S-MAX

au

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」がNTTドコモやauから発売!FCCで「SC-03L」や「SCV41」に続いて「SC-04L」や「SCV42」も認証取得


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のNTTドコモ&auから発売へ!

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973*)」および「Galaxy S10+(型番:SM-G975*)」は今年も日本ではNTTドコモとauから発売される見通しとなっています。

すでに紹介しているように米連邦通信委員会(FCC)にてサムスン電子製「SC-03L」(FCC ID「A3LSC03L」)が3月26日付け、「SCV41」(FCC ID「A3LSCV41」)が3月25日付けで認証を取得しており、それぞれ型番ルールからNTTドコモとau向けだと思われます。

また新たにFCCでは4月4日付けでサムスン電子製「SC-04L」(FCC ID「A3LSC04L」)および「SCV42」(FCC ID「A3LSCV42」)が認証を取得しており、同様にNTTドコモとau向けと見られます。

これにより、すでに他の認証などでも推測されていましたが、各々から「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10 SCV41」、「Galaxy S10+ SCV42」として発売されることになりそうです。

なお、すでに紹介しているようにサムスン電子ではフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」についても認証情報からNTTドコモとauから発売する可能性が高くなっており、各機種ともに「2019年夏モデル」として発表され、5月中旬以降に発売されると予想されます。

続きを読む

フォルダブルスマホ「Galaxy Fold」が日本でも発売へ!au向け「SCV44」とNTTドコモ向けと見られる「SM-F900D」がFCC通過


フォルダブルスマホ「Galaxy Fold」がauやNTTドコモから発売へ!

米連邦通信委員会(FCC)は5日(現地時間)、サムスン電子が今年2月に発表したフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold(型番:SM-F900*)」のうちのアメリカ向け「SM-F900U」が認証を再取得したことを公開しています。

新たに公開された資料によると、Galaxy FoldにはSM-F900U以外にも追加モデルとして「SM-F900U1」および「SM-F900W」、「SM-F9000」、「SM-F900D」、「SCV44」が存在していることが明らかにされています。

このうちのSCV44はau向けの型番ルールに沿っており、au向け「Galaxy Fold SCV44」として発売される可能性が高くなりました。また型番末尾が「D」はNTTドコモ向けであるため、SM-F900Dが存在するのでNTTドコモからも発売されると見られます。

なお、同様にFCCなどの認証情報から「Galaxy S10 SCV41」や「Galaxy S10+ SCV42」が判明していますが、現時点ではSCV43が抜けているため、サムスン電子のau向け製品がもう1機種あると予想されます。

Galaxy FoldがNTTドコモから発売されるとすれば同じく「Galaxy S10 SC-03L」や「Galaxy S10+ SC-04L」が認証情報から判明しているので、これらに続いて「SC-05L」もしくはauと同様にもう1製品があって「SC-06L」となると思われます。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」がNTTドコモおよびauから発売へ!認証情報などから「SC-03L」や「SC-04L」、「SCV41」、「SCV42」に


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のNTTドコモ&auから登場へ!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973*)」および「Galaxy S10+(型番:SM-G975*)」は今年も日本ではNTTドコモとauから発売される見通しとなりました。

まず米連邦通信委員会(FCC)にてサムスン電子製「SC-03L」(FCC ID「A3LSC03L」)が3月26日付け、「SCV41」(FCC ID「A3LSCV41」)が3月25日付けで認証を取得しており、それぞれ型番ルールからNTTドコモとau向けだと見られます。

また認証情報からそれぞれLTE DL Category 20およびLTE UL Category 5に対応しており、現在発表されている中でサムスン電子でこれらに対応している製品はGalaxy 10シリーズのみのため、これらがGalaxy 10シリーズだと推察されます。

またWireless Power Consortium(WPC)にてGalaxy S10およびGalaxy S10+のNTTドコモ向けと見られる「SGH-N794」と「SGH-N936」、au向けと見られる「SAC」と「UCE」が認証を取得しており、ともに「Galaxy」とだけ記されていますが、画像がGalaxy S10やGalaxy S10+のものとなっています。

一方、各製品のシステムイメージを配布しているEasy FirmwareにてNTTドコモ向け「SC-03L(SM-G973D)」および「SC-04L(SM-G975D)」、au向け「SM-G973J」および「SM-G975J」が登録されており、上記の予想と合致しています。

これにより、例年通り、NTTドコモ向けに「Galaxy S10 SC-03L」と「Galaxy S10+ SC-04L」、au向けに「Galaxy S10 SCV41」と「Galaxy S10 SCV42」が「2019年夏モデル」として5月中旬に発表されるのではないかと思われます。

すでにサムスン電子の公式WebサイトにGalaxy S10およびGalaxy S10+の日本語ページが存在するため、日本での発売も可能性が高いと見られていましたが、昨年の「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」と同様にNTTドコモとauから発売されそうです。

続きを読む

アップル、新タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」を本日3月28日に販売開始!NTTドコモやau、SoftBankは3月30日に発売


タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」が発売!

Appleは28日、新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」(以下、iPad mini 5)および「iPad Air(第3世代)」(以下、iPad Air 3)を直営店「App Store」にて販売開始しています。同社公式Webサイト内および公式iOS向けアプリ「Apple Store」で購入した場合のお届け予定日は3月30日(土)でしたが、店舗ではやや早めの発売となりました。

またすでにNTTドコモでは案内されていましたが、au(KDDIおよび沖縄セルラー電話)やSoftBank(ソフトバンク)でも同様に3月30日に発売すると発表しています。販売拠点は各キャリアショップや量販店などのiPad取扱店、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」となっています。

なお、ドコモオンラインショップにおいては3月30日10時より購入手続きが開始され、お届けは4月1日(月)以降になるとのこと。その他、Appleが販売するWi-Fi+CellularモデルはSIMフリー版となっていますが、携帯電話各社では購入時にSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。

続きを読む

KDDI、ペン入力対応スマホ「Galaxy Note9 SCV40」と「Galaxy Note8 SCV37」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月27日10時に提供開始


auスマホ「Galaxy Note9 SCV40」と「Galaxy Note8 SCV37」がAndroid 9 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は26日、au向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9 SCV40」および「Galaxy Note8 SCV37」(ともにSamsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年3月27日(水)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、アップデートファイルサイズはGalaxy Note9 SCV40が本体のみで約1.8GB、PCを用いる方法で約4.0GB、Galaxy Note8 SCV37が本体のみで約1.6GB、PCを用いる方法で約3.5GBとなっています。

更新時間はGalaxy Note9 SCV40およびGalaxy Note8 SCV37でそれぞれ本体のみの方法の4Gが約35分および約30分、Wi-Fiが約30分および約25分、PCを用いる方法が約70分および約60分。なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールして行います。

更新後のOSバージョンは「Android 9.0」で、ビルド番号はGalaxy Note9 SCV40が「PPR1.180610.011.SCV40KDU1BSC2」、Galaxy Note8 SCV37が「PPR1.180610.011.SCV37KDU1CSC5」。OSバージョンアップを実施するにはGalaxy Note9 SCV40が「SCV40KDU1ARL4」、Galaxy Note8 SCV37が「SCV37KDU1BSA2」のビルド番号となっている必要があります。主な変更点は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)アイコン表記の変更
2)ロック画面の表示内容変更
3)ステータスバーの機能変更
4)ホーム画面表示の変更
5)ダイヤルの機能変更
6)起動中のアプリケーション一覧画面変更
7)マルチウィンドウの表示方法変更
8)カメラ機能・配置変更
9)ギャラリー機能・配置変更
10)自動回転の機能変更

○主な削除項目
11)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・タスク画面(履歴画面)にて、「スナップウィンドウ」機能が削除されます。
 ・「リスト表示」、「設定」配下の「履歴ボタンを使用」と「スワイプでポップアップ表示」が削除されます。
 ・分割画面表示の際に、画面真ん中に表示されているメニューバーが削除されます。
 ・「バッテリー」設定画面にて、
   「監視対象外のアプリ」項目が削除されます。
   「省電力化」ボタンが削除されます。
 ・「ナビゲーションバー」設定画面にて、
   背景色が削除されます。
  「表示/非表示ボタン」が削除されます。
 ・「Facewidget」設定画面にて、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「通知」設定画面にて、「通知を表示するアプリ」、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「自分の連絡先情報」設定画面にて、「表示する場所」項目が削除されます。
 ・「Always On Display」画面にて、「OFFにしてバッテリーを節約」項目が削除されます。
 ・「ソフトウエアの更新予約」項目が削除されます。
 ・キーパッドの画面にて、
   検索バーの音声検索アイコンが削除されます。
   画面下の「非表示」アイコンが削除されます。
   右上メニュー欄の「キーパッドで起動/履歴で起動」が削除されます。
 ・通話中の画面にて、「音声補正」機能は削除されます。
 ・「カメラ設定」画面にて、「写真を3枚撮影」機能が削除されます。
 ・アラーム設定画面にて、「音量を少しずつ上げる」機能が削除されます。
 ・「ギャラリー」にて、
   任意画像を開く際に、右上のメニュー欄にて、「日付および位置情報タグを表示」項目が削除されます。
   通知のベルアイコンが削除されます。
 ・「ブラウザ」配下の「アドオン」設定画面にて、「クイックメニュー」、「動画アシスタント」、「QRコードリーダー」が削除されます。

○そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
Galaxy Note9 SCV40 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(9.5MB)[PDF]
Galaxy Note8 SCV37 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(10MB)[PDF]

※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV30またはSCV37をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。