S-MAX

auOsaka

au向け2015年春モデルが新宿・栄・梅田・天神のKDDI旗艦店で明日1月20日から展示!INFOBAR A03やAQUOS SERIE mini SHV31、AQUOS K、BASIO、miraie、GRANTINA2をタッチ&トライ


au向け「2015年春モデル」が1月20日からKDDI旗艦店で先行展示!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは19日、2015年春に発売および開始する予定の新モデル・新サービスを披露する「2015年冬モデル 新商品・新サービス 発表会」を開催し、Androidスマートフォン4機種(そのうち1機種はシニア向け、1機種はジュニア向け)やケータイ2機種(そのうち1機種はOSにAndroid採用)の合計6機種新たに発表しています。

発表されたのはスマホでは「INFOBAR A03」および「AQUOS SERIE mini SHV31」、「BASIO KYV32」、「miraie KYL23」の4機種、ガラケー(ケータイ)のようなスマホとなる"ガラホ"として「AQUOS K SHF31」が1機種、ケータイ(フィーチャーフォン)では「GRATINA 2」の1機種。

さらにすでに2014年冬モデルとして販売している高音質通話サービス「VoLTE」対応Androidスマホ「isai VL LGV31」および「URBANO V01」と合わせて最大の商戦期である春に臨むとしています。

今回、これらの新たに発表された2015年春モデルの6機種をKDDI旗艦店の東京・新宿にある「au SHINJUKU」および愛知・名古屋にある「au NAGOYA」、大阪・梅田にある「au OSAKA」、福岡・天神にある「au FUKUOKA」にて明日2015年1月20日(火)から実機展示が開始されるということです。

また、プロモーション拠点では、メーカー直伝おススメセミナも開催されます。この機会にタッチ&トライをしに行ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

原宿Kスタやau Nagoya、au Osakaにて「2014年春モデル」を1月23日から展示!ソニーショールームでも「Xperia Z Ultra」を展示


auの各大型旗艦店で2014年春モデルを明日から展示!

KDDIおよび沖縄セルラーは22日、2014年春以降に発売予定の新商品を披露する「au発表会 2014 Spring」を都内で開催し、下り最大150Mbps化したLTE規格の高速データ通信サービス「4G LTE」に対応したAndroidスマートフォン4機種やタブレット1機種といった全5機種を発表しました。

今回、これらの発表された2014年春モデルについて東京・原宿にあるKDDIのプロモーション拠点「KDDIデザイニングスタジオ(KDS)」および愛知・名古屋にある「au Nagoya」、大阪・梅田にある「au Osaka」にて明日2014年1月23日(木)から実機展示が開始されるということです。

展示されるのは、今回発表された「G Flex LGL23」および「Xperia Z Ultra SOL24」、「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」、「URBANO L02」、「AQUOS PAD SHT22」などが電源が入った状態で試せるとのこと。

また、プロモーション拠点では、メーカー直伝おススメセミナも開催されます。この機会にタッチ&トライをしに行ってみてはいかがでしょうか。

さらに、Xperia Z Ultraについては同日に発表されたWi-Fi版「Xperia Z Ultra SGP412JP」も含めてソニーの銀座ソニーショールームおよびソニーストア名古屋、ソニーストア大阪にて展示が行われるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。