S-MAX

covia

コヴィア、3万円を切る低価格なWindows搭載の2in1タブレットノートPC「covia BREEZ Book W11」を8月上旬発売!Foxconn製造で必要最低限のスペックながら快適動作可能


ゼロから始めるスマートフォン

covia(コヴィア)は19日、OSにWindows 10 Homeを採用した低価格な10点マルチタッチ対応約の11.6インチフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶搭載2in1タブレットノートパソコン(PC)「BREEZ Book W11」を2016年8月上旬に発売すると発表しています。

価格は29,800円(税込)。すでに公式Webストア「FLEAZ DIRECT(Yahoo!ショッピング)」にて予約受付を実施しており、送料無料で発送時期は8月5日を予定しているということです。

続きを読む

コヴィア、SIMフリーなLTE対応で4インチWVGA液晶搭載のAndroid 5.1 Lollipopスマホ「FLEAZ POP」を発表!9月上旬発売で価格は約1万5千円


coviaが4インチと小型なSIMフリースマホ「FLEAZ POP」を発表!

コヴィアとコヴィア・ネットワークスは5日、SIMフリーでLTEに対応した約4.0インチWVGA(480×800ドット)IPS液晶搭載Androidスマートフォン(スマホ)「FLEAZ POP(型番:CP-L42A)」を2015年9月上旬に発売すると発表しています。価格はオープンながら直販Webストア「FLEAZ Direct」での販売価格は1万6,410円(税込)、市場予想価格は1万5,200円(税抜)とのこと。

初心者でも簡単に仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIMサービスなどを利用できるように簡単にアクセスポイント(APN)の設定ができる「APN 設定アプリ」をプリインストールしています。

続きを読む

コヴィア、デュアルSIMに対応したAndroid搭載SIMフリースマホ「FleaPhone CP-F03a」を3月14日発売!価格は1万9800円


ゼロから始めるスマートフォン

コヴィア(covia)がデュアルSIMに対応したAndroid搭載SIMフリースマートフォン「FleaPhone CP-F03a」を2014年3月14日(金)より国内で発売すると発表しています。価格はオープンながら店頭予想価格は19,800円。

W-CDMA規格のSIMスロットを2基(標準SIMカードサイズのスロット1個とmicroSIMカードサイズのスロット1個)搭載した「デュアルSIM」仕様となっており、2種類のSIMをセットしてメニューから切り替えることができます。ただし、2つのSIMカードで同時に通信することはできないということです。

続きを読む

コヴィア、高低差や心拍数にも対応したBluetooth連携活動量計「Withings Pulse Activity Tracker」を12月中旬に発売!価格は1万2千円程度


活動量計「Withings Pulse Activity Tracker」を12月中旬に発売!

コヴィア・ネットワークス(以下、covia)は9日、Bluetoothによってスマートフォンなどと連携する多機能活動量計(アクティビティートラッカー)の「Withings Pulse Activity Tracker」(以下、Pulse)を2013年12月中旬に発売すると発表しています。

価格はオープンながら店頭予想価格が1万1,900円。センサーを持いて歩数や移動距離を計測し、活動量などを記録する製品で、高低差や心拍数も計測できるのが特長となっています。

続きを読む

covia、SIMフリースマホ「FleaPhone CP-D02」を発表!1万9800円で4月12日発売

1086b4bd.jpg

FleaPhone CP-D02が4月12日発売!

コヴィアおよびコヴィア・ネットワークスは8日、SIMフリーの3G対応Androidスマートフォン「FleaPhone CP-D02」を2013年4月12日(金)に発売すると発表しています。価格は、直販サイトでは19,800円となっています。

直販サイト以外にも、ヨドバシカメラやAmazon.co.jpなどの量販店やオンラインショップにて販売されるとのことです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。