S-MAX

auSENDAI

月面探査の賞金レースに挑む「HAKUTO」の月面探査機の操縦を体験できる!通信技術部分でサポートするKDDIがオープンしたばかりの旗艦店「au SENDAI」で体験イベントを開催【レポート】

auHAKUTO01
月面探査機操縦をau SENDAIで体験できる!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介しています。イベントも多く開催され、先月にはVR体験イベントも行われました。

そしてau SENDAIでまたまた2月4日(土)と5日(日)「au×HAKUTO MOON CHALLENGE 月面探査ローバー操縦体験イベント」が開催されています。

KDDIは人類初の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑む日本唯一のチーム「HAKUTO」を通信技術面でバックアップしています。今回は月面を走る車両「月面探査ローバー」の試作機を実際にタブレットを使って操縦できるイベントを行い、「HAKUTO」の挑戦を広くアピールしました。

続きを読む

88年の歴史を誇るも惜しまれつつ閉館した「マリンピア松島水族館」がVR動画で蘇る!オープン間もない旗艦店「au SENDAI」で体験イベントが開催【レポート】

vr01
オープン間も無いau SENDAIでマリンピア松島水族館が復活!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介していますが、カフェスペースや東北の物産・工芸品が置かれるなど、auユーザー以外にも楽しめる場として賑わいを見せています。

そんなau SENDAIにてさっそく1月14日(土)と15日(日)の12時~18時に「復活!マリンピア水族館 VR体験イベント」が開催されています。既報通り、au SENDAIの2階には常設のVR体験コーナーがあり、そこで公開されているコンテンツの一つ「マリンピア松島水族館」。

日本で2番目に長い88年の歴史を誇る水族館で、東日本大震災も乗り越え営業を続けてきましたが、老朽化のため2015年5月10日に惜しまれつつ閉館しました。そのマリンピア松島水族館を360°VR動画で体験できるようになっています。

今回のイベントではVR体験コーナーにマリンピア松島水族館関係者から集められた当時の展示物やグッズなどを展示し、当時の思い出に浸ってもらいながら、VR動画を楽しんでもらおうという企画です。

続きを読む

フラッグシップストア「au SENDAI」が12月28日に仙台にオープン!KDDI直営店史上最大規模で店内にはカフェも初併設――事前説明会に潜入してきた【レポート】


KDDI直営店史上最大規模となるau SENDAIの中身をいち早くチェック!

既報通り、KDDIが同社の8店舗目となる直営店「au SENDAI」を2016年12月28日(水)12時より仙台市内にオープンします。

これに先立ち、12月26日にau SENDAIにて報道関係者など向けに実際に店舗を内覧・体験できる事前説明会が開催。当日はKDDIおよびau SENDAIとしての取り組みや構想、店内スペースについての説明を聞くことができました。

今回はこの説明会で実際に見聞きしたことを整理し、au SENTAIがどういった店舗なのかを紹介していきます。

続きを読む

KDDI、直営店史上最大規模の「au SENDAI」を仙台・ぶらんどーむ一番町に12月28日オープン!来店者などへプレゼントオープニングキャンペーンも実施


KDDIが直営店7店舗目を横浜・桜木町に「au SENDAI」を開店!

KDDIは13日、同社直営の旗艦店として最大規模となる「au SENDAI」を仙台市の中心部にある商店街「ぶらんどーむ一番町」にて2016年12月28日(水)12時にオープンすると発表しています。

東北エリア初のKDDI直営店で、KDDI直営店史上最大の店舗面積を活かし、カフェ「BLUE LEAF CAFÉ」を併設するほか、イベントワークショップの開催、東北復興支援の取り組みの展示をするなど、通信とライフスタイルが融合した新しいお店の形を体現しているということです。

またオープニングキャンペーンとして、au SENDAIにおいて来店記念品プレゼントおよび成約記念品プレゼントが実施されるほか、BLUE LEAF CAFÉでも12月31日までの4日間に商品を注文した各日200人、合計800人を対象にオリジナルトートバッグがプレゼントされます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。