S-MAX

b-mobile

iPhoneやiPad向け最新iOS 9が配信開始!格安SIMなどのMVNOが使えるか試してみたーー新しいAPN構成プロファイルの仕組みならOK


iOS 9で格安SIMは使える?

既報通り、Appleは16日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhoneシリーズ」やタブレット「iPadシリーズ」、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touchシリーズ」向けのプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 9」へのアップデートを提供開始しました。

対応機種はiPhone 4SおよびiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad 2、iPad 3、iPad 4、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、第5世代iPod touch、第6世代iPod touchで、それぞれ無料でアップデートできます。

iOS 9では設定の検索機能や音声ナビゲーションサービス「Siri」の改善、次の操作を予測してナビゲーションしてくれる「Proactive Assistant」、新しい標準機能にノートアプリ「Notes」やニュースアプリ「News」が追加され、細かな改善としては効率化によるバッテリー駆動時間の延長などのさまざまな変更が行われています。

筆者もさっそく手持ちのiPhone 6 PlusをiOS 9にしてみましたので、提供開始前に懸念されていた格安SIMなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスが使えるかどうか試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

日本通信、NTTドコモのMVNOによるデータ通信サービスに新たに通信量制限のない「b-mobile SIM 高速定額」を12月12日に提供開始!通信のみ月額1980円、音声通話対応なら月額2780円


日本通信も通信量と通信速度の制限がない「b-mobile SIM 高速定額」を発売!

日本通信は8日、携帯電話・PHS会社から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供しているデータ通信サービス「b-mobile」に月額1,980円(税抜)でLTE対応の高速通信が使い放題の新しい「b-mobile SIM 高速定額」を2014年12月12日(金)に発売すると発表しています。

b-mobile SIM 高速定額はNTTドコモの3G(W-CDMA)および4G(FDD-LTE)を利用した下り最大150Mbpsの通信網を利用します。利用料のほか、SIM付きパッケージは3,000円(初期手数料相当)がかかります。

月当たりのデータ通信量上限のほか、3日間での制限もないとのこと。ただし、高画質動画の視聴などのような大容量のダウンロードおよびストリーミングでの連続通信については時間帯によって制限をかける場合があるとしています。

続きを読む

日本通信、NTTドコモのMVNOサービスによるモバイルWi-Fiルーター「b-mobile 4G WiFi3 7GB」を発表!機種代金込みで月額3218円


日本通信がモバイルWi-Fiルーター「b-mobile 4G WiFi3 7GB」を9月12日に発売!

日本通信は8日、NTTドコモの携帯電話ネットワークを借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)によるモバイルデータ通信サービスとモバイルWi-Fiルーターをセットにした「b-mobile 4G WiFi3 7GB」を発表しています。

発売日は2014年9月12日(金)で、価格(税抜)は月額3,218円。内訳は機種割賦代金が月額988円×24回(総額23,712円)および通信料金が月額2,230円(1年継続割引適用時)で、月当たり7GBまで通信速度制限がなく利用でき、機種割賦代金を支払い終わった2年後以降は月額2,230円のみとなります。

なお、初期手数料としてパッケージ購入代金3,000円がかかるほか、利用期間が1年に満たない場合の1年継続割引解除料金は3,000円がかかります。

続きを読む

日本通信、格安MVNOサービス他社に対抗する「プランI」および「プランN」を来年1月1日に提供開始!既存プランから変更可能で12月27日に申込受付


日本通信がIIJおよびNTTコミュニケーションズに対応するプランを発表!

日本通信は24日、NTTドコモのFOMA(W-CDMA)およびXi(FDD-LTE)の回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供しているデータ通信サービス「b-mobile SIM」や「イオンSIM」など向けに新しく「月額定額プラン I」および「月額定額プラン N」を2014年1月1日(水)9時から提供開始すると発表しています。

今回発表されたプランは、日本通信では“元祖980円SIM”として格安SIMサービスを切り開いてきましたが、その後、同様のサービスを提供開始した他社に対抗するプランと位置付けられています。

プラン Iは、月額900円(税抜)で高速データ通信量が月当たり600MB、プラン Nは、月額934円(税抜)で高速データ通信量が月当たり40MBが使えるプランとなっています。それぞれ高速データ通信量を超過した場合には上下最大200Kbpsに制限されます。

続きを読む

日本通信、上下最大200Kbpsのデータ通信が1638円で使い放題の通話対応SIMカード「スマホ電話SIM フリーData」を発表!11月23日に発売開始


1638円で200Kbpsデータ通信と通話が利用できる「スマホ電話SIM フリーData」が11月23日に発売開始!

日本通信は13日、音声サービスの基本料1,638円のみで上下最大200Kbpsのデータ通信無料のSIMカードパッケージ「スマホ電話SIM フリーData」を2013年11月23日(土)より販売を開始すると発表しています。

パッケージ料金が3,150円で、SIMカードサイズが標準およびmicroSIMカード、nanoSIMカードが用意されています。また、高速データ通信を使いたい場合には、別途、3GBまで月額1,638円で追加できるほか、一時的にデータ通信の速度を速くしたい場合に「Turbo Charge」を追加することもできます。

なお、通話および通信は、NTTドコモの3G(W-CDMA)およびLTE回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供されます。

続きを読む

3G契約では利用不可!?GoogleのSIMフリーなAndroid 4.4 KitKat搭載スマホ「Nexus 5」でXiやb-mobileを使ってみた――利用可能サービスまとめも紹介【レポート】


Android 4.4 KitKat搭載スマホ「Nexus 5」の利用可能サービスは?

今月1日にGoogle(グーグル)から発表・発売開始された新しいリードデバイス「Nexusシリーズ」のスマートフォン「Nexus 5」(LGエレクトロニクス製)。国内向けにはすでに「Google Play」にて販売中のほか、11月中旬以降にはイー・アクセスからイー・モバイル向けとしても発売開始されます。

そんなNexus 5ですが、イー・アクセス版も含めてSIMロックのかかっていないSIMフリーとなっていますが、対応周波数帯や各サービスの契約的な問題などもあり、実際にどのサービスで使えるのかといったのは購入する際に重要になってくるかと思います。

今回は、実際に、NTTドコモやb-mobileのSIMカードなどを装着してみて使えるかを検証したほか、有志のユーザーによる各サービスの利用状況まとめがGoogle Docsにて公開されているので紹介したいと思います。

続きを読む

iOS 7にアップデートするとSIMフリー「iPhone 4」や「iPad 2」ではMVNOなどのデータ通信専用SIMが利用不可に!その他機種では利用可能


データ通信専用SIMを利用している人は注意!

Apple(アップル)から日本時間で本日19日未明(現地時間では18日)にスマートフォンなど向けの最新プラットフォーム「iOS 7」が提供開始されました。対象機種は、iPhone 4以降およびiPad 2以降、iPad mini、第5世代iPod touchとなっており、今まで通り、そこそこ前の機種でも最新バージョンが利用できるようになっています。

ただし、これらのiOS 7にアップデートできる機種の中で、SIMフリーの「iPhone 4」および「iPad 2」については、アップデートする前に注意しなければならない点があることが明らかになりました。

それは、IIJmioやb-mobileなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)によるデータ通信専用SIMサービスをiOS 7にアップデートしたiPhone 4およびiPad 2では利用できないというもの。

一方で、これらの2機種以外は問題なく、iOS 7にアップデートしたiPhone 4やiPad 2でもb-mobileの音声通話対応プランやmopera Uなどでは利用可能となっています。

続きを読む

Googleの最新7インチタブレット「Nexus 7(2013)」のLTEモデルに手持ちの色々なSIMカードを挿してセットアップしてみた【レビュー】

87b0ff92.jpg
SIMフリーモデルの本領発揮!単体でのネットワーク接続を試す!

Googleブランドの最新7インチタブレット「Nexus 7(2013)」のLTEモデルはその名の通り、タブレット単体でのLTEおよび3Gによるネットワーク接続が可能です。

また、SIMロックがかかっていないいわゆる“SIMフリー”となっており、Google公式の発表としてNTTドコモをはじめ、au by KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(EMOBILE)のLTEネットワーク接続に対応していることが案内されています。

そこで、今回は、筆者が所持している各種SIMカードを挿して、実際にネットワークのセットアップを試みてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

日本通信、発売日に急遽「 #本来あり得ない理由で 」出荷停止していたモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」を出荷再開

b-mobile4G WiFi3が出荷再開!

日本通信は21日、2013年6月14日(金)より販売する予定だった高速データ通信規格LTE(FDD-LTE)に対応したモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」(AM Telecom製)について、出荷を再開することを発表し、同21日より販売を再開している。

b-mobile4G WiFi3は「どんなLTEでも使える」として、SIMロックフリーで発売予定だったが、販売する製品に問題があったとして発売日に急遽「本来あえり得ない理由で」としたリリースを発表し、出荷停止となっていた。

続きを読む

日本通信、本日発売予定のモバイルWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」にSIMロックがかかっていたことが判明し出荷停止!「 #本来あり得ない理由で 」と記載された衝撃のプレスリリースで話題騒然

b-mobile4G WiFi3が発売予定日に出荷停止!

日本通信は14日、本日2013年6月14日(金)より販売する予定だった高速データ通信規格LTE(FDD-LTE)に対応したモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」(AM Telecom製)について、本来はSIMロックフリー端末として販売される予定であったが、意図せずSIMロックがかっていることが判明したとして、出荷を停止したことを発表した。

現時点では、出荷再開予定日などはアナウンスされていない。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。