S-MAX

au

倍速120HzのIGZO液晶で初の高解像度WQHDディスプレイや音声アシスタントを搭載したシャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」を紹介!無難でかつ長く使える1台に【レビュー】


シャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」をレビュー!

日本のNTTドコモおよびau、SoftBankの主要3キャリアから「2017年夏モデル」として一斉に7月7日に発売されたシャープ製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」。倍速120Hz駆動の約5.3インチWQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶ディスプレイや、付属する動いて話しかける充電スタンド「ロボクル」を活用した機能を搭載していることが特長のハイエンドモデルとなっています。

シャープのスマホと言えば、これまでの製品では販売するキャリアごとに若干異なった仕様や商品名となっていましたが、今回のAQUOS Rでは各キャリアともにほぼ共通した仕様となっており、総品名もAQUOS Rに統一。また独自の人工知能(AI)によるアシスタント機能「エモパー」も引き続き搭載します。

今回はau版の「AQUOS R(型番:SHV39)」をお借りして試用する機会に恵まれましたので、シャープ渾身のフラッグシップスマホの魅力をご紹介できればと思います。なお、au版AQUOS R SHV39でのカラーバリエーションは「マーキュリーブラック」および「ジルコニアホワイト」、「ライトゴールド」の3色展開ですが、紹介するカラーはau版のみの「ライトゴールド」となります。

続きを読む

auの国内唯一なタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロック解除!さっそくNTTドコモなどの他社SIMカードで使って試してみた【レビュー】


唯一無二のタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロックを解除してau以外のSIMカードを試す!

auから2017年2月に発売された米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」準拠の堅牢なボディーとワンランク上の防水機能が自慢のタフネスモデル「TORQUE」シリーズ初のAndroidケータイ(ガラホ)「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。

これまではau向けスマートフォン(スマホ)などの携帯電話におけるSIMロック解除のルールでは「購入から180日経過後」となっていましたが、6月に発表されたSIMロック解除の新ルールにて2017年12月以降はau購入サポートを適用せずに一括で端末を購入した場合には即解除(適用した場合や、割賦での購入の場合は100日経過後)ができるようになりました。

それに伴い、8月から11月いっぱいの間は端末購入から100日経過後であれば、一括で購入した端末であれば、SIMロック解除の対象となっています。というわけで、これまでのauにおけるSIMロック解除の条件である購入後から180日に満たないものの、筆者の購入したTORQUE X01がルール変更によって新たにSIMロック解除の対象となったのでSIMロックの解除を行いました。

今回はさっそくSIMロック解除を実施したTORQUE X01にて他社のSIMカードを挿して試してみましたので、その様子などをお送りします。

続きを読む

KDDI、au向けにジュエリーブランド「ete」とのコラボしたスペシャルパッケージのハイエンドスマホ「ete × AQUOS R」を8月9日12時より予約受付開始!auオンラインストアで限定100台のみ


au限定モデルのスペシャルパッケージ「ete × AQUOS R」が販売!

KDDIがau向け「2017年夏モデル」として販売中の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」(シャープ製)の20〜30代女性に好評のジュエリーブランド「ete」とのコラボレーションした限定モデルのスペシャルパッケージ「ete × AQUOS R」の予約受付を2017年8月9日(水)12時より開始すると発表しています。

限定モデルのete × AQUOS Rは公式Webストア「au Online Shop」で限定100台のみが販売され、価格(税込)は本体価格97,200円(分割2,025円/月×24回)となっています。

なお、ete × AQUOS Rは「AQUOS R」のauオリジナルカラーであるライトゴールドとeteデザインのオリジナルスマートフォンケース・イヤホンジャックアクセサリー・壁紙、マーブル模様のスマホスタンドをセットにし、“持ってかわいい”かつインテリアとして“置いてかわいい”をコンセプトにしいます。

続きを読む

KDDI、4G LTE&VoLTE対応折りたたみ型フィーチャーフォン「MARVERA KYF35」と「かんたんケータイ KYF36」を8月10日に発売!気になる価格も紹介


auが「MARVERA KYF35」と「かんたんケータイ KYF36」を8月10日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、今夏以降に発売する新商品のau向け「2017年夏モデル」のうちの高速通信「4G LTE」および高音質通話の「au VoLTE」、FMラジオやTVにワイヤレスで画像を映し出せる新機能「テレビde写真」に対応した従来型携帯(フィーチャーフォン)「MARVERA(型番:KYF35)」と「かんたんケータイ KYF36」(ともに京セラ製)を2017年8月10日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格および実質負担額がMARVERA KYF35で43,200円および16,200円から、かんたんケータイ KYF36が37,800円および5,400円から。

なお、同一のau 3Gケータイを49カ月以上利用している場合には機種変更時にキャンペーン「ケータイ取り替えおたすけギフト」が適用されて両機種ともに10,800円が割り引きされ、共通「ACアダプタ」がプレゼントされます。

続きを読む

人気のauケータイのシリーズが遂に4G LTE&VoLTE対応に!防水・防塵・耐衝撃に対応した折りたたみ型フィーチャーフォン「MARVERA KYF35」を写真でチェック【レポート】


au向け2017年夏モデルの折りたたみ型ケータイ「MARVERA KYF35」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今夏以降に発売する新商品として「2017年夏モデル」を発表し、4G LTEに対応し、高速通信と高音質通話の「au VoLTE」、FMラジオやTVにワイヤレスで画像を映し出せる「テレビde写真」に対応した従来型携帯(フィーチャーフォン)「MARVERA(型番:KYF35)」(京セラ製)を発表しました。

発売時期は2017年8月中旬以降を予定し、すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されています。

今回は発表会の展示会場タッチ&トライコーナーにおいてひと足早くMARVERA KYF35に触れる機会を得ましたので写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

懐かしいデザインケータイからSUPER INFOBARやtalby 2、G13などの幻のコンセプトモデルまで!auが開催する展示会「ケータイの形態学 展」を写真と動画で紹介【レポート】


auのデザインケータイとそのコンセプトモデルを展示!

KDDIが7月31日まで東京・丸の内「GOOD DESIGN Marunouchi」で「au Design project」の15周年を記念した展示会「ケータイの形態学 展」を開催している。

au Design projectは、2003年にカラフルなキーボードを搭載したケータイ「INFOBAR」を発売、その後様々なデザインケータイを世に送り出してきた。現在は「iida」ブランドへ継承され今年で15周年を迎える。

ケータイの形態学 展では、懐かしいデザインケータイだけではなく、量産前の貴重なコンセプトモデルの展示もあわせて約70点も展示している。今回は、この展示内容を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

格安SIMを意識したauの月額1980円のプランはお得なの?端末購入と利用料を分離した新料金「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の発表会を写真と動画で紹介【レポート】


auが格安SIMを意識した月1980円からの料金プランを発表!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、都内にて「au発表会 2017 Summer 第2弾」を開催し、仮想移動体通信事業者(MVNO)などが提供する格安料金プラン(いわゆる「格安SIM」)を意識したau向け新料金プランを発表した。新しい料金プランは月1,980円からの「auピタットプラン」と20GBで月4,500円などの大容量な定額制「auフラットプラン」の2つ。

特に今回のこれらの新料金プランの注目ポイントは、スマートフォン(スマホ)などの製品購入時に適用された「毎月割」がなくなること。これにより、格安SIMの料金プランと同様に端末購入と料金プランを分離させたところにある。

なお、新料金プランが開始された7月24日以降も従来の料金プランでの契約も可能で、この場合は端末購入時に毎月割が適用となり、2年契約時には割引割を適用した”実質”価格で購入できる。

今回は、この新料金プランについて発表会のスライドを交えて従来の料金プランや格安SIMと比べてどうなのか紹介していく。

続きを読む

懐かしい過去のHTC端末も展示!最新フラッグシップスマホ「HTC U11」のユーザーイベント「au HTC users’ meeting」を写真と動画で紹介【レポート】


史上最高のカメラを搭載するスマホ「HTC U11」が発売!

KDDIとHTC NIPPONは7月3~4日の2日間に渡ってHTCの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」とモバイルVR端末「LINK」が体験できる「au HTC users’ meeting」を開催した。イベントにはauのHTC製スマホを契約中のユーザー80人を招待し、HTC U11の特徴や機能の解説および実機を使ったタッチ&トライを行った。

なお、日本ではauから「HTC U11(型番:HTV33)」が発売されたほか、他にソフトバンクから「HTC U11(型番:601HT)」としても販売中で、モバイルVR端末のLINKは7月下旬以降の発売を予定しており、こちらもauおよびソフトバンクで取り扱う。

会場にはこれまでHTCが日本および海外で発売した製品の展示も行われ、au向け製品だけではなく、NTTドコモやイーモバイル(現・ワイモバイル)向けの機種などもあり、タッチパネル対応製品のユーザビリティーにおいてさまざまな提案がなされてきたことが分かる興味深い展示となっていた。

今回は、そんなHTC U11の機能紹介と展示されていたHTCの多数の製品を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

東北新幹線の「二戸駅(手前)~二戸駅」区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯電話が7月28日始発より利用可能に!新たな開通予定区間も案内


東北新幹線の二戸駅(手前)~二戸駅のトンネル内で携帯電話が使えるように!

TTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルは20日、携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的に東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同で「東北新幹線」トンネル内におけるエリア整備を進めており、新たに「二戸駅(手前)~二戸駅」のトンネル内においても2017年7月28日(金)始発より携帯電話サービスの提供を開始すると発表しています。

これにより、対象区間のトンネル内においてワイモバイルも含めた携帯電話サービスを快適に利用できるようになります。各社では今後もサービスエリア拡大や品質改善、ならびにより利用しやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

KDDI、au向け超タフネススマホ「TORQUE G03」のコラボモデル「HELLY HANSEN LIMITED」を7月24日12時より発売!300台限定でauオンラインストアで販売


auスマホ「TORQUE G03 HELLY HANSEN LIMITED」が

KDDIは19日、今夏以降に発売するau向け「2017年夏モデル」のうちのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)における創業140周年を迎える防水ウェアブランド「HELLY HANSEN」との限定コラボレーションモデル「TORQUE (R) G03 HELLY HANSEN LIMITED」を2017年7月24日(月)12時より発売すると発表しています。

販売は公式Webストア「au Online Shop」にて300台限定。なお、7月24日12時時点では予約販売となっており、予約については301人以降も行われ、一定の人数に達し次第、予約受付を終了します。

その後、予約した先着順に300人に「本申し込み」を案内し、301番目以降に予約した人には「キャンセル待ち」の状態として予約を承ったことをメールにて案内し、キャンセルが生じた場合に「キャンセル待ち」の人の中から予約の順に「本申し込み」の案内を実施します。本申し込みが300人に達し次第、完売となります。

その他、海洋冒険家の白石康次郎氏と60フィートの大型ヨット「Spirit of yukoh」でセーリング体験できる「TORQUE x HELLY HANSEN」コラボレーション記念スペシャルイベントを2017年9月16日(土)に実施し、同製品に同梱される応募ハガキより申込によって募集されます。参加人数は20人で、乗船コースが12人、撮影コースが8人。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。