S-MAX

b-mobileS

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneやiPadで使える「b-mobile S プリペイド」を7月7日に発売!1GBと7GBの2つのパッケージと追加チャージが用意


ソフトバンク網のMVNOからプリペイドSIMカードが発売!

日本通信(以下、JCI)は6日、ソフトバンクから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S」においてプリペイドSIMカード「b-mobile S プリペイド」を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

SIMロックされたiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)などで利用でき、あらかじめデータ量が含まれたプリペイドタイプで、パッケージにはソフトバンクのネットワークに対応したSIMカードが入っています。

パッケージは1GB(有効期間:15日間)まで使える980円(すべて税別)と、7GB(有効期間:25日間)で2,980円の2種類があり、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)およびmicroSIMカード(3FF)の2種類が用意されています。

続きを読む

ソフトバンク回線の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を契約してみた!申込や開通から設定、実際にiPhoneやAndroidで使ってみたところまでを紹介【レポート】


よーやく開幕!?ソフトバンク回線のMVNOを試す

既報通り、日本通信(以下、JCI)が3月22日よりソフトバンク回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S 開幕SIM」を提供しています。また同社は仮想移動体サービス提供者(MVNE)としてU-NEXTにもソフトバンク回線を提供し、ほぼ同様のサービス「U-mobile S」も同日よりスタート。

ともにiPhone用とiPad用が用意されており、対象機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、最大の特長はSIMロック解除に対応していないiPhone 6以前のSoftBankのiPhoneでも使える点です。

もちろん、SIMフリー版や他社のiPhone 6s以降をSIMロック解除したものでも使えるほか、Androidでも設定すれば使えるようになっています。利用料はともに月間高速通信量1GBで月額税別880円(税込950円)から。

現状ではデータ通信のみのプランのみで、SMSオプションも提供されていませんが、手軽に契約できるソフトバンク回線のMVNOということで今回はb-mobile Sを契約してみましたので使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む

SoftBankのiPhoneがそのまま使える!ソフトバンク回線のMVNOとして「b-mobile S 開幕SIM」や「U-mobile S」が3月22日に提供開始――データ通信のみで月1GBの月額950円から


ソフトバンク回線のMVNOがサービス開始!

日本通信(以下、JCI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile」において新たにソフトバンクから回線を借り入れた「b-mobile S 開幕SIM」を2017年3月22日(水)より提供しています。

対応する機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、ともにSoftBankが販売するSIMロックがかかったモデルおよびSIMフリー版、NTTドコモやauなどから販売されている製品をSIMロック解除したもので利用可能。

まずはデータ通信のみに対応し、月額料金は月当たり1GBの高速データ通信量で税別880円(税込950円)からで、月3GB・7GB・30GBの4プランが用意されています。SMSオプションもなし。最低利用期間もなし。

またU-NEXTも同日よりMVNOとして提供する携帯電話サービス「U-mobile」においてソフトバンク回線の「U-mobile S」を提供開始。U-mobile公式WebサイトやU-NEXTストアのほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、PC DEPOT、ZOA、コジマ(一部)、ソフマップ(一部)などといった店舗でも販売されます。

こちらもJCIが仮想移動体サービス提供者(MVNE)を行って提供されます。サービスの基本内容はほぼ同じですが、キャンペーンで2017年4月30日(日)までにU-mobile Sを契約し、2017年6月1日()時点で継続利用している場合に抽選で10人にiTunesカード10,000円分をプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。