沖縄セルラーは17日、auのiPhoneやiPadなどで利用する「App Store」や「Apple Music」、「iTunes」、「iBooks」といったAppleの各サービスにおける支払方法として「auかんたん決済」(いわゆる「キャリア決済」)に2016年8月17日(水)から対応したと発表しています。

国内ではApp Storeなどにおけるキャリア決済は初の対応となり、auのiPhoneなどの契約者はApple IDの支払方法にauかんたん決済を選ぶことが可能となります。

これに対し、ソフトバンクでもSoftBankにおけるApp Storeなどでのキャリア決済に対応予定であることを明らかにしています。なお、NTTドコモでは「現時点での対応予定はない」としていますが、他社が対応しているため、そのうち対応してくるのではないかと見られます。

続きを読む

安心・便利を追求してついに10世代目!耐衝撃性能も備えたau向け4G LTE対応折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ KYF32」の京セラによる説明会を紹介【レポート】

kyf32-001
京セラ製au向け「かんたんケータイ」がさらに使いやすくなって登場!

京セラは9日、都内にて今夏のau向け最新モデルとなる折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ(型番:KYF32)」の商品説明会を開催しました。かんたんケータイは主にシニア層をメインターゲットとしたフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)タイプの製品で、OSにAndroidを採用した「ガラホ」となっています。

すでに7月30日よりauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」など販売が開始されており、価格(税込)は本体価格が32,400円、他社から乗り換え(MNP)での契約の場合実質負担は10,800円、新規契約と機種変更では実質負担は21,600円となっています。

京セラはこれまでにも「簡単ケータイ」シリーズを作り続けてきており、初代となる「W32K」から数えて11年、かんたんケータイは10世代目の製品となります。また前機種となる「簡単ケータイ K012」からは4年ぶりの新機種投入となりましたが、このタイミングとなった経緯やかんたんケータイに盛り込んだ新機能にはどのような意図があるのでしょうか。今回はそういった点を説明会の模様を通して紹介したいと思います。

続きを読む

ASUS JAPAN、人気のSIMフリースマホ「ZenFone Go ZB551KL」にau VoLTEへ対応するソフトウェア更新を提供開始!マルチキャリア対応となり、UQ mobileからも販売開始


SIMフリースマホ「ZenFone Go ZB551KL」にau VoLTEへ対応するソフトウェア更新が提供開始!

ASUS JAPANは8日、今月4日にau回線による高音質通話サービス「VoLTE」に対応することが発表されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」(ASUSTeK Computer製)に対してau VoLTEに対応するソフトウェア更新(OTA)を2016年8月8日(月)9時より順次配信開始したとお知らせしています。

これにより、NTTドコモ回線とau回線のマルチキャリアに対応し、合わせて、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービスを提供しているUQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄の「UQ mobile」ではZenFone Goを量販店などの店頭では8月8日から、公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」では8月9日から販売されます。

なお、ZenFone Goについては同じくau回線のMVNOを提供しているケイ・オプティコムの「mineo」でもドコモプランだけでなく、auプランでも使えるようになるとしています。なお、ケイ・オプティコム自体がZenFone Goを販売するのは9月1日からとなっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、コスパが高いと人気のSIMフリースマホ「ZenFone Go ZB551KL」にau VoLTEへ対応するソフトウェア更新を提供!UQ mobileからも販売開始


SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Go ZB551KL」がau VoLTEに対応!

ASUS JAPANは4日、同社が日本国内にて今年4月2日より販売しているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」(ASUSTeK Computer製)においてau回線による高音質通話サービス「VoLTE」に対応するソフトウェア更新(OTA)を提供し、NTTドコモ回線とau回線のマルチキャリアに対応すると発表しています。

またこれを受けて、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービスを提供しているUQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄の「UQ mobile」ではZenFone Goを販売するほか、ケイ・オプティコムの「mineo」ではドコモプランだけでなく、auプランでも使えるようになるとお知らせしています。

なお、更新は当初は2016年8月5日(金)9時より順次配布予定としていましたが、その後、ソフトウェア更新の配信までの流れの中で不備があったとして配信日を少しの間延期するとしています。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「AQUOS SERIE SHV32」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月3日10時から提供開始


auスマホ「AQUOS SERIE SHV32」にAndroid 6.0が提供開始!

KDDIは1日、au向けに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE SHV32」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年8月3日(水)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新は本体(Wi-FiおよびLTE,WiMAX 2+)のみで直接更新する方法が用意。アップデートファイルサイズは約916MBで、更新時間は約90分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。更新内容は以下の通り。

以下の事象が改善されます。
・Android 6.0による機能・操作性の向上。

詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける主な機能追加について

・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認下さいますようお願い致します。
・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「OSアップデートにおける機能削除項目ならびにデータ初期化項目について」をご確認ください。
・OSアップデート後は、サイレントマナー設定時に「メディアの音量」(音楽や動画再生時のなどの音量)もサイレントとなります。
・アプリのバージョンが古い状態でOSアップデートを行うと、アップデート後にエラーメッセージが表示されることがあります。 その際はアプリのアップデートを行ってください。

 OSアップデートにおける機能削除項目ならびにデータ初期化項目について

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS SERIE SHV32をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

ほとんどデジカメ!?シニア層以外にもオススメしたいわかりやすくて使いやすいau向けスマホ「BASIO2 SHV36」を写真と動画でチェック【レポート】

au向けスマホ「BASIO2 SHV36」を写真と動画で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは28日、都内にて「au発表会 2016 Summer Vol.2」を開催し、わかりやすいから使いこなせるAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「BASIO2(型番:SHV36)」(シャープ製)を2016年8月5日(金)に発売すると発表した。

すでにauショップや量販店などのau携帯電話取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が開始されており、価格(税込)は本体価格が59,400円、実質価格が新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で32,400円、キャンペーンで2016年8月29日(月)までは10,800円引きの実質21,600円となります。

主なスペックとしては約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶(広視野角、S-PureLED、Corning Gorilla Glass 4)および64bit対応Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 617 MSM8952)」(1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア)、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大200GB)、約1300万画素裏面照射積層型CMOSリアカメラ、約500万画素裏面照射型CMOSフロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、赤外線、GPS、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)、ワンセグ(視聴のみ)や緊急速報メール、エモパー 4.0など。

今回は発表会終了後のタッチ&トライコーナーでBASIO 2の実機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。